2019年04月25日

「孤島の鬼」の同性愛趣味:乱歩と挿絵画家~番外篇その4

(承前)

 「孤島の鬼」は昭和4年(1929年)1月から翌年2月まで、博文館の月刊雑誌『朝日』に連載された長篇です。
 以前の記事でも、この傑作長篇に少し触れていますので、併せてご覧ください(『江戸川乱歩全集』第3巻より「孤島の鬼」「蜘蛛男」
創元推理文庫版「孤島の鬼」.jpg

※画像は創元推理文庫版の「孤島の鬼」

 その中に、乱歩の同性愛的趣向が表出した場面があります。
 そもそも作品全体が、ハイテンションな筆致で綴られているのですが、この場面は特に、異様な熱気を孕んだ描写になっています。(もちろんあからさまな描写はありませんので、ご安心を―)

 主人公の私(蓑浦)と、彼を学生の頃から恋慕する友人・諸戸―

 物語の終盤近く、「南海の一孤島」に乗り込んだふたりは、悪賊の奸計で洞窟に閉じ込められてしまいます。
孤島の鬼(竹中英太郎挿絵)08.jpg

※竹中英太郎挿絵(「孤島の鬼」より)

 生死を分ける極限的な状況の中で、諸戸は積年の恋慕の情を、蓑浦に打ち明けずにはいられなくなります。そして―
 
「蓑浦君、地上の世界の習慣を忘れ、地上の羞恥を捨てて、今こそ、僕の願いを容れて、僕の愛を受けて」

 ―と狂乱したように懇願するのです。
孤島の鬼(竹中英太郎挿絵)10.jpg

※竹中英太郎挿絵(「孤島の鬼」より)

 しかし諸戸の思いのたけが報われることはありません。
 
私は彼の願いの余りのいまわしさに、答えるすべを知らなかった。・・・私は恋愛の対象として、若き女性以外のものを考えると、ゾッと総毛立つような、なんともいえぬ嫌悪を感じた

 ―と蓑浦は、激しく拒絶するのです。

 生か死か、そして愛と憎―

 この二重の葛藤渦巻く死地を、ふたりはなんとか切り抜け、やがて物語は大団円を迎えます。
 蓑浦はこの事件を通じ、まるで引き寄せられようにして、ある女性と結ばれます。

 その一方で失意の諸戸は、故郷の父母のもとに帰って行くのですが、ほどなくして彼が病没したとの知らせが、蓑浦のもとに届きます。
 「孤島の鬼」は、諸戸の父親が蓑浦に宛てた、その手紙の文面で締めくくられます。
 
道雄は最後の息を引取る間際まで、父の名も母の名も呼ばず、ただあなた様の手紙を抱きしめ、あなた様のお名前のみ呼び続け申候

 乱歩は自作解説の中で、
「この小説に同性愛が取り入れてあるのは、そのころ、岩田準一君という友人と、熱心に同性愛の文献あさりをやっていたので、ついそれが小説に投影したのであろう」
 と記していますが、それは表向きの言い訳に過ぎず、むしろ前回述べたような、同性愛への憧憬のようなものを、作品の中で表現せずにいられなかったのではないでしょうか。
 「ついそれが・・・」などではなく、確信犯的にそうした関係性や場面を、作中に盛り込んだように思われます。

 しかし「孤島の鬼」では、同性愛は成就することの叶わぬもの、という形で完結しました。

 それは悲劇的な成り行きで終わる物語のほうが、読者の心を揺さぶる―という、物語作者としての計算も働いたのでしょうが、そういう形でしか執筆し得ない事情があった―とも言えます。

 つまり当時の風潮として、同性愛を肯定したり称揚したりするような物語は、社会に受け入れられない、という事情のほうが、大きく作用したのではないかと思われるのです。

 「孤島の鬼」が連載された昭和4年頃は、ちょうど大衆文化-文芸、舞台・演劇、流行歌、風俗、遊興など―において、エロ・グロ・ナンセンスの時代と呼ばれる社会現象が起こった時期です。(エロ・グロ・ナンセンスの時代については、以前の記事(『江戸川乱歩全集』第4巻より「盲獣」)で少し触れました。

 その中心に猟奇耽異の徒、江戸川乱歩がいたわけですが、これらはまだ、官憲に睨まれつつも法治下で広まった現象です。

 しかしその裏側では、明治期以降抑圧されてきた男色が密かに復活し、秘密クラブやゲイバーのような場所で、男娼が客を引くことが蔓延り始めた、とも言われています。
 男色は、法的にも倫理的にも反社会的な、忌むべき行為だったのです。
 
 ですから乱歩が、「孤島の鬼」で同性愛を描くにしても、そうした否定的な風潮に沿った―乱歩にとっては不本意な―形で描かざるを得なかったのだ、と推測されます。

 そこで乱歩は―

 「孤島の鬼」では、無念にも成就させることができなかった同性愛のありさまを、別の形で心行くまで描いてみたい―

 意識的にか、無自覚にか、そう希求するようになったのではないでしょうか?

 「そうだ!」と乱歩の脳裏に、閃いたものがあります。「すでに読者にはお馴染みとなった明智探偵の物語に、新たなレギュラーを加えたらどうだろう」

 明智探偵に年少の探偵助手を配する。ふたりは師弟の絆強く、深い情愛で結ばれている。
 これなら外見上、まったく自然な関係性だ。ふたりの交流をどんなに細やかに描こうと、あらぬ疑いをかけられるおそれはない。
 
 いつしか乱歩の中には、「林檎の頬をした可愛らしく、リスのようにすばしこい」小林少年のイメージが、出来上がっていたのでしょう。
 次の作品あたりからこの少年を、明智探偵の訓導のもと、凛々しく活躍させてみよう―と。

 『朝日』で「孤島の鬼」の連載が終了し、難航した『文藝倶楽部』の「猟奇の果」も完結の目途が立ち、『講談倶楽部』ではそろそろ「蜘蛛男」の次回作を用意しなければなりません。
 乱歩は、その次回作である「魔術師」の構想を、おそらく「蜘蛛男」の連載が終盤に差しかかった、昭和5年(1930年)の春ごろから練り始めたものと思われます。

 彼はその構想段階で、明智探偵の愛弟子となる小林少年の人物像―その生立ち、来歴、境遇、そして「魔術師」のなかでの役割など―を念入りに設定しました。

(次回に続く)
posted by Pendako at 09:52| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

「乱歩打明け話」から:乱歩と挿絵画家~番外篇その3

(承前)
 いつもの癖で、まずは少し寄り道を―

 江戸川乱歩の随筆に、「乱歩打明け話」というのがあります。

 その随筆に、中学生の頃の彼は「ええ子、ええ子」(美少年の意味)と皆に囃し立てられる、稚児さん的存在だったと記しています。
 あるとき彼は、優等生で武道にも秀でた、これまた美少年の同級生から付け文をもらい、恋愛めいた(もちろんプラトニックな)交際が始まった・・・というような、ちょっと気恥ずかしい体験談を懐かしげに書いているのです。

平井太郎(中学卒業時).jpg

※平井太郎(江戸川乱歩) 愛知県立第五中学校(現・瑞陵高校)卒業アルバムより


 この頃の写真で見る限り、端正で利発そうな顔立ちですが、現代の感覚でいう美少年のイメージからは、若干外れているような気がしますが・・・(大正から昭和初期にかけて活躍した画家、高畠華宵の描く美少年はこんな感じかな)

 次も乱歩の、別の随筆に因んだ話。

 乱歩は作家になる前に、三重県鳥羽に住んでいたことがあります。
 大正6年(1917年)の暮れごろから1年余り、鳥羽造船所の庶務係に籍を置いていたのです。

 この時期に彼は、坂手島で小学校の教員をしていた、村山隆(りゅう)という女性と懇意となります。のちの乱歩夫人です。
 さらにもうひとり、彼はここである重要な人物と知己を得ることになりました。
 彼より七、八歳ほど年下の、画家志望の青年―

 乱歩が造船所を退職して上京すると、その交友も途切れてしまうのですが、何年かのち作家となった乱歩のもとをこの青年が訪ね、旧交を温めることになりました。
 大正14年(1925年)頃のことです。
 そのときに初めて、お互いに共通の趣味があることが分り、以前に増して親密となりました。ふたりは各地に出向いては、その趣味の文献の渉猟を始めるのです。

 この青年というのが、岩田準一。

 明治33年(1900年)、三重県志摩郡鳥羽町(現・鳥羽市)に生れ、竹久夢二に師事して画家となるも、より精根傾けたのが民俗学の研究。
 柳田國男主宰の『郷土研究』に寄稿したり、南方熊楠と書簡のやり取りしながら、その研究の精華ともいうべき書、「本朝男色考」および「男色文献書志」を著しました。
 しかし昭和20年(1945年)、その業績が正当に評価されないまま、空襲下の東京で病没しています。享年45歳でした。

 乱歩作品の挿絵も何点か描いています。

パノラマ島奇譚(岩田準一挿絵)03.jpg

※岩田準一挿絵(「パノラマ島奇譚」より)

 余談ながら、彼の生家は現在、鳥羽みなとまち文学館(江戸川乱歩館)となって、彼自身の絵画や研究資料、交流のあった乱歩や夢二との書簡などが展示されています。

鳥羽みなとまち文学館(江戸川乱歩館).jpg

 ※鳥羽みなとまち文学館
http://rampomuseum.com/minatomachi/


 私は昨年の春、鳥羽まで出かけながら、ちょうどこの文学館の休館日という不運に巡り合わせ、残念な思いをしました。

 それはともかく、江戸川乱歩と岩田準一の共通の趣味というのが―

 薄々お分かりかと思いますが、男色文献の蒐集というわけです。
 ふたりで東京、名古屋、京都などの古書店を巡っては、この類の文献を買い漁ったり、つれづれに「衆道歌仙」と題した連句を吟じたり―と、同好の士として深い交流を結んだのです。
 乱歩は年下の準一を、男色文献研究の師と仰いでいました。

 「同性愛文学史―岩田準一君の思い出」という随筆に、乱歩はこの頃のことを、懐かしげに綴っているのです。

 ちなみに乱歩の著作ではないですが、このふたりの交流を描いた小説作品が近年になって登場しました。
 「二青年図―乱歩と岩田準一」(新潮社 2001年刊)がそれで、著者は準一の孫娘の、岩田準子という方。
 私は未読なのでなんとも言えないのですが、このふたりが同性愛の間柄だった―というような設定らしく、それはどうかなあと思うところがあります。

続きを読む
posted by Pendako at 09:46| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

小林少年の謎:乱歩と挿絵画家~番外篇その2

 「乱歩と挿絵画家」では、私の中学時代に愛読した講談社版『江戸川乱歩全集』(昭和44~45年刊 全15巻)の各巻に付された挿絵について、駄文を綴っています。

 順番から行くと全集第5巻所収「吸血鬼」の、古沢岩美描くところの挿絵を取り上げ、簡単なコメントを添えるべきところなのですが、前回は少し趣向を変え「魔術師」と「吸血鬼」―この2作品に纏わるある疑問について、私なりに考察を試みた顛末を記しました。

 そもそもその疑問と云うのが私の誤読にもとづくものでしたので、考察そのものが無意味だった―という結論に至ったわけですが。

 怪我の功名というか瓢箪から駒というか、そんな文章を捻くり回しているうち、今度は「吸血鬼」で明智探偵の助手として初登場する小林少年について、何かしら釈然としない不可解な点がいくつもあることに気づいたのです。しかもそれらを突き詰めていくと、とんでもない仮説が浮上するという・・・

 まあ、これも牽強付会の説と一笑に付されるのがオチかも知れませんが、面白そうなのでしばらくこの話題を続けていきたいと思います。
 
 さて「吸血鬼」は、昭和5年(1930年)9月から翌年3月まで『報知新聞夕刊』に連載された長篇で、明智探偵事務所のトリオ―すなわち名探偵明智小五郎と、探偵助手の文代さん、同じく小林少年の三人―が揃い踏みした、初めての作品です。

創元推理文庫版「吸血鬼」.jpg

※こちらは創元推理文庫版「吸血鬼」( 1993年12月初版)
 連載当時の挿絵を全点収録していて楽しい作りになっています。

 明智小五郎は、大正14年(1925年)の「D坂の殺人事件」で初登場以来、「吸血鬼」発表までにおよそ十指に余る難事件の数々を解決、華々しい活躍を見せてきました。
 これらの作品では、成り行きで助手的な役割をする登場人物はいたかも知れませんが、正規の助手はいませんでした。

 ところが明智探偵は、「魔術師」の頃から住居兼用の事務所を構え本格的な探偵業を始めると、次の「吸血鬼」では助手まで抱えるようになるのです。それも、いちどきにふたりも―

 その助手のひとり、文代さんに関して言えば―
 前回の記事(あだしごと~「魔術師」と「吸血鬼」をめぐって)で触れましたが、彼女は「魔術師」事件に関わる主要人物であり、その結末に至ってその生立ちや来歴も明らかにされ、探偵助手になった理由や経緯も詳しく説明されています。

魔術師(岩田専太郎挿絵)02.jpg

※明智探偵と文代さん、初のご対面(挿絵:岩田専太郎 「魔術師」より)

 それと引き比べ、よく判らないのが小林少年です。

 「吸血鬼」では奇怪な事件に巻きこまれた依頼人が、お茶の水の開化アパートに明智探偵を訪ねる場面が出てきます。
 ここが名探偵の住居兼事務所、というわけです。

三谷がドアを叩くと、十五六歳の、林檎の様な頬をした、詰襟服の少年が取次に出た。名探偵の小さいお弟子である

 これ以降、作中で小林少年はみごとな活躍を見せるのですが、彼自身の素性が詳しく言及されることはありません。
 唐突感が否めないのです。

 その後の作品でも、小林少年は頻繁に顔を出し、少年探偵団シリーズでは、主役級の扱いで活躍します。

小林少年(「怪人二十面相」より 画:小林秀恒).jpg

※少年探偵団結成時の小林少年(挿絵:小林秀恒 「怪人二十面相」より)


 これらの作品で、彼の素性などについて断片的に語られることはあります。例えば、下の名前は芳雄、とか、どうも両親はどこかに健在らしい、とか・・・
 それでも、そうした情報をすべてつなぎ合せても、全体像が見えてきません。
 謎の多い人物のままなのです。

 乱歩作品を濫読していた頃は、筋を追っかけるのに忙しくて気にも留めなかった小林少年の存在が、あとから全体を見渡しながら考えると、釈然としない、とても不思議なことに思えてきたのです。

 もっとも、順不同でこれらの作品を読み漁る読者にとっては、彼の存在は既定の事実、お約束の設定として映るだけなので、ことさら説明は不要―ということなのでしょうが。

 それにしても「吸血鬼」は、初登場作品です。
 彼の素性なり境遇、あるいはその登場の背景なり経緯が、この作品だけにでも、もう少し詳しく語られてもよさそうなものです。
 同じ探偵助手の文代さんと比べ、実にアンバランスな扱いです。
 
 小林少年は―
 どんな素性で、どんな事情を抱えた少年なのか?
 明智探偵とは、どんな間柄なのか?
 どんな経緯で探偵助手になったのか?
 親はどんな人物なのか、住まいはどこなのか、学校へは通っているのか、助手としての報酬は貰っているのか?
 作者にとって、どんな役割を期待され、造形された人物なのか?
 まず大人向けの作品から登場したのはなぜなのか?

 冒頭に記したとおり、「魔術師」や「吸血鬼」について駄文を綴りながらそんなことを考えていると、忽然とある仮説が浮かんでまいりました。

 実に馬鹿げた仮説なのですが、場つなぎに少し掘り下げてみても面白そうだ。そんな気にもなりました。
 ですから恥を忍んで、ここに提示したいと思います。
 それは―

 文代さんと小林少年は同一人物である。

 ―という仮説。
 そんなアホな、と言われそう―いや間違いなく言われているに違いないですが。

 次回から、この仮説の検証を行いたいと思います。
 期待せずに待たれよ、です。

(次回に続く)
posted by Pendako at 09:53| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

あだしごと~「魔術師」と「吸血鬼」をめぐって:乱歩と挿絵画家~番外篇

 半年ほど前に投稿した記事(『江戸川乱歩全集』第4巻より「魔術師」:乱歩と挿絵画家~その12)の中で、
「「魔術師」の読者にはまだ明かされていない作中の事象が、「吸血鬼」では種明かしのように平然と語られていることになる」と記し、「この疑問は、後日「吸血鬼」を取り上げる際に、具体的に考察してみたいと思います」
 と予告めいたことを書いたことがあります。

 実はこれ、自分では新たな発見でもしたような気になってそう記したのですが、のちのち「魔術師」や「吸血鬼」をぱらぱら拾い読みしていると、私の読み違いから生じた「疑問」だったことが分りました。
 したがって私は、以前記したことなどに頬かむりを決め込んでいれば良かったのですが、拾い読みによる副産物も出てきましたので、恥を忍んで、それら全部ひっくるめて取り上げてみたいと思います。

「魔術師」と「吸血鬼」の内容にも触れながら、説明することになります。
 特に「魔術師」は未読で、これから読もうと思っている方は、以下の文はお読みにならないほうが良いでしょう。ネタばらしに繋がる恐れがありますので。
 また、私自身もあんぐりするような間の抜けた話題も含まれますので、時間を惜しまれる方もパスされたほうが、精神衛生上よろしいかと。
創元推理文庫版「魔術師」.jpg

※創元推理文庫「魔術師」(1993年3月初版)

 注意喚起をさせていただいたところで、始めたいと思います。
 
 まず―
 江戸川乱歩の執筆活動に関する定説のひとつに、こんなものがあります。

 乱歩は通俗長篇を連載するにあたり、あらすじや設定を十分に練らないまま執筆に取り掛かるので、連載の途中で話の辻褄が合わなくなったり、登場人物に心理的な矛盾が生じたりして、これらを収拾するのに四苦八苦しながら執筆を続けることが多かった。
 そのため何度も休載したり、中絶したりすることもあり、完結したとしても首尾一貫した作品に仕上がらない場合が多い。

 例えば「魔術師」について、
「伏線の張り方がいかにも弱々しい・・・」「あらかじめ一貫したプロットが出来上っていなかったための弱点が、露呈された・・・」
と、手厳しい評があります。(大内茂男「華麗なユートピア」 『幻影城7月増刊 江戸川乱歩の世界』より)

「魔術師」と「吸血鬼」はどちらも、名探偵明智小五郎が活躍する通俗長篇です。また物語上の時系列で言えば、「魔術師」の後日譚が「吸血鬼」という構成になっています。

 疑問を感じたきっかけは、この2作品が、発表媒体は別々ながら、同じ時期にほぼ並行して連載されたという事実を、あらためて知ったことにあります。
 それぞれの連載期間は次のとおりです。

 「魔術師」・・・昭和5年7月~昭和6年6月 全11回(昭和6年2月は休載) 月刊誌『講談倶楽部』
 「吸血鬼」・・・昭和5年9月30日~昭和6年3月12日 全138回 日刊紙『報知新聞夕刊』 

 前日譚の「魔術師」が後日譚の「吸血鬼」より、2か月早く連載が始まり、3か月あとに完結していることになります。

 以上を踏まえて今一度、冒頭で引き合いに出した「ある疑問」を整理してみると―

 1.「魔術師」という作品は、遅くとも「吸血鬼」に取り掛かる時点において、結末までのプロットや犯人像は綿密に練り上げられていたのではないか?

 2.それゆえ乱歩は「吸血鬼」を執筆する際、実際には「魔術師」ではまだ明らかにされていない、事件の真相に関わる重要な手がかりを、先走って言及してしまうというミスを犯したのではないか?

 この2点に要約されます。
 具体的にどういうことなのか、もう少し詳しく説明します。(注意:ネタばらしあり)

「魔術師」と「吸血鬼」、それぞれの作品で描かれる事件はまったく別物で、事件相互の関連性はありません。ただ双方に共通する登場人物が、明智探偵のほかに、もうひとりいるのです。

続きを読む
posted by Pendako at 14:35| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

『江戸川乱歩全集』第5巻より「黄金仮面」:乱歩と挿絵画家~その15

「黄金仮面」
 昭和5年(1930年)9月~翌年10月、2回の休載を挟んで『キング』に連載された長篇。

 『キング』は、講談社(当時は大日本雄辯會講談社)の看板雑誌で、発行部数もさることながら、幅広い読者層に支持された雑誌界のキングでした。
 乱歩もそこは大いに意識したらしく、エロとグロは抑えて、派手なアクションとトリッキーな展開に注力し、恋愛的な要素も盛り込みながら大向こう受けのする娯楽作品に仕立て上げました。

 国宝級の美術品や宝石ばかりを狙う黄金仮面と、それを阻もうとする明智小五郎との駆け引きをメインに、侯爵令嬢殺害の謎や、大富豪令嬢の黄金仮面への恋を絡めながら、ついには雌雄を決するときがくる・・・と云うのが大雑把なあらすじです。

 この作品で乱歩は、他の小説のみならず、他分野―たとえば映画とかテレビとかマンガといった媒体の娯楽作品に、多大な影響を与えるふたつのテーマを確立しました。

 ひとつは「怪盗対名探偵」のテーマ、もうひとつは「仮面の怪人」のテーマです。

 もちろんこれらは「黄金仮面」以前にも作例はあったかと思いますが、少なくとも日本において絶大な影響力という点では、「黄金仮面」を嚆矢としても良いと思います。

 「怪盗対名探偵」のテーマについては次回以降、松村善雄・著「怪盗対名探偵 フランス・ミステリーの歴史」という書に拠りながら言及する予定ですので、ここでは「仮面の怪人」テーマについて少しばかり。

 乱歩は「黄金仮面」の着想を、19世紀フランスの作家マルセル・シュウォッブの「黄金仮面の王」から得たそうです。
 「黄金仮面の王」は、以前から気になりながら、文庫本のような手軽に読める形で活字化されておらず、私は未読。
 評価の埒外なのでなんとも言いようがないのですが、乱歩は怪人に怪奇性や神秘性といった属性を付与するのに、仮面を被らせるのが手っ取り早いと気づいたのでしょう。

 同じ時期(昭和5年)、紙芝居に「黄金バット」が登場します。「黄金仮面」との類似点はあるもののコンセプトが異なり、こちらはのちにマンガやテレビで大流行となる、「仮面のヒーロー」の萌芽といっていいかも知れません。
 いずれにしろこの時期、発行部数100万部の『キング』と、少人数の子ども相手の紙芝居では影響力の差は歴然です。

 「黄金仮面」の大当たりが直接影響したのは、他でもなく乱歩自身の「怪人二十面相」でしょう。
 二十面相自身は仮面ではなく覆面ですが、シリーズが進むにつれて、仮面や着ぐるみなど、手を変え品を変えて扮装するようになり、二十面相のコスプレ趣味は過激になっていきます。(この趣味が潜在意識的には、少年探偵団の諸君を「あっと驚かせてやろう」という動機から来ることを思うと、微笑ましいやらあきれるやら)

 戦後になると、乱歩の他にも多くの探偵小説家や児童作家たちが、仮面の怪人ものを手掛けるようになります。
 横溝正史に「仮面城」(銀仮面登場!)、「真珠塔」(どくろ仮面登場!)、「黄金魔人」(黄金人間登場!)などがあり、水谷準に「虎の王冠」「恐竜の笛」(いずれも銀仮面)、久米元一に「悪魔のサイン」(怪人イボ男!!!)、ほかにも大下宇陀児「仮面紳士」や高木彬光「白蠟の鬼」など、仮面の怪人が続々登場します。

 戦後の少年少女のエンターテインメント界に、新たに参入したのがテレビ。
 「月光仮面」や「七色仮面」といった仮面のヒーローに対峙するように、敵役の仮面の怪人が悪事をめぐらせていました。
 「ウルトラマン」のダダやメフィラス星人なども、怪獣というより仮面の怪人。「仮面ライダー」に至っては、毎回違った怪人が登場しては斃されるようになりました。

 マンガもしかり映画もしかり―ということで、乱歩の「黄金仮面」に端を発した仮面の怪人の系譜は、(すでに直接的な影響はなくなっているにしろ)現在まで脈々と続いているのです。

 ―というところで前口上を切り上げ、「黄金仮面」の内容について、少しばかり触れていきます。

 なお、黄金仮面の正体については、乱歩ファンやミステリ通であれば周知のことと思われますが、ここでは明かさないでおきます。
 作中にその正体を暗示する伏線がいくつもあって、これを推理しながら読み進めるのも一興かな、と思いますので。
続きを読む
posted by Pendako at 21:49| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする
タグクラウド