2018年02月28日

「サイコ」(続き):映画と原作~ヒッチコック その12

(承前)

⑱1958年「サイコ Psycho」
  原作:Robert Bloch "Psycho"(1959)
  邦訳:ロバート・ブロック「気ちがい(サイコ)」(ポケミス 1960年 福島正実・訳)※ハヤカワ文庫、創元推理文庫にも邦訳あり

ヒッチコック サイコ.jpg


 まずは(今度こそ本当に)「あのシーン」から―

 モーテルの一室の、こぎれいだが殺風景な浴室。
 シャワー口から勢いよく湯が飛びだす。
 心地良さげに頭から湯を浴びる若い女。
 からだの泡とともに、おのが犯した罪を洗い流すかのよう・・・

 そこに不穏な音楽がかぶさって、半透明のシャワーカーテンの向こうに現れた謎の人物。
 いきなりカーテンが開けられ、謎の人物は手にしたナイフを振りかざし、女のからだに何度も何度も突き立てる。

 やがて絶命し浴槽の底に突っ伏した女の上から、シャワーが不断に降り注ぐ。
 排水孔に吸い込まれるのは湯気立つ湯と、真っ赤な鮮血―(ただしモノクロ映画)

 きわめてショッキングなシーンです。
 初めて「サイコ」を観る人は、このシーンに二重の意味で度肝を抜かれると思います。

 まずひとつはその演出法。

「映画術」のなかでヒッチコックは、「たった四十五秒間のシーン」のために「撮影には七日間かかった。キャメラの位置も七十回変えた」と語り、トリュフォーは「かつてない激烈で残忍なシーンで、暴行のきわみという感じ」と評しています。

 そして、前回の記事の繰り返しになりますが、このショッキングな演出をさらに増幅するのが―

 ヒロインのマリオンを演ずるのは、観客には顔なじみの女優、安定した人気と演技力のジャネット・リー。

 途中で絡むモーテルの経営者ノーマン・ベイツ役は、これまた何本もの映画で好青年を演じてきたアンソニー・パーキンス。

 このキャスティングゆえに・・・

 映画の前段で描かれるのは、大金を横領した女、マリオンの逃避行―
 辿りついたモーテルでシャイな青年、ノーマンと出会い、これを機に彼女に改心の兆しが芽生えはじめて―

 この、ヒロインに感情移入しやすい物語ゆえに・・・

 観客は、ヒロインの行状をハラハラしながら見守りながら、ある種予定調和的な展開を期待するようになります。

 その観客の期待を、文字通り断ち切るのが、「あのシーン」。

 物語は、このシャワー・シーンを機に、がらりと展開を変えます。観客は、突然足下を掬われて、右往左往することになるのです。

 ノーマン・ベイツの、奇妙な親子関係を背景とした不可解な行状に、観客は怯えながら付き合わされるはめに・・・

 そしてラストで明かされる真相に、心底震え上がるのです。

「映画術」のなかでヒッチコックが語ります。

続きを読む
posted by Pendako at 14:51| Comment(0) | 映画と文学 | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

「サイコ」:映画と原作~ヒッチコック その11

 下に書影をかかげた2冊―

 左はたった一本の映画について丸々1冊をあてた研究本、スティーブン・レベロ「メイキング・オブ・サイコ」(岡山徹・訳 白夜書房 1990年10月初版)

 右はたった1本の映画の、たったひとつのシークエンスをめぐる内幕本、ジャネット・リー/クリストファー・ニッケンス「リュミエール叢書 サイコ・シャワー」(藤原敏史・訳 筑摩書房 1996年6月初版)

サイコ関連本2冊.jpg


 これらについて詳述はさけますが、いずれにおいてもフォーカスしているのは「あのシーン」。

「サイコ」の初公開(1960年)当時、全国の映画館主や宣伝担当者は、ヒッチコックの指示により上映中の途中入場やストーリーの口外を固く禁じられたそうです。

「観客をいかに驚かせてやろうか」に腐心するヒッチコックの思惑を、最大限に活かすための方策でした。(結果として、大きな宣伝効果も上げました)

 まずヒロインに、芸歴10年を超え円熟味を増したハリウッド女優、ジャネット・リーを起用したことが、ある種のミス・ディレクションを観客に仕掛けています。

 また、会社のお金を横領した女の逃避行とその改心の兆し―そのプロセスを丹念に、緻密に演出することにより、観客はヒロインに感情移入し、予定調和的な展開を期待します。
 だからこそ、物語の中盤に出てくる戦慄すべき「あのシーン」で、観客の度肝を抜くことに成功したのです。

 観客には何の予備知識もなしに、最初から物語を追ってもらうことが、この映画の成否を分ける要でした。(まあ、だいたい謎の絡む映画はどれもそうなんですが、この映画は特に・・・ということです)

 ですが、「サイコ」について何か語ろうとするとき、不気味な真相が明かされる衝撃のラストは明かさないまでも、物語の中盤に来る「あのシーン」に触れないわけにはいきません。

 初上映から半世紀以上経過し、人口に膾炙した作品です。

 サイコホラー映画の原点としても評価の定まっている現在、よもやスリラー映画好き、ホラー映画マニアを自認する方が、この映画の趣向やおおまかなストーリーすら知らない、という方はいないかと思いますが・・・

 健全なファミリー向け映画や甘いラブ・ロマンスの愛好家の方が、このブログを読むことも想定しなければなりません。そのような方にも、何かのきっかけで「サイコ」を初めて観る機会が訪れるかも知れません。

 ですから「あのシーン」に出くわしたとき、その驚愕を100%享受するという権利を、こんな私の駄文で奪ってしまうようなことにでもなれば申し訳ないことです。

 したがいまして予備知識のない方は、この先に進むか引き返すか、老婆心ながらご一考のほどお願いしたいと思います。(などと注意喚起を促したところで、インターネットでぽちっと検索すれば、ネタバレ情報はいやでも目に飛び込んできてしまうのですが・・・)

 とお断りしたところで、次のシーンから―

続きを読む
posted by Pendako at 10:59| Comment(0) | 映画と文学 | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

蛇足:映画と原作~ヒッチコック その10

「ヒッチコック/トリュフォー 映画術」の中から、人間消失テーマについて少しばかり。

Alfred-Hitchcock-Presents01.jpg


 以前の記事(映画と原作~ヒッチコック その2:「バルカン超特急」から「断崖」まで)で触れたかったのですが、ちょっと膨らみすぎるからとカットした内容をここに記します。

 英国時代の傑作「バルカン超特急」(1938年)は、人間消失をひとつの趣向として取り上げています。

「映画術」のなかで、ヒッチコックはこの映画も含め、人間が突然消失するという発端をもつドラマはすべて、1880年代にパリで起こった実話がもとになっている、というようなことを言っています。

 母と娘の親子連れがパリを訪れ、あるホテルに投宿します。
 旅の疲れか、母親の具合が急に悪くなったので医者に診てもらうのですが、医者は診察後、その治療に必要な薬の調達を娘に頼みます。
 指示どおり娘は馬車に乗って、遠くの薬局まで医者の指定した薬品を買いに出かけるのです。

 薬を入手した娘は数時間後、ホテルに戻ります。
「母の容態はどうですか」
 娘はホテルの主人に尋ねると、主人は怪訝な顔をして「いったいなんの話です?」
 娘がさらに問い詰めると「あなたはいったいどなたですか?」
 母の寝ているはずの部屋に案内してもらうと、そこには見知らぬ客が泊まっていて…母の姿はどこにもない。

 この謎めいた話の真相は―?

 ヒッチコックはあっさりとネタをばらしていますが、ここでは、この事件が起こったのが1899年、パリでは万国博覧会が開催されており街は大勢の人で活気に満ちていた…という背景だけ記しておきましょう。

 実はこのストーリーの骨子は、ヒッチコックが得々として披瀝するまでもなく、海外ミステリを読みなれた方なら、過去に1度や2度は出合ったことのある有名な話なのです。

 例えば、ベイジル・トムスン「フレイザー夫人の消失」(新潮文庫「北村薫のミステリー館」2005年9月初版 収録)や、コオリン・マーキーの「空室」(『新青年』1934年4月号掲載)など。(ただし後者については、現物にあたったわけではありません)

 つまり「パリの貴婦人失踪」という元ネタ(実話ではなく、一種の都市伝説とも言われています)を、何人もの作家が多少のアレンジを加え、別個に作品に仕上げているのです。

 私も中学の頃、学年誌の付録文庫で同じ話を読んだ記憶があるのですが、翻訳ミステリの驚異的なデータベース「ミスダス MISDAS」を覗いても、該当しそうなものが見当たりませんでした。

 このとき、アイリッシュの「消えた花嫁」との類似性を強烈に意識した記憶があるので、読んだことは間違いないと思うのですが・・・(「消えた花嫁」、さらに言えば同じ作者の長篇「幻の女」も、「パリの貴婦人失踪」のバリエーションと言えるかもしれません)
続きを読む
posted by Pendako at 12:26| Comment(0) | 映画と文学 | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

埋め草:映画と原作~ヒッチコック その9

「映画と原作」のタイトルで、ヒッチコックとトリュフォーの対談をまとめた「映画術」の内容に沿って、ヒッチコック監督作品を年代順に紹介しています。

 ただし初回の記事に記したように、「原作のないオリジナル脚本による作品、原作はあってもその邦訳がなく馴染みも薄い作品については、リストから除外」していますので、重要な作品がいくつも抜けております。

 これらは別の機会に取り上げたいと思っていますが、そこまでして言及するほどでもないけど、ちょっとコメント挟みたいな、という作品が幾つかありますので、このインターヴァルの埋め草に少しばかり。

【番外篇①】快楽の園 The Pleasure Garden(1925年) 
  
  原作:Oliver Sandys “The Pleasure Garden”(小説UK 1923)
邦訳:なし

 記念すべき、ヒッチコックの監督デビュー作となったメロドラマ。もちろんサイレント映画です。

 実は私、この作品は観ていないので、一言の寸評も述べられないのですが、「映画術」のなかでヒッチコックが嬉々として語っているのは、映画の出来云々よりも、これを製作する過程での、ドラマチックな出来事の数々―ということで、そのご紹介を。

 イタリアでのロケ撮影のため、監督・スタッフ・俳優たち一行は、ミュンヘン~ジェノヴァ~サンレモ~コモ湖~チューリヒ…と移動を重ねるのですが、その間に起こった出来事というのが、

 汽車に乗り遅れた俳優が、動き出した汽車を全力で追いかけ、ホームの端からジャンプして飛び乗ったり

 関税を免れるため、ヒヤヒヤながら隠して持ち込んだフィルムが、結局税関に見つかって押収されたり

 代わりのフィルムを買い求める算段で東奔西走したり(リラ、マルク、ポンドのややこしいレート換算に四苦八苦)

 撮影初日にして撮影資金が盗難に遭い、俳優から金を借りたり

 水に溺れる役の女優が太りすぎていて、男優がそれを救い上げるシーンで支えきれず何回も落っことし、見物客はそのたびにげらげら笑ったり

 主役の女優がまた贅沢で、資金が底をついているのもお構いなしにホテルや食事で散財したり

―等々、こんなエピソードが目白押しの撮影だったようです。

 この様子をそのまま映画にすれば、スリルたっぷり抱腹絶倒のコメディができあがりそうです。

【番外篇②】農夫の妻The Farmer's Wife (1928年)
  
  原作:Eden Phillpotts "The Farmer's Wife"(戯曲UK 1923)※原作を「小説」としている解説もありますが、海外のサイトで調べたところ「三幕物の戯曲」が正しいようです。
  邦訳:なし

 ヒッチコックの英国時代、サイレント期の、軽いタッチのコメディです。
「青い鳥」テーマとでも言うのでしょうか。

 男やもめの農夫が、若い住み込み女中の助けを借りて、新しい伴侶を探し求める話。
 何人かの候補者が現れますが、彼女らにはことごとく振られます。
 絶望の果てにふと気づいた、ある女性の存在―
 それが誰だかわかりますよね?

 この映画が廉価版のビデオで出た時、一度見た覚えがありますが、スリルとサスペンスという、ヒッチコックの独壇場からかけはなれた題材で、少々退屈な内容でした。

「映画術」では触れられていないのですが、私が気になったのは原作者のイーデン・フィルポッツ。
 クラシック・ミステリのファンならお馴染みの作家。

 江戸川乱歩が大絶賛した「赤毛のレドメイン家」
 乱歩の「緑衣の鬼」はこの作品を下敷きにした翻案です。(一説によると、あえて題名に、「赤」の補色である「緑」を使用したとのこと)

乱歩の翻案01.jpg


 長らく絶版状態で入手困難だったものの、先ごろ新訳復刊がなった「誰が駒鳥を殺したか?」(新訳版の書名は「誰がコマドリを殺したのか」)

 ついでに記すと、この書名は、

  Who killed Cock Robin? I, said the Sparrow…

で始まるマザーグースの唄の、冒頭の一節です。

「闇からの声」は確か、NHKでドラマ化されて、それに触発されて読んだような気がします。

闇からの声.jpg


続きを読む
posted by Pendako at 13:57| Comment(0) | 映画と文学 | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

落穂拾い:映画と原作~ヒッチコック その8

「映画と原作~ヒッチコック」というテーマでは、約4ヶ月のご無沙汰となりました。

 これまでヒッチコックのイギリス時代の7作品
「下宿人」「三十九夜」「間諜最後の日」「サボタージュ」「第3逃亡者」「バルカン超特急」「巌窟の野獣」

 渡米後の10作品
 「レベッカ」「断崖」「救命艇」「白い恐怖」「ロープ」「見知らぬ乗客」「裏窓」「泥棒成金」「ハリーの災難」「めまい」

についてみてきました。

 順番で言うと、「サイコ Psycho」(1958年)から再開すべきところなのですが、この作品については原作本だけでなく関連書籍を何冊か所持しています。

 
サイコ・シャワー.jpg

※クリストファー・ニッケンス「リュミエール叢書25 サイコ・シャワー」(藤原敏史・訳 筑摩書房1996年6月初版)


 一応これらに目を通してから、と思い至り―

 今回は、以前の記事で書き漏らしたこと、不要と思ったけど「やっぱり書いとこう」みたいなこと、後からわかったことなど、断片的な文章を羅列していこうと思っています。(ヒッチコック映画から大きく外れる話題もあり)

 というわけで、とっかかりは次の一節からにしましょう。

  “Lizzie Borden took an axe

  And gave her mother forty whacks.

  And when she saw what she had done

  She gave her father forty-one.”

  リジー・ボーデン 斧を取り

  ママに40回ふりおろし

  やっちまったと気がついて

  パパを41回めった打ち

 身の毛のよだつような、凄惨な光景が目に浮かびます。
 これが何かというと、マザーグースの唄…のひとつ。

 マザーグースとは?

 日本では「きらきら星」「10人のインディアン」「メリーさんのひつじ」「ロンドン橋落ちた」(=「あたま・かた・ひざ・ポン」)などでお馴染みですね。

 古来からイギリスで伝承されてきた童謡が、18世紀に「マザー・グースのメロディ」のタイトルで歌集にまとめられ…などと書き始めるとどんどん広がって、「不思議の国のアリス」や「そして誰もいなくなった」などにも言及したくなってしまうので、ここは自重して―

 ざっくりと「イギリスを起源とし、アメリカなどにも伝承される童謡―子守唄、物語歌、数え歌、なぞなぞ歌など―の総称」とだけ押さえておきます。

 さて、リジー・ボーデンは実在した女性で、1892年米国マサチューセッツ州で起きた殺人事件と、それに続く過熱報道合戦のヒロインとなった人物です。

 リジーは実父と継母を手斧で滅多打ちにして殺害した容疑で捕まったのですが、状況証拠のみで決定的な決め手がなく、裁判では無罪になっています。

 ところがこの事件はマスメディアを通じて全米の耳目を集めることになり、虚実入り混じった報道合戦が繰り広げられました。
 今の時代の、テレビのワイドショーなどでおなじみの現象が、初めて起こった…ということでもエポックメーキングな出来事だったのです。

 その実証例として、上にあげたマザーグースの唄があります。

 実はこの唄、新聞の売上を伸ばすためにあるライターが創作したもので、その思惑がまんまとはまり、なわとび歌として巷に広まった…という謂れがあるのです。

 この薄気味悪い歌詞が、子どもたちのあそびの中で、無邪気に歌われるようになったことにこそ、ある種の不気味さを感じてしまいます。

 それはともかく、これがヒッチコックとどんな関係があるかというと、ふたつありまして。

 まず、ヒッチコック監督「下宿人」の原作者べロック・ローンズに、リジー・ボーデンの事件を題材にした作品があり、その邦訳がポケミスで出ていることです。

続きを読む
posted by Pendako at 12:26| Comment(0) | 映画と文学 | 更新情報をチェックする
タグクラウド