2019年07月08日

消えた文代さん:乱歩と挿絵画家~番外篇その7

(承前)

 前回の記事で、

  文代さんと小林少年は同一人物である。

との仮説を立てることにより、「小林少年の謎」が解けるだけでなく、ほかにも散見される「不自然な点、不可解な事象」を理解することができると述べました。
 そのうちのいくつかは、すでにこれまでの記事である程度言及してもいるのですが、重複厭わず総まとめ的に説明してみます。

 「不自然な点、不可解な事象」を列挙し、上の仮説にしたがえばそれぞれがどのように理解できるかを記述します。

a) 明智探偵の変心
 「魔術師」(『講談倶楽部』昭和5年1月~12月)の冒頭、明智探偵は骨休み休暇で逗留するS湖畔の温泉宿で、玉村妙子と懇意となり、やがて相互に思いを寄せ始めます。
 ところが玉村家の事件に関わるうち、明智の心は彼女から離れ、厭うようにまでなります。(入れ替わるようにして、文代さんが明智の心を捉えはじめます)
 このあたりの心理的な綾が、作品の中で十分に描ききれていません。なぜ明智が彼女を厭うようになるのか理由が分らず、読んでいるうちは明智の身勝手さばかりが目立つような展開になるのです。

⇒もしこれが当初の構想(明智探偵が思いを寄せる対象が玉村進一少年であり奥村芳雄少年である、という設定)に基づいて執筆されていたなら、もう少し納得のいく展開になったでしょう。
 進一少年を可愛がりながら、次に出会った芳雄少年をも可愛がる―物語の終盤までそんな関係性で進んでも問題ありません。(かえって進一少年の正体が暴かれたときの意外性は、より効果的なものになるでしょう)
 なぜなら、年少者二人に、同時に目を掛けることは、ことさら倫理に反したことではないからです。
 ところが実際には進一少年は妙子に、芳雄少年は文代に取って代えて執筆されています。
 明智探偵が、初めに出会った妙子に思いを寄せ、次に出会った文代にもまた等しく思いを寄せる―というわけにはいきません。名探偵が二股かけた恋愛をすることなど、許されないのです。
 明智探偵が文代と出会ってからは、妙子への思いが醒めていき、やがて厭うようになる―そんな過程を描かざるを得ませんでした。
 構想の改変は急な思い付きでした。したがって、その過程の描写は拙速なものになってしまい、不自然さが目立つことになった・・・そう推測します。


b) 影の薄い進一少年
 「魔術師」には、妙子が弟のように可愛がる、進一という孤児の少年が登場します。
 あえて登場させたからには、物語の本筋に何らか関与してきそうな設定ですが、表舞台では目立った言動もなく、印象の薄い没個性的な少年です。
 終盤になって事件に関わる重大人物であることが判明しますが、それを納得せしめるだけの周到な伏線がないように思われます。
 「ああ、そういうことだったのか」という納得感よりも、「え?そんなのあり?」という強引さが際立つ設定になっています。

続きを読む
posted by Pendako at 11:22| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

明智探偵のアリバイ工作:乱歩と挿絵画家~番外篇その6

(承前)

 乱歩はなぜ、「魔術師」の構想段階と実際の執筆段階とで、登場人物の入れ替え―「玉村進一」を「玉村妙子」に、「芳雄少年」を「文代さん」に―を行ったのか?

魔術師より.jpg

※会津久三・画「魔術師」イメージ
 ~「少年マガジン大図解VOL.3」(講談社 1992年)より


 結論めいたことから先に書いてしまうと、作品の発表舞台が大きく作用したのではないでしょうか。

 ここで昭和4年(1929年)から翌5年にかけての乱歩の執筆状況を、年譜形式でまとめてみましょう。(ただし検証に必要と思われる長篇のみ挙げています。この時期、これらの他に作品はいくつもあることはご承知おきください)

 昭和4年(1929年)
  1月 「孤島の鬼」を『朝日』に連載(~翌年2月)
  8月 「蜘蛛男」♠を『講談倶楽部』に連載(~翌年6月)

 昭和5年(1930年)
  1月 「猟奇の果」♠ を『文藝倶楽部』に連載(~同年12月)
  7月 「魔術師」♠♡ を『講談倶楽部』に連載(~翌年6月)
  9月 「黄金仮面」♠ を『キング』に連載(~翌年10月)
     「吸血鬼」♠♡♣ を『報知新聞夕刊』に連載(~翌年3月)

 なお、作品名のうしろに付した記号で、♠は明智小五郎、♡は文代さん、♣は小林少年が登場することを示します
 また、緑色の太字は博文館の発行する雑誌、茶色の太字は大日本雄瓣會講談社の発行する雑誌であることを示します。

 昭和5年1月から「猟奇の果」の連載が始まり、入れ替わるように2月に「孤島の鬼」が完結、「蜘蛛男」もまた好評のうちに佳境に入ろうとしていました。
 『講談倶楽部』誌上における「蜘蛛男」の次回作、「魔術師」の構想(※)はほぼ固まり、あとは「蜘蛛男」の勢いそのままに、第1回の原稿を書き始めるばかりでした。
 (※)構想段階でのあらすじは、前回の記事「小林少年と文代さん:乱歩と挿絵画家~番外篇その5」で、多分に私の想像を交えて記したとおりです。

 しかし「蜘蛛男」の尻上がりの好調ぶりが、かえって乱歩にある懸念を投げかけることになりました。

 「孤島の鬼」の掲載誌『朝日』は、博文館の雑誌です。
 「魔術師」に先んじて、この年の1月から始まった「猟奇の果」の掲載誌、『文藝倶楽部』もまた博文館の雑誌。

 博文館は江戸川乱歩が作家デビュー以来、数々の傑作をものにした発表舞台、『新青年』の発行元としても有名です。

 博文館には乱歩馴染みの編集者も多く(乱歩を世に送り出した森下雨村、盟友・横溝正史など)、云わば彼のホームグラウンド―彼のわがままが通用する出版社でもありました。

 乱歩の探偵小説家としての特異性は、ここの編集者も読者も了解しており、乱歩趣味(※)の色濃く出た作品であっても、許容される素地がありました。
 したがって『新青年』に発表された「パノラマ島奇譚」、「陰獣」、「押絵と旅する男」などは、乱歩の資質が闊達に花開いた傑作と成り得たのです。
 (※)乱歩趣味・・・小説作品に反映される江戸川乱歩の趣味嗜好。乱歩作品を読み解くキーワードとして、野村宏平「乱歩ワールド大全」(洋泉社 2015年初版)に挙げられた変身願望、隠れ蓑願望と厭人病、胎内願望、覗き趣味、レンズ嗜好、浅草趣味、見世物趣味、ユートピア願望、人形愛、性的倒錯、残虐嗜好、探偵小説趣味、怪奇趣味、自己愛―これらを、勝手に私が「乱歩趣味」と総称して使わせていただいています。

 『新青年』の兄弟誌『朝日』でも同様でした。
 「孤島の鬼」の前半は理知の勝った本格探偵小説、後半は乱歩趣味が遺憾なく発揮された変格探偵小説―両者が見事に融合した大傑作となりました。
 乱歩はここで、フリークス、ボデイモディフィケーション、ボーイズラブなど、一般の読者なら顔を顰めそうな題材も、自在に散りばめることができたのです。
続きを読む
posted by Pendako at 15:18| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

小林少年と文代さん:乱歩と挿絵画家~番外篇その5

(承前)

 いったいいつ、

 文代さんと小林少年は同一人物である。

とする仮説の検証に辿り着くのだ?

 まことに心もとない思いですが、ガチガチの学術論文を目指しているわけではありません。気の向くまま、あちこちと寄り道しながら進めております。
 悪しからず。

 前回、「「孤島の鬼」の同性愛趣味:乱歩と挿絵画家~番外篇その4」で私は―
 「孤島の鬼」では思うさまに同性愛を描き切れなかった乱歩は、次に連載を予定していた「魔術師」で、明智探偵の助手として凛々しい少年を作中に配し、物語を通じてこの師弟の交流を細やかに描くことを思いつき、その構想段階で、「林檎の頬をした可愛らしく、リスのようにすばしこい」小林少年の人物像を作り上げていった・・・

というようなことを書きました。

 もちろんこれは私の単なる想像―ですらなく、空想もしくは妄想のような話です。
 ですが、これを読んでいただく方に「もしかしたら、そんなこともあり得たかも知れない」と思っていただければ本望ですので、あとを続けていきましょう。

 さて「魔術師」は、昭和5年(1930年)7月から翌年6月まで、『講談倶楽部』に連載された長篇探偵小説です。
魔術師(岩田専太郎挿絵)01.jpg

※岩田専太郎挿絵(「魔術師」より)

 昭和4年8月から同誌に連載されていた「蜘蛛男」の評判は上々で、編集部の意向としては後を引き継ぐ新連載も、乱歩作品でいく―というのは、早い段階から決まっていたものと思われます。
 それを請けた乱歩が、「魔術師」の構想にかける時間は十分にあったわけです。

 その構想と言うのが―

 大宝石商・玉村家を舞台に繰り広げられる、魔術師と呼ばれる怪賊の、残虐非道な復讐劇。
 密室殺人やバラバラ殺人、復讐の動機となる過去の因縁、複雑な人物相関の謎などに、名探偵明智小五郎が挑む波乱万丈の冒険活劇。

 こうした主筋に肉付けをし、登場人物を配置します。

  ①大宝石商・玉村家の関係者(被害者側)
  ②魔術師一味(加害者側)
  ③明智小五郎(探偵)

 乱歩は作中に大きな仕掛けを施すため、ふたりの少年を登場させることにしました。
 ①のほうに「進一」という少年、②のほうには「芳雄」という少年を、重要な役どころで置いたのです。
 なお、「芳雄」というのは便宜的に、私が勝手に命名したものですので誤解なきよう―

 (これ以降は、「魔術師」の読みどころや事件の真相を予見しうる記述を含みますので、未読の方はご注意ください)

 乱歩の、構想段階における「魔術師」のあらましは次のようなものでした。
 本論とあまり関わりのない登場人物や事象などについては、ややこしくなるので極力省きながら記してみます。

 明智探偵は、「蜘蛛男」事件解決後、骨休みにとある温泉宿に逗留します。
 そこで彼は同宿の玉村進一少年―大宝石商・玉村家の子息と懇意になります。
 明智は少年の才気煥発ぶりにほれ込み、自分の最良の探偵助手となりうる資質を少年のなかに見出します。
 ところが東京の玉村家で異変が起こり、進一少年は帰京します。
 意気投合した少年との別れに、明智は落胆します。
 しかし玉村家の異変とは、魔術師と名乗る怪賊から届いた、復讐の予告めいた通知でした。
 その内容から玉村家では、高名な名探偵明智小五郎に助力を頼むという成り行きになります。
 これを請けた明智は、まるで恋人と再会するような気持ちで、玉村家に赴くのですが・・・

 先手を打ったのは魔術師―
 明智探偵はあえなく、一味に拉致されてしまいます。
 その明智の窮地を救ったのが、芳雄少年でした。
 は魔術師の子であり、ふだんは一味の表向きの姿―奇術の興行一座で、様々な演目の助手を務めているのですが、父親の悪行にも感づいており、心を痛めています。
 正義の人、明智探偵に憧れてもいたのです。
 そんな芳雄少年の助けがあって、明智探偵は監禁された賊の船から脱出したものの―
 暴風雨のなかで生死不明の行方知れずとなってしまいます。

 明智不在のさなか、玉村家ではついに魔術師の復讐劇の幕が切って落とされました。
続きを読む
posted by Pendako at 11:21| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

「孤島の鬼」の同性愛趣味:乱歩と挿絵画家~番外篇その4

(承前)

 「孤島の鬼」は昭和4年(1929年)1月から翌年2月まで、博文館の月刊雑誌『朝日』に連載された長篇です。
 以前の記事でも、この傑作長篇に少し触れていますので、併せてご覧ください(『江戸川乱歩全集』第3巻より「孤島の鬼」「蜘蛛男」
創元推理文庫版「孤島の鬼」.jpg

※画像は創元推理文庫版の「孤島の鬼」

 その中に、乱歩の同性愛的趣向が表出した場面があります。
 そもそも作品全体が、ハイテンションな筆致で綴られているのですが、この場面は特に、異様な熱気を孕んだ描写になっています。(もちろんあからさまな描写はありませんので、ご安心を―)

 主人公の私(蓑浦)と、彼を学生の頃から恋慕する友人・諸戸―

 物語の終盤近く、「南海の一孤島」に乗り込んだふたりは、悪賊の奸計で洞窟に閉じ込められてしまいます。
孤島の鬼(竹中英太郎挿絵)08.jpg

※竹中英太郎挿絵(「孤島の鬼」より)

 生死を分ける極限的な状況の中で、諸戸は積年の恋慕の情を、蓑浦に打ち明けずにはいられなくなります。そして―
 
「蓑浦君、地上の世界の習慣を忘れ、地上の羞恥を捨てて、今こそ、僕の願いを容れて、僕の愛を受けて」

 ―と狂乱したように懇願するのです。
孤島の鬼(竹中英太郎挿絵)10.jpg

※竹中英太郎挿絵(「孤島の鬼」より)

 しかし諸戸の思いのたけが報われることはありません。
 
私は彼の願いの余りのいまわしさに、答えるすべを知らなかった。・・・私は恋愛の対象として、若き女性以外のものを考えると、ゾッと総毛立つような、なんともいえぬ嫌悪を感じた

 ―と蓑浦は、激しく拒絶するのです。

 生か死か、そして愛と憎―

 この二重の葛藤渦巻く死地を、ふたりはなんとか切り抜け、やがて物語は大団円を迎えます。
 蓑浦はこの事件を通じ、まるで引き寄せられようにして、ある女性と結ばれます。

 その一方で失意の諸戸は、故郷の父母のもとに帰って行くのですが、ほどなくして彼が病没したとの知らせが、蓑浦のもとに届きます。
 「孤島の鬼」は、諸戸の父親が蓑浦に宛てた、その手紙の文面で締めくくられます。
 
道雄は最後の息を引取る間際まで、父の名も母の名も呼ばず、ただあなた様の手紙を抱きしめ、あなた様のお名前のみ呼び続け申候

 乱歩は自作解説の中で、
「この小説に同性愛が取り入れてあるのは、そのころ、岩田準一君という友人と、熱心に同性愛の文献あさりをやっていたので、ついそれが小説に投影したのであろう」
 と記していますが、それは表向きの言い訳に過ぎず、むしろ前回述べたような、同性愛への憧憬のようなものを、作品の中で表現せずにいられなかったのではないでしょうか。
 「ついそれが・・・」などではなく、確信犯的にそうした関係性や場面を、作中に盛り込んだように思われます。

 しかし「孤島の鬼」では、同性愛は成就することの叶わぬもの、という形で完結しました。

 それは悲劇的な成り行きで終わる物語のほうが、読者の心を揺さぶる―という、物語作者としての計算も働いたのでしょうが、そういう形でしか執筆し得ない事情があった―とも言えます。

 つまり当時の風潮として、同性愛を肯定したり称揚したりするような物語は、社会に受け入れられない、という事情のほうが、大きく作用したのではないかと思われるのです。

 「孤島の鬼」が連載された昭和4年頃は、ちょうど大衆文化-文芸、舞台・演劇、流行歌、風俗、遊興など―において、エロ・グロ・ナンセンスの時代と呼ばれる社会現象が起こった時期です。(エロ・グロ・ナンセンスの時代については、以前の記事(『江戸川乱歩全集』第4巻より「盲獣」)で少し触れました。

 その中心に猟奇耽異の徒、江戸川乱歩がいたわけですが、これらはまだ、官憲に睨まれつつも法治下で広まった現象です。

 しかしその裏側では、明治期以降抑圧されてきた男色が密かに復活し、秘密クラブやゲイバーのような場所で、男娼が客を引くことが蔓延り始めた、とも言われています。
 男色は、法的にも倫理的にも反社会的な、忌むべき行為だったのです。
 
 ですから乱歩が、「孤島の鬼」で同性愛を描くにしても、そうした否定的な風潮に沿った―乱歩にとっては不本意な―形で描かざるを得なかったのだ、と推測されます。

 そこで乱歩は―

 「孤島の鬼」では、無念にも成就させることができなかった同性愛のありさまを、別の形で心行くまで描いてみたい―

 意識的にか、無自覚にか、そう希求するようになったのではないでしょうか?

 「そうだ!」と乱歩の脳裏に、閃いたものがあります。「すでに読者にはお馴染みとなった明智探偵の物語に、新たなレギュラーを加えたらどうだろう」

 明智探偵に年少の探偵助手を配する。ふたりは師弟の絆強く、深い情愛で結ばれている。
 これなら外見上、まったく自然な関係性だ。ふたりの交流をどんなに細やかに描こうと、あらぬ疑いをかけられるおそれはない。
 
 いつしか乱歩の中には、「林檎の頬をした可愛らしく、リスのようにすばしこい」小林少年のイメージが、出来上がっていたのでしょう。
 次の作品あたりからこの少年を、明智探偵の訓導のもと、凛々しく活躍させてみよう―と。

 『朝日』で「孤島の鬼」の連載が終了し、難航した『文藝倶楽部』の「猟奇の果」も完結の目途が立ち、『講談倶楽部』ではそろそろ「蜘蛛男」の次回作を用意しなければなりません。
 乱歩は、その次回作である「魔術師」の構想を、おそらく「蜘蛛男」の連載が終盤に差しかかった、昭和5年(1930年)の春ごろから練り始めたものと思われます。

 彼はその構想段階で、明智探偵の愛弟子となる小林少年の人物像―その生立ち、来歴、境遇、そして「魔術師」のなかでの役割など―を念入りに設定しました。

(次回に続く)
posted by Pendako at 09:52| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

「乱歩打明け話」から:乱歩と挿絵画家~番外篇その3

(承前)
 いつもの癖で、まずは少し寄り道を―

 江戸川乱歩の随筆に、「乱歩打明け話」というのがあります。

 その随筆に、中学生の頃の彼は「ええ子、ええ子」(美少年の意味)と皆に囃し立てられる、稚児さん的存在だったと記しています。
 あるとき彼は、優等生で武道にも秀でた、これまた美少年の同級生から付け文をもらい、恋愛めいた(もちろんプラトニックな)交際が始まった・・・というような、ちょっと気恥ずかしい体験談を懐かしげに書いているのです。

平井太郎(中学卒業時).jpg

※平井太郎(江戸川乱歩) 愛知県立第五中学校(現・瑞陵高校)卒業アルバムより


 この頃の写真で見る限り、端正で利発そうな顔立ちですが、現代の感覚でいう美少年のイメージからは、若干外れているような気がしますが・・・(大正から昭和初期にかけて活躍した画家、高畠華宵の描く美少年はこんな感じかな)

 次も乱歩の、別の随筆に因んだ話。

 乱歩は作家になる前に、三重県鳥羽に住んでいたことがあります。
 大正6年(1917年)の暮れごろから1年余り、鳥羽造船所の庶務係に籍を置いていたのです。

 この時期に彼は、坂手島で小学校の教員をしていた、村山隆(りゅう)という女性と懇意となります。のちの乱歩夫人です。
 さらにもうひとり、彼はここである重要な人物と知己を得ることになりました。
 彼より七、八歳ほど年下の、画家志望の青年―

 乱歩が造船所を退職して上京すると、その交友も途切れてしまうのですが、何年かのち作家となった乱歩のもとをこの青年が訪ね、旧交を温めることになりました。
 大正14年(1925年)頃のことです。
 そのときに初めて、お互いに共通の趣味があることが分り、以前に増して親密となりました。ふたりは各地に出向いては、その趣味の文献の渉猟を始めるのです。

 この青年というのが、岩田準一。

 明治33年(1900年)、三重県志摩郡鳥羽町(現・鳥羽市)に生れ、竹久夢二に師事して画家となるも、より精根傾けたのが民俗学の研究。
 柳田國男主宰の『郷土研究』に寄稿したり、南方熊楠と書簡のやり取りしながら、その研究の精華ともいうべき書、「本朝男色考」および「男色文献書志」を著しました。
 しかし昭和20年(1945年)、その業績が正当に評価されないまま、空襲下の東京で病没しています。享年45歳でした。

 乱歩作品の挿絵も何点か描いています。

パノラマ島奇譚(岩田準一挿絵)03.jpg

※岩田準一挿絵(「パノラマ島奇譚」より)

 余談ながら、彼の生家は現在、鳥羽みなとまち文学館(江戸川乱歩館)となって、彼自身の絵画や研究資料、交流のあった乱歩や夢二との書簡などが展示されています。

鳥羽みなとまち文学館(江戸川乱歩館).jpg

 ※鳥羽みなとまち文学館
http://rampomuseum.com/minatomachi/


 私は昨年の春、鳥羽まで出かけながら、ちょうどこの文学館の休館日という不運に巡り合わせ、残念な思いをしました。

 それはともかく、江戸川乱歩と岩田準一の共通の趣味というのが―

 薄々お分かりかと思いますが、男色文献の蒐集というわけです。
 ふたりで東京、名古屋、京都などの古書店を巡っては、この類の文献を買い漁ったり、つれづれに「衆道歌仙」と題した連句を吟じたり―と、同好の士として深い交流を結んだのです。
 乱歩は年下の準一を、男色文献研究の師と仰いでいました。

 「同性愛文学史―岩田準一君の思い出」という随筆に、乱歩はこの頃のことを、懐かしげに綴っているのです。

 ちなみに乱歩の著作ではないですが、このふたりの交流を描いた小説作品が近年になって登場しました。
 「二青年図―乱歩と岩田準一」(新潮社 2001年刊)がそれで、著者は準一の孫娘の、岩田準子という方。
 私は未読なのでなんとも言えないのですが、このふたりが同性愛の間柄だった―というような設定らしく、それはどうかなあと思うところがあります。

続きを読む
posted by Pendako at 09:46| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする
タグクラウド