2017年04月07日

創元推理文庫との出会い・番外編~角川文庫のほうに寄り道

 アガサ・クリスティ「ABC殺人事件」(1962年 能島武文・訳)、「茶色の服を着た男」(1964年 赤冬子・訳)

 モーリス・ルブラン「怪盗ルパン」(1962年 水谷準・訳)

 コナン・ドイル「シァーロク・ホウムズの冒険」(1963年 鈴木幸夫・訳)、「シァーロク・ホウムズの回想」(1968年 鈴木幸夫・訳)、「失われた世界」(1967年 永井淳・訳)、「地球最後の日」(1967年 永井淳・訳)

 ジュール・ヴェルヌ「八十日間世界一周」(1963年 江口清・訳)

 エドガー・アラン・ポオ「黒猫・黄金虫 他」(1966年 大橋吉之輔・訳)

 H.G.ウェルズ「モロー博士の島」(1967年 能島武文・訳)

 E.R.バローズ「火星のプリンセス」(1967年 小笠原豊樹・訳)、「火星の女神イサス」(1967年 小笠原豊樹・訳)

 E.E.スミス「宇宙のスカイラーク」(1968年 宇野利泰・訳)

 他にも数冊あったような気がしますが、思い出せるのはこれぐらい。
 中学時代の一時期、私の書棚の一番上の段に並んでいた文庫本たちです。

 あまりヒネリのない月並みなラインナップですが、ミステリ・SF入門者が最初に手をつける図書としては妥当なところでしょう。

 創元推理文庫ではありません、すべて角川文庫です。

 前回の記事で「創元推理文庫解説目録」を入手し、そこにある書名をひとつひとつチェックする作業がこの上なく愉しくて・・・というようなことを思い出しているうち、同じ時期に角川文庫版でもミステリやSF、結構買っていたよなぁ、という記憶も甦ってきた次第。

 近所の本屋に創元推理文庫は置いてなくても、角川文庫はわりかし揃っていました。
 私としては、創元でしか読めない作品はともかく、角川のほうで出ているならそれでもOK、という柔軟なスタンスだったようです。

 シャーロック・ホームズではなくて、シャーロク・ホウムズ。
 英語の発音的にはこの方がより原音に近いのかもしれませんが、なんとなく窮屈な表記だなぁ~と、違和感を覚えながら読んでいました。

 ちなみに訳者の鈴木幸夫さんは英文学者で、「カンタベリー物語」のチョーサーをもじった筆名、千代有三で探偵小説も書いた・・・といった豆知識は、後に探偵小説専門誌「幻影城」で知った話。

 ポオの短編集は、難解な字句が散らばった韜晦的な文章で、ひどく読みにくかった覚えがあります。
 もちろん訳文に問題があったわけではなく、こちらの読解力の未熟さゆえだったと思いますが、たしか全編読み通せず投げ出したような気が・・・

 その少しあと、江戸川乱歩「探偵作家としてのエドガー・ポオ」という小評伝を読み俄然ポオに対する興味が湧いたタイミングで、谷崎精二個人訳の再編集版「ポオ全集」全6巻(春秋社1969~70年)や新装版「ポオ全集」全3巻(東京創元社 新装版1969~70年 丸谷才一他・訳)が刊行されたのをうけて、

 「世の中は、自分の趣味嗜好の変遷に合せて動いている」

という、極めてジコチュウな世界観を醸成したりしました。(別の局面でも同様のことがあり、この不思議な符合については改めて記したいと思います。)

 残念ながら金銭的にやり繰りできず、この段階ではポオには手が出せず仕舞いでしたが・・・未練がましく「内容見本」は取っておいたようです。

ポオ全集(内容見本).jpg


ポオ全集(内容見本)2.jpg

 後者の文庫本化である創元推理文庫「ポオ小説全集」全4巻(1974年)及び「ポオ 詩と詩論」(1979年)を入手して、ようやくその全貌を窺うことができました。

 角川文庫に戻って・・・
続きを読む
posted by Pendako at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 創元推理文庫 | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

創元推理文庫との出会い③~解説目録を熟読する

 前々回、「創元推理文庫解説目録」を入手した経緯などに触れましたが、その続きです。

 1968年頃の思い出話。
 半世紀(!!!)も昔の、色褪せた記憶の潤色作業で恐縮ですが・・・

 三億円事件が世間を揺るがせた年です。

 メキシコ・オリンピックでは、サッカー日本代表が地元メキシコを下して銅メダルの快挙。にわかサッカー・ファンが急増しました。(私もそのひとり)

 なんの予備知識もなしに、たまたまテレビで放映された「マジカル・ミステリー・ツアー」を観て、ビートルズというイギリスのロックバンドを、私が初めて意識した年でもあります。

 学業には、見事に背を向けていました。

 父の書棚にあった文学全集の何冊かを拾い読みする傍ら、ミステリやSFにのめりこんでいった時期です。

 その指標となったのが、「創元推理文庫解説目録」でした。

 これを手にしてしばらくは、そこに並べられた書名や解説文から内容を推し量りながら、作品の格付けを行うという作業に没頭しました。

 格付け、というと大げさですが、要は少ない小遣いをやりくりしながらハズレのない作品を贖うための選り分けです。

 既読のものには✔、読んでみたいものには〇、特に興味をそそられたものには◎、自分の嗜好に合いそうもないものには△、いずれの範疇にも入らないものは無印・・・

 ざっとこんな区分で、解説目録に並んだ書名の頭に、赤鉛筆で印を書き込んでいったのですが、これが実に面白い作業でした。

 あかね書房版「少年少女世界推理文学全集」で出会った作家や作品は、創元推理文庫にもあらかた収められていました。

 クリスティ、クイーン、クロフツ、カー、ヴァン・ダインなど、大御所の諸作。

 特に「○○殺人事件」でタイトルを統一したヴァン・ダインの12作品、エラリー・クイーンの国名シリーズや「X・Y・Zの悲劇」などが整然と並ぶさまは、ある種様式美めいていて圧巻でした。

 言うまでもなく、これらには〇印をチェック。「エジプト十字架の謎」には✔と◎。読み返したい既読書の筆頭でした。

エジプト十字架の謎.jpg


 ルルーの「黄色い部屋」もミルンの「赤い館」もヒルトンの「学校殺人事件」もありましたが、これらは✔のみ。

 もちろんシャーロック・ホームズやブラウン神父やアルセーヌ・ルパン(創元推理文庫ではアルセーヌ・リュパン)も顔を揃えています。

 何より驚き、かつうれしかったのが、それまで見たことも聞いたこともない作家名や作品名が、大量に並んでいたことです。

 児童書ミステリにありがちな「○○の謎」とか「○○の秘密」といった定形的なネーミングとは一線を画す、スタイリッシュなタイトルの諸作。

技師は数字を愛しすぎた.jpg


 「ミス・ブランディッシの蘭」ハドリー・チェイス
 「シンデレラの罠」セバスチャン・ジャプリゾ
 「技師は数字を愛しすぎた」ボワロ&ナルスジャック
 「ロシアから愛をこめて」イアン・フレミング
 「死刑台のエレベーター」ノエル・カレフ
 「女狩人は死んだ」ベン・ベンスン
等々。

女狩人は死んだ.jpg


 タイトルだけで○でしたね。

 特に「シンデレラの罠」は、その蠱惑的な題名に加え、解説文にも大いに感化され、三重丸を付けたような気がします。

シンデレラの罠.jpg


 
私は二十歳の娘、億万長者の相続人である。しかも『これから私が物語る事件は、巧妙にしくまれた殺人事件です』という言葉で始まる。私は事件の探偵であり、証人であり、被害者であり、そのうえ犯人でもある。いったい私とは何者か? 一人四役を演ずる空前絶後のトリック!


 こんな感じ。

 もちろんミステリ入門者の基本図書「世界短篇傑作集1~5」も◎
 ここで江戸川乱歩の名を見つけ、そういえば小学生の時に「影男」(ポプラ社のジュブナイル版)を読んだっけと再認識。(これが乱歩の大人物を読んでみようか、というきっかけになっています。)

世界短編傑作集1.jpg

続きを読む
posted by Pendako at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 創元推理文庫 | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

創元推理文庫との出会い・番外篇~文庫解説目録を読み比べる

・・・リナ・アスガースは、八年近くも夫と暮らしてから、やっと自分が殺人者と結婚したことをさとった・・・ショッキングな書き出しで始まる本書は、妻を愛し、歓心を得ようとしながら、妻の心とはうらはらな言動をする異常性格の夫に献身的につくす健気な女の不可解な性と、その内心の葛藤を描いて新生面を切り開いた犯罪心理畢生の大作。


故郷に背をむけて大都会ニューヨークの虜となったダンサー稼業の女のまえに、突然姿を現わした風来坊青年。彼は奇しくも女の故郷の町の隣家の子だった。その彼はいま殺人の嫌疑に問われている。潔白を証明するための時間はあと五時間しかない。深夜のニューヨークに孤独な若い二人の捜査は進む。


短篇を書かせては当代随一の名手の代表的短編集。奇抜な着想、軽妙なプロット、論より証拠、まず読んでいただきましょう。どこからでも結構。ただし最後の作品、「うしろを見るな」だけは、最後にお読みください。というのは、あなたがお買いになったこの本は、あなたのために特別の製本がしてあるからです。さて、その意味は?


一年以上の月日を費やしてイタリアのコモ湖畔におこる三重四重の奇怪なる殺人事件が犯人の脳髄に描かれた精密なる「犯罪設計図」にもとづいて、一分一厘の狂いもなく着実冷静に執行されてゆく。三段構えの逆転と、息もつかせぬ文章の味は、万華鏡の如くけんらんとして、緻密であり、サスペンスに富み、重厚無類のこくがある傑作中の傑作。


「以上4冊の書名がさて、あなたにはすべてわかりますか・・・」という題名あてクイズをしたいわけではありません。

 これらの解説文というかちょっと長めのキャッチコピーは、「創元推理文庫解説目録1984・1」(いま手元にある一番古い版)から引用したものです。

解説目録(創元推理文庫).jpg


 どうです、思わずその文庫本を手にして読んでみたくなりませんか?

 最初の解説文では、「異常性格の夫に献身的につくす妻」という不合理が、いわゆるミステリ的な謎以上に不可解な謎として投げかけられます。

 二番目のは、これを読んだだけで、胸の焦がれるようなサスペンスの予兆を感じさせます。

 三番目のは、どんな仕掛けがあるのかお手並み拝見、と誰しもがつい覗いてみたくなるでしょう。

 最後のは(文のつながりが少々ぎこちないですが)、「読まさずにおくものか」的な、不思議な熱気が伝わってきます。

 さらに、もしあなたがこれらの本をすでに読んでいるとしたら、その作品のセールスポイントを実にうまく引き出していたと思いませんか?

 創元推理文庫の解説目録には、こんな文章がぎっしり詰まっているのです。

 1タイトルあたり、39字×4行の枠。
 1頁あたり6タイトル。
 
 それがこの版では約160頁にわたって、おじさん、拳銃、猫、時計、帆船、SFのマークで示す分野別に網羅されているのです。(下の画像参照)

解説目録(創元推理文庫-2).jpg


 これらのマークは古くからのファンならお馴染み、文庫背表紙などに表示されたマークで、その作品の大雑把な傾向や作風がわかって便利だったのですが、現在は使われておりません。

 この解説文をもとに欲しい本には丸印を、そして読み終わった本には✔をつけながら、ひとり悦に浸った経験というは、決して私一人だけのことではなく、誰しも経験のあることでしょう。。

 もちろん、他の出版社からも文庫解説目録はでています。続きを読む
posted by Pendako at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 創元推理文庫 | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

創元推理文庫との出会い②~解説目録を手に入れる

 創元推理文庫との出会いの、続きです。

 海外の推理小説やSFばかりを刊行する、夢のような文庫シリーズの存在を、私はまず「火星の巨人ジョーグ」で知りました。
 しかしそれを知ったからと言って、次から次へと手に入れるという環境にありませんでした。

 近く(徒歩圏内)に本屋は数軒あり、小学生にしてはそれぞれの店の個性といった様なものを把握していたと思います。

 S書店は小学校の近くにあり、文房具屋を兼ねた書店。単行本や文庫本はあまり置いてなく、月刊誌・週刊誌が平台にうず高く並べられてました。

 ここで毎週土曜日、学校の帰りに「少年マガジン」を買うのが習慣でした。
 いつもある同級生といっしょでしたが、彼が買うのは「少年マガジン」「少年サンデー」「少年キング」の3冊。
 うらやましく思ったものです。

 あるときそのS書店で、高校生らしき学生が雑誌を万引きするのを目撃したことがあります。
 私の目の前での出来事です。その学生と目が合い、私はビビッたままどうすることもできずじまい。
 彼が万引きしたのは、「週刊プレイボーイ」でした。

 I書店は、近所では最も大きく品揃えも豊富な店。小・中学生のころ、私が最も頻繁に出入りした場所のひとつです。

 少ない小遣いをやりくりしながら、カッパ・コミックス版の『鉄腕アトム』『鉄人28号』サン・コミックス版で水木しげるの渋めの短編集「怪奇死人帳」「死者の招き」など、児童書でドイル「失われた世界」ガルシン「赤い花」トルストイ「戦争と平和」ベルヌ「十五少年漂流記」といったリライト版、マドレイン・ラングル「五次元世界のぼうけん」ペトリーニ「緑のほのお少年団」などの児童文学、少し背伸びして月刊『ボーイズ・ライフ』鶴書房版の『ピーナッツ・ブック』などなど・・・結構な数の本を贖ったものです。

 記憶力がいいなと思われるかもしれませんが、実家の本棚にこれらのほとんどがいまだに埃をかぶったまま在る、というだけの話。

 ここで中学の同級生と出くわしたことがあります。店の奥まった場所、(今でいう)アダルトコーナーあたり。
 彼は手にした雑誌を棚に戻しながら、いきなり聞いてきました。
「SMってどういう意味かねぇ?」
 私は、したり顔で答えました。
「サスペンス・ミステリーの略じゃない?」
 覚えたての英単語をとっさに並べただけですが、後年になって『SMマガジン』というかなりきわどい雑誌を手にしたとき、その表紙に「サスペンス&ミステリー」とサブタイトルが振ってあり、「なんだ、あってたじゃん」と納得した覚えがあります。
 いま思えば、ほほえましい光景です。

 Y書店は、小学校の同級生の母親がやっていた本屋。父親が早くに亡くなって、生活費工面のため開いた・・・とその同級生から聞いた覚えがあります。

 立地が悪く、参考書や雑誌をそこで買った記憶はありますが、あまり貢献できなかったようです。中学にあがって、しばらくして行ってみると無くなっていました。

 家から一番近かったのが○○書店(名前失念)で、入口の建て付けが悪い、店内が暗い、本の数が少ない(棚がすかすか)、本の配列がいい加減、店番のおばちゃんが常に監視の目を客に向けている・・・と、はなから本好きの入店を拒むかのような店構え。続きを読む
posted by Pendako at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 創元推理文庫 | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

創元推理文庫との出会い①~最初の一冊に辿りつくまで

 『幻影城』から少し寄り道します。

 創元推理文庫には、いまだにお世話になってます。中学時代から数えてかれこれ50年、ずいぶんと長いお付き合いです。
 その中でも特に思い入れの深いタイトルについて、たまに幾つか、ぽつぽつと書いていこうと思います。

 最初にどれを取り上げようか・・・と考えていたところ、ある別の書名が頭に浮かびました。それは私が創元推理文庫に出会う前に読んだ児童書です。

 今日はそのあたりのことを思い出しながら書いてみます。

 ポーやドイルで推理小説に目覚めたのに続いて、ウェルズやベリヤーエフで空想科学小説の面白さにも気づき始めた小5、小6の頃のことです。
 小学校の図書室で借りた中に「火星のジョン・カーター」がありました。

 詳しいあらすじは省略しますが、簡単にまとめると―

 不思議な経緯で、戦火渦巻く火星の地に投げ込まれた、元軍人のジョン・カーター。
 野蛮で好戦的な緑色人の部族に捕えられますが、その並外れた身体能力と、勇敢で義侠心篤い人柄ゆえに、部族の中でめきめき成り上がっていくのですが、そんなある日、彼が遭遇したのが―

 赤色人の乗る飛行艇が、緑色人の部族(ジョン・カーターがいるのとは別の部族)に襲撃される事件。

 そこで緑色人の虜囚となった赤色人のプリンセス、絶世の美女デジャー・ソリスとの運命的な出会いをするのです。

 火星(この物語ではバルスームと言います)の地理、生態系、風土、国家、言語、風習などに触れながら、緑色人タルス・タルカスとの友情、忠犬ウーラ(犬じゃなく、10本脚の火星生物ですが)との交流なども織り込み、プリンセスをその母国に連れ戻すため、我らのヒーローが獅子奮迅の活躍を見せてくれます。

 救出、逃避行、謀略、幽閉、脱出、追跡、決闘、白兵戦・・・といった単語が入り乱れる紆余曲折の中で、初めはジョン・カーターに反発していた気位の高い王女も、しだいに彼に信頼と好意を寄せるようになり・・・やがて訪れる大団円・・・

 と思ったのも束の間、火星の地に全生命滅亡の危機が迫り来て・・・

 手に汗握る、波乱万丈の物語です。

 幽体離脱的に地球から火星にテレポートしたり
 地球人とは全く異質の、緑色人の生態に言及したり
 巨大な飛行艇をも動かす、特殊な光線が発見されていたり
 大気製造工場が、地表に大気を不断に供給していたり

 SF的なギミックは随所に散りばめられてはいるのですが、物語の骨格にSF的な趣向があるわけではありません。
 囚われの姫を敵の手から救い出す、という昔ながらの騎士道物語を、異世界に移植しただけのお話。

 ところが小学生の私にとっては、こうしたチャンバラ小説が、めちゃめちゃ面白かったのです。まあ、思春期前の私にとって、ヒーローとヒロインの恋愛的な成り行きについてはあまり興味なかったですが。

 おそらく私がこの時読んだのは、岩崎書店『SF世界の名作』(全26巻 1966年10月~1967年9月刊)の中の1冊「火星のジョン・カーター」に間違いないと思います。

 作者は言わずと知れたエドガー・ライス・バローズ(早川的にはバロウズ)ですね。

 ただその時には、この物語に続きがあるなどとは、夢にも気づきませんでした。図書室にそれを戻すといつもどおり、未読の本を物色する日々が続きました。

 しばらくして、私は家でとっていた朝刊の一面最下段の、このような広告を見つけました。

「シリーズの掉尾を飾るスペース・オペラの傑作!『火星の巨人ジョーグ』」(※この惹句は私の創作)

 この広告の切り抜きを父親に見せ、取り寄せてもらうようせがみました。(父親の勤務先の購買部に書籍がおいてあって、そこにない本も頼めば入手できたのです)

 何日かして、会社から帰った父親が1冊の文庫本を私に渡してくれました。

  エドガー・ライス・バローズ「火星の巨人ジョーグ」(1968年10月 厚木淳・訳)

 それこそ、私が人生最初に手した創元推理文庫でした。(おお、ようやくここに辿りついた)続きを読む
posted by Pendako at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 創元推理文庫 | 更新情報をチェックする
タグクラウド