2020年06月24日

『江戸川乱歩全集』第5巻より「吸血鬼」(続き):乱歩と挿絵画家~その17

(承前)

 例によって前置きが長くなりましたが、講談社版『江戸川乱歩全集』に添えられた挿絵を見てみましょう。
江戸川乱歩全集第5巻04 吸血鬼.jpg

※「吸血鬼」より(挿絵:古沢岩美)

 本篇の冒頭で、ヒロイン・畑柳倭文子を巡る恋の鞘当てが嵩じて、決闘にまで及んだふたりの男―洋画家の岡田と美青年の三谷。
「唇のない男」の正体は、その決闘に破れ、行方を晦ませた岡田ではないかとの疑いが深まり、明智探偵と三谷青年が家主立ち合いのもと、岡田のアトリエに踏み込みます。
 彼らが見つけたのは、石膏製の裸婦の群像。
「子供のいたずらみたいな、不細工な塊」にすぎない8体の裸婦像ですが、そのなかに3体だけ出来の良いものが混じっている。
 その表面を槌で叩くと、石膏はボロボロと剥げ落ち、中から現れたのは若い女性の腐乱死体3つ―という場面です。

 中学時代に、本篇を初めて読んだときのこと。
 石膏で死体を塗り固めて塑像に擬するという悪趣味なトリックに、鳥肌立つ思いがしたものですが・・・
 ところが同時に、「あれ、同じような場面を、前にも読んだぞ」とも思ったのです。(「蜘蛛男」がそれ。ただしこちらでは、石膏から出てきたのは片腕だけ)

 しばらくして、全集第10巻で「地獄の道化師」を読み始めると、開巻早々、またしても出てきました、石膏像のなかから全裸死体が。
 このときは怖気振るうより先に、「またか」と思ってげんなりした覚えがあります。(確認していませんが、ほかの作品にもあったかも知れません)

 江戸川乱歩という人は、自分が気に入った趣向があると、繰り返し繰り返し作品に取り入れる癖があるのだなあ―と、(若干否定的に)意識したのです。
 ついでに言えば、「八幡の藪知らず」とか「一寸だめし五分だめし」といった、乱歩お気に入りの慣用表現も、多くの作品で出くわします。

 挿絵に罪はないのですが、この挿絵を見ると、そんなことに連想が及びます。
江戸川乱歩全集第5巻05 吸血鬼.jpg

※「吸血鬼」より(挿絵:古沢岩美)

 物語が終盤に差しかかるころ―

 畑柳家で使用人の老人が殺害され、現場の情況から、女主人の倭文子に嫌疑がかけられます。錯乱状態にあった彼女も、てっきり自分がやったものと思い込み、捕まれば死刑―と、実に短絡的な覚悟を決めるのです。そこに、いまや彼女の恋人となった三谷青年が、窮余の一策を講じます。

 警察陣が捜査網を敷くなか、老人の葬儀がとり行われます。
 三谷の手筈で、あろうことかその遺体とすり替わり、倭文子は幼い息子の茂ともども、棺桶のなかに身を潜めます。
 荼毘に付すため、棺桶を乗せた霊柩車は火葬場に―
 計画では、途中で棺桶は三谷に引き渡され、母子は官憲の手の及ばぬところに逃げおおせる、という段取りでした。

 ところがどうも、その段取りに狂いが生じたらしい―
 倭文子は異変に気づくも、ときすでに遅し、母子を閉じ込めた棺桶はそのまま、火葬場の炉のなかへ。
 闇黒と静寂の密閉空間から逃れ出るすべはなく、灼熱地獄はすぐそこに迫る。不安と焦燥と恐怖に、倭文子は身を捩って嗚咽する。
 そのとき、幼な子の茂が母親に意外なおねだりを・・・

 焚き口に石炭が投ぜられる音、そして炎の点火する音が聞こえて来ます。
 やがて地獄の業火がふたりの身を焦がし始めたとき、倭文子の頭に閃いたものは・・・?

 挿絵は、以上の如く生きながら火葬に付された母子と、底知れぬ悪意を以てその惨劇を演出した「唇のない男」の姿を、二重写しに描いています。

 見てのとおりなのですが、仔細に眺めると、どうにも物理的にありえないと思われる箇所があります。
 一目瞭然なので、敢えてその箇所を指摘することはしませんが―

 古沢岩美画伯のデッサンが狂ったのでしょうか?
 あるいは、なにか含意があり、意図的にそうした構図を採ったのでしょうか?
 ちょっとした謎ですね。

 最後に―
 上ではぼかしましたが、棺桶のなかで幼な子が、母親におねだりしたのはオッパイです。
 空腹と喉の渇きと恐怖とがない交ぜになって、すでに乳離れして久しい子が、母親に乳をねだる―荒唐無稽な探偵活劇にあって、ここだけは妙に生々しいリアリティを醸す場面です。

 こういうところにも、江戸川乱歩の凄さが窺えると思うのですが、いかがでしょう?
posted by Pendako at 21:37| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする

2020年06月23日

『江戸川乱歩全集』第5巻より「吸血鬼」:乱歩と挿絵画家~その16

「吸血鬼」

 昭和5年(1930年)9月~翌年3月、『報知新聞夕刊』に連載された長篇。

 この作品に関しては「魔術師」とともに、「乱歩と挿絵画家~番外篇」のほうでくどくどと言及しました。おもに明智小五郎の探偵助手―文代さんと小林少年のふたりを巡る、学術的(呵々)考察です。
 まずは「番外篇」で記した作品の概略だけ次に引き写し、ここでは別の観点から眺めてみます。

 美貌の未亡人・畑柳倭文子(しづこ)とその幼な子をめぐる、陰惨で奇怪な事件の数々。陰で暗躍する唇のない骸骨男―別名・吸血鬼に立ち向かう、明智探偵の活躍を描く怪奇冒険譚。

 本篇中盤の山場をなす、国技館での追跡劇について、少しだけ詳しく。

 なお、作品名としての「吸血鬼」と、作中の、吸血鬼になぞらえられる怪人とがごっちゃにならぬよう、前者を「本篇」、後者を「唇のない男」と表記します。(この怪人を、「唇のない男」と記す頻度が、もっとも高いので)
 
 明智探偵が事件解明に乗り出すと、「唇のない男」はかえって挑発するように、明智の愛弟子であり恋人である、文代さんの誘拐を謀ります。
 明智からという偽の伝言で、文代さんは両国国技館におびき出されるのですが・・・
旧両国国技館(昭和10年代).jpg

※旧・両国国技館(昭和10年代)。傘の開いた形状から、「大鉄傘」の別称もありました。


 おりしも国技館では、菊人形大会が開催中。
 待ち受けていた男(実は「唇のない男」の変装)に導かれ、その菊花香る絢爛の迷路を進むうち、彼女は罠に落ちたことに気づきます。
 しかし、そこで怯む文代さんではありません。謀られたと見せかけて、敵を欺く算段さえします。
 相手の用意した麻酔薬を無害な水にすり替えたり、嘲弄しながら敵の手を掻い潜ったり、配電室に追いつめられるや、ある方法で自分の窮地を外部に知らせたり(壮大な救助信号を発するのです)、一体の菊人形と入れ替わって展示物の中に身を隠したり―と、「和製女ヴィドック」と称される才知を遺憾なく発揮して、危難をすり抜けるのです。
 そうこうしているうち、救助信号を察知した明智探偵、小林少年そして警察隊が国技館に踏み込みます。
 形勢不利を悟った「唇のない男」も、菊人形に紛れたり、鏡の錯覚を利用したりして巧みに逃れるのですが、館内に満ちた捜査陣に追い詰められます。
 ついに捕縛のときを迎えたか、と思われたものの―
「唇のない男」は逃げ場を、高所、高所へと求めるのです。
 傘の骨のような丸天井の梁へ、ドーム型の屋根の上へ、繋留綱を伝わって広告風船(アドバルーン)の腹へ―さらには綱を断ち切って、風船とともに無窮の蒼空へ・・・
 このスペクタクルな捕物劇に、地上の見物人は熱狂して、やんやの大喝采。
 文代さんは無事だったものの、賊は取り逃がしたうえ、明智探偵は負傷する―両者痛み分けの顛末です。
 
 この長い誘拐劇~逃走劇のなかで、注目したいのは菊人形です。

 江戸時代後期に、菊細工(動物や風景を菊花で表現したもの)や、生人形(いきにんぎょう 桐などの素材で、伝説・歴史上の人物、神仏、役者、花魁などの似姿を、等身大に模ったもの)、といった見世物が発祥しました。
 菊人形は、いわばこのふたつー顔や手足などは精巧な人形細工、衣裳は色とりどりの菊細工―の合体です。
 また幾体もの菊人形で、歌舞伎の名場面や時事的な出来事などを、舞台上で再現する見世物自体も、菊人形と称しました。

 江戸時代末から明治時代を通じて、菊人形の本場といえば本郷の団子坂で、東京の風物詩として大いに見物人を集めたそうです。
 当初は園芸師たちが腕を競い、披露する場との色合いが強かったようですが、のちに観覧客から木戸銭を取る興行となりました。
 
 明治42年(1909年)、本所の両国国技館で、電気仕掛けや電飾を施すなど、新奇な趣向を凝らした菊人形が話題になり、大盛況を博しました。これをきっかけに国技館での開催が、秋の恒例となりました。
 その影響で旧来の団子坂の菊人形は衰退する一方で、集客の見込める催事として、全国的に波及、定着していったようです。

 戦時中を除き大正~昭和を通じて、秋になると菊人形は各地で盛んに開催されたそうですが、私自身の記憶として印象に残るものはほとんどありません。
 小学生のころ、家族で犬山市のモンキーパークや犬山城を見に行ったときに、菊人形をやっていたような気はします。怪獣ブームの最中だったか、怪獣の菊人形もあったと、おぼろげに覚えている程度。
 そこかしこの遊園地などで、秋になると添え物のような感じで菊人形が飾ってあるのは何度か見かけましたが。

 斧琴菊(よきこときく)のめでたい判じ物を凄惨な連続殺人にあしらった、横溝正史原作の映画、「犬神家の一族」( 市川崑監督 角川映画 1976年)では、湖の逆さ死体やゴムマスクの佐清登場と並んでショッキングな場面、菊人形の生首すげ替えも印象深かったですね。

 近年では、定期的に開催される大掛かりな菊人形は、全国でも数ヶ所ほどしかないようです。 
団子坂の菊人形~「新撰東京名所図會」(明治40年)よりI.jpg

※こちらは明治40年頃、団子坂の菊人形の賑わい。~「新撰東京名所図會」より

 本篇連載中、実際に両国国技館で、日露戦役二十五周年記念の菊花大会が開催されていたそうです。
 おそらく乱歩のことですから、自身ワクワクしながらこれを観覧し、さっそくその模様を作中に取り入れたのでしょう。
 国技館内部の菊人形展示の様子を、それこそ「見てきたよう」に―しかしながら緊迫した追跡劇の繰り広げられる最中に、どこかしら暢気な筆致で―活写しているのです。

「行く程に、菊人形の舞台は、一つ毎に大がかりになって行った。
 丹塗の高欄美々しく、見上げるばかりの五重の塔が聳えている。数十丈の懸崖を落る、人工の滝つ瀬、張りボテの大山脈、薄暗い杉並木、竹藪、大きな池、深い谷底、そこに天然の如く生茂る青葉、香る菊花、そして、無数の生人形だ。
 あの大鉄傘の中を、或は昇り、或は下り、紆余曲折する迷路、ある箇所は、八幡の藪不知みたいな、真暗な木立になって、鏡仕掛けで隠顕する、幽霊まで拵えてある。
 明治の昔、流行した、パノラマ館、ジオラマ館、メーズ、さては数年前滅亡した、浅草の十二階などと同じ、追想的な懐かしさ、いかもので、ゴタゴタして、隅々に何かしら、ギョッとする秘密が隠されていそうな、あの不思議な魅力を、現代の東京に求めるならば、恐らくこの国技館の菊人形であろう」

 乱歩趣味のひとつに、〔ユートピア願望〕というのがあります。
 通常、ユートピアは理想郷という意味になるのでしょうが、ここでいうユートピアは人工の楽園―まあ、いまで言えばTDLやUSJのようなテーマパークに近い概念でしょう。
 ある人物が自分の夢想や芸術心を、人工の楽園という形で具現化しようとする、そんなモチーフを好んで取り上げています。作品でいえば「パノラマ島綺譚」「蜘蛛男」「地獄風景」「大暗室」「影男」など。

 本篇では、現実にあった菊人形を作中に取り入れただけなので、登場人物(≒乱歩)の夢想や妄想が反映されたものではありません。
 しかしその情景描写は、例えば「パノラマ島綺譚」で、主人公・人見広介がかりそめの妻・千代子をいざない、完成したばかりの人工の楽園を巡っていくくだりのそれと変わらず、乱歩の、ある種の熱情を感ぜずにはいられません。

 引用文に「あの不思議な魅力を、現代の東京に求めるならば、恐らくこの国技館の菊人形であろう」とあるとおり、現実世界で乱歩の〔ユートピア願望〕を満たしてくれるのが、国技館の菊人形だったのでしょう。

 ―と、前置きが長くなりました。肝心の挿絵に関するコメントは次回に。
posted by Pendako at 10:23| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

消えた文代さん:乱歩と挿絵画家~番外篇その7

(承前)

 前回の記事で、

  文代さんと小林少年は同一人物である。

との仮説を立てることにより、「小林少年の謎」が解けるだけでなく、ほかにも散見される「不自然な点、不可解な事象」を理解することができると述べました。
 そのうちのいくつかは、すでにこれまでの記事である程度言及してもいるのですが、重複厭わず総まとめ的に説明してみます。

 「不自然な点、不可解な事象」を列挙し、上の仮説にしたがえばそれぞれがどのように理解できるかを記述します。

a) 明智探偵の変心
 「魔術師」(『講談倶楽部』昭和5年1月~12月)の冒頭、明智探偵は骨休み休暇で逗留するS湖畔の温泉宿で、玉村妙子と懇意となり、やがて相互に思いを寄せ始めます。
 ところが玉村家の事件に関わるうち、明智の心は彼女から離れ、厭うようにまでなります。(入れ替わるようにして、文代さんが明智の心を捉えはじめます)
 このあたりの心理的な綾が、作品の中で十分に描ききれていません。なぜ明智が彼女を厭うようになるのか理由が分らず、読んでいるうちは明智の身勝手さばかりが目立つような展開になるのです。

⇒もしこれが当初の構想(明智探偵が思いを寄せる対象が玉村進一少年であり奥村芳雄少年である、という設定)に基づいて執筆されていたなら、もう少し納得のいく展開になったでしょう。
 進一少年を可愛がりながら、次に出会った芳雄少年をも可愛がる―物語の終盤までそんな関係性で進んでも問題ありません。(かえって進一少年の正体が暴かれたときの意外性は、より効果的なものになるでしょう)
 なぜなら、年少者二人に、同時に目を掛けることは、ことさら倫理に反したことではないからです。
 ところが実際には進一少年は妙子に、芳雄少年は文代に取って代えて執筆されています。
 明智探偵が、初めに出会った妙子に思いを寄せ、次に出会った文代にもまた等しく思いを寄せる―というわけにはいきません。名探偵が二股かけた恋愛をすることなど、許されないのです。
 明智探偵が文代と出会ってからは、妙子への思いが醒めていき、やがて厭うようになる―そんな過程を描かざるを得ませんでした。
 構想の改変は急な思い付きでした。したがって、その過程の描写は拙速なものになってしまい、不自然さが目立つことになった・・・そう推測します。


b) 影の薄い進一少年
 「魔術師」には、妙子が弟のように可愛がる、進一という孤児の少年が登場します。
 あえて登場させたからには、物語の本筋に何らか関与してきそうな設定ですが、表舞台では目立った言動もなく、印象の薄い没個性的な少年です。
 終盤になって事件に関わる重大人物であることが判明しますが、それを納得せしめるだけの周到な伏線がないように思われます。
 「ああ、そういうことだったのか」という納得感よりも、「え?そんなのあり?」という強引さが際立つ設定になっています。

続きを読む
posted by Pendako at 11:22| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

明智探偵のアリバイ工作:乱歩と挿絵画家~番外篇その6

(承前)

 乱歩はなぜ、「魔術師」の構想段階と実際の執筆段階とで、登場人物の入れ替え―「玉村進一」を「玉村妙子」に、「芳雄少年」を「文代さん」に―を行ったのか?

魔術師より.jpg

※会津久三・画「魔術師」イメージ
 ~「少年マガジン大図解VOL.3」(講談社 1992年)より


 結論めいたことから先に書いてしまうと、作品の発表舞台が大きく作用したのではないでしょうか。

 ここで昭和4年(1929年)から翌5年にかけての乱歩の執筆状況を、年譜形式でまとめてみましょう。(ただし検証に必要と思われる長篇のみ挙げています。この時期、これらの他に作品はいくつもあることはご承知おきください)

 昭和4年(1929年)
  1月 「孤島の鬼」を『朝日』に連載(~翌年2月)
  8月 「蜘蛛男」♠を『講談倶楽部』に連載(~翌年6月)

 昭和5年(1930年)
  1月 「猟奇の果」♠ を『文藝倶楽部』に連載(~同年12月)
  7月 「魔術師」♠♡ を『講談倶楽部』に連載(~翌年6月)
  9月 「黄金仮面」♠ を『キング』に連載(~翌年10月)
     「吸血鬼」♠♡♣ を『報知新聞夕刊』に連載(~翌年3月)

 なお、作品名のうしろに付した記号で、♠は明智小五郎、♡は文代さん、♣は小林少年が登場することを示します
 また、緑色の太字は博文館の発行する雑誌、茶色の太字は大日本雄瓣會講談社の発行する雑誌であることを示します。

 昭和5年1月から「猟奇の果」の連載が始まり、入れ替わるように2月に「孤島の鬼」が完結、「蜘蛛男」もまた好評のうちに佳境に入ろうとしていました。
 『講談倶楽部』誌上における「蜘蛛男」の次回作、「魔術師」の構想(※)はほぼ固まり、あとは「蜘蛛男」の勢いそのままに、第1回の原稿を書き始めるばかりでした。
 (※)構想段階でのあらすじは、前回の記事「小林少年と文代さん:乱歩と挿絵画家~番外篇その5」で、多分に私の想像を交えて記したとおりです。

 しかし「蜘蛛男」の尻上がりの好調ぶりが、かえって乱歩にある懸念を投げかけることになりました。

 「孤島の鬼」の掲載誌『朝日』は、博文館の雑誌です。
 「魔術師」に先んじて、この年の1月から始まった「猟奇の果」の掲載誌、『文藝倶楽部』もまた博文館の雑誌。

 博文館は江戸川乱歩が作家デビュー以来、数々の傑作をものにした発表舞台、『新青年』の発行元としても有名です。

 博文館には乱歩馴染みの編集者も多く(乱歩を世に送り出した森下雨村、盟友・横溝正史など)、云わば彼のホームグラウンド―彼のわがままが通用する出版社でもありました。

 乱歩の探偵小説家としての特異性は、ここの編集者も読者も了解しており、乱歩趣味(※)の色濃く出た作品であっても、許容される素地がありました。
 したがって『新青年』に発表された「パノラマ島奇譚」、「陰獣」、「押絵と旅する男」などは、乱歩の資質が闊達に花開いた傑作と成り得たのです。
 (※)乱歩趣味・・・小説作品に反映される江戸川乱歩の趣味嗜好。乱歩作品を読み解くキーワードとして、野村宏平「乱歩ワールド大全」(洋泉社 2015年初版)に挙げられた変身願望、隠れ蓑願望と厭人病、胎内願望、覗き趣味、レンズ嗜好、浅草趣味、見世物趣味、ユートピア願望、人形愛、性的倒錯、残虐嗜好、探偵小説趣味、怪奇趣味、自己愛―これらを、勝手に私が「乱歩趣味」と総称して使わせていただいています。

 『新青年』の兄弟誌『朝日』でも同様でした。
 「孤島の鬼」の前半は理知の勝った本格探偵小説、後半は乱歩趣味が遺憾なく発揮された変格探偵小説―両者が見事に融合した大傑作となりました。
 乱歩はここで、フリークス、ボデイモディフィケーション、ボーイズラブなど、一般の読者なら顔を顰めそうな題材も、自在に散りばめることができたのです。
続きを読む
posted by Pendako at 15:18| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

小林少年と文代さん:乱歩と挿絵画家~番外篇その5

(承前)

 いったいいつ、

 文代さんと小林少年は同一人物である。

とする仮説の検証に辿り着くのだ?

 まことに心もとない思いですが、ガチガチの学術論文を目指しているわけではありません。気の向くまま、あちこちと寄り道しながら進めております。
 悪しからず。

 前回、「「孤島の鬼」の同性愛趣味:乱歩と挿絵画家~番外篇その4」で私は―
 「孤島の鬼」では思うさまに同性愛を描き切れなかった乱歩は、次に連載を予定していた「魔術師」で、明智探偵の助手として凛々しい少年を作中に配し、物語を通じてこの師弟の交流を細やかに描くことを思いつき、その構想段階で、「林檎の頬をした可愛らしく、リスのようにすばしこい」小林少年の人物像を作り上げていった・・・

というようなことを書きました。

 もちろんこれは私の単なる想像―ですらなく、空想もしくは妄想のような話です。
 ですが、これを読んでいただく方に「もしかしたら、そんなこともあり得たかも知れない」と思っていただければ本望ですので、あとを続けていきましょう。

 さて「魔術師」は、昭和5年(1930年)7月から翌年6月まで、『講談倶楽部』に連載された長篇探偵小説です。
魔術師(岩田専太郎挿絵)01.jpg

※岩田専太郎挿絵(「魔術師」より)

 昭和4年8月から同誌に連載されていた「蜘蛛男」の評判は上々で、編集部の意向としては後を引き継ぐ新連載も、乱歩作品でいく―というのは、早い段階から決まっていたものと思われます。
 それを請けた乱歩が、「魔術師」の構想にかける時間は十分にあったわけです。

 その構想と言うのが―

 大宝石商・玉村家を舞台に繰り広げられる、魔術師と呼ばれる怪賊の、残虐非道な復讐劇。
 密室殺人やバラバラ殺人、復讐の動機となる過去の因縁、複雑な人物相関の謎などに、名探偵明智小五郎が挑む波乱万丈の冒険活劇。

 こうした主筋に肉付けをし、登場人物を配置します。

  ①大宝石商・玉村家の関係者(被害者側)
  ②魔術師一味(加害者側)
  ③明智小五郎(探偵)

 乱歩は作中に大きな仕掛けを施すため、ふたりの少年を登場させることにしました。
 ①のほうに「進一」という少年、②のほうには「芳雄」という少年を、重要な役どころで置いたのです。
 なお、「芳雄」というのは便宜的に、私が勝手に命名したものですので誤解なきよう―

 (これ以降は、「魔術師」の読みどころや事件の真相を予見しうる記述を含みますので、未読の方はご注意ください)

 乱歩の、構想段階における「魔術師」のあらましは次のようなものでした。
 本論とあまり関わりのない登場人物や事象などについては、ややこしくなるので極力省きながら記してみます。

 明智探偵は、「蜘蛛男」事件解決後、骨休みにとある温泉宿に逗留します。
 そこで彼は同宿の玉村進一少年―大宝石商・玉村家の子息と懇意になります。
 明智は少年の才気煥発ぶりにほれ込み、自分の最良の探偵助手となりうる資質を少年のなかに見出します。
 ところが東京の玉村家で異変が起こり、進一少年は帰京します。
 意気投合した少年との別れに、明智は落胆します。
 しかし玉村家の異変とは、魔術師と名乗る怪賊から届いた、復讐の予告めいた通知でした。
 その内容から玉村家では、高名な名探偵明智小五郎に助力を頼むという成り行きになります。
 これを請けた明智は、まるで恋人と再会するような気持ちで、玉村家に赴くのですが・・・

 先手を打ったのは魔術師―
 明智探偵はあえなく、一味に拉致されてしまいます。
 その明智の窮地を救ったのが、芳雄少年でした。
 は魔術師の子であり、ふだんは一味の表向きの姿―奇術の興行一座で、様々な演目の助手を務めているのですが、父親の悪行にも感づいており、心を痛めています。
 正義の人、明智探偵に憧れてもいたのです。
 そんな芳雄少年の助けがあって、明智探偵は監禁された賊の船から脱出したものの―
 暴風雨のなかで生死不明の行方知れずとなってしまいます。

 明智不在のさなか、玉村家ではついに魔術師の復讐劇の幕が切って落とされました。
続きを読む
posted by Pendako at 11:21| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする
タグクラウド