2019年03月11日

映画「さびしんぼう」をめぐる、よしなしごと

 先日、大林宣彦監督の映画「さびしんぼう」について、2回に亘りブログ記事を投稿しました。

  120字の映画館No.17~大林宣彦その2 「さびしんぼう」

  120字の映画館No.18~大林宣彦その2 「さびしんぼう」(続き)

 言いたいことはそれでほぼ尽きたのですが、これらをまとめるなかで、端折ったことがらもいくつかあります。

 駄文ながらこのまま埋もれさせるのも忍びない―そんな気がして、今回はそんなよしなしごとを、だらだらと書き留めていきたいと思います。(なお同じ監督の、「転校生」(1982年)に関する言及も含まれます)

  120字の映画館No.15~大林宣彦その1 「転校生」 も併せてどうぞ。

 「さびしんぼう」(1985年)は、監督の自伝的要素を多分に含むと言われる、ノスタルジックな初恋物語です。

 ただこの映画の具体的な腹案を、監督が長年温めてきた末に作品化した―というわけでもないらしく、富田靖子さんの、学校の冬休みに合わせて何か一本撮ろうと、ある意味即席に企画された映画だったそうです。

 ですから、準備期間や別撮りを除いて、彼女自身がロケ地・尾道で、直接撮影に関わったのは2週間足らずのことだったと思われます。
 それにしては、タイプの異なるいくつもの役柄をなんなくこなした、女優としての力量には感心します。

 このとき「アイコ十六歳」のデビューから2年後、ヤスコ十六歳。
 そして完成した映画は、(私的には)歴代ベストテンに連なる名作となりました。

 ちなみに、この年のキネマ旬報の日本映画ベスト・テンでは、「それから」(森田芳光監督)、「乱」(黒澤明監督)、「火まつり」(柳町光男監督)、「台風クラブ」(相米慎二監督)に続く第5位ですが、読者選出日本映画ベスト・テンでは第1位に輝いていますね。
 私は後者を圧倒的に支持します。(一応、上に挙がった映画は、すべて観た上での評価)

 それはともかく、富田靖子さん。

 当時は所属事務所の方針でしょうか、アイドルタレントとして売り込もうとしていたようで、テレビのドラマや歌番組ではそんな立ち位置での出演が多かったですね。

富田靖子.jpg
※秘蔵(笑)の富田靖子コレクションより

 この頃、深夜枠で放映されていた「冗談ストリート」(TBS制作)というテレビドラマがありました。
 三宅裕司主宰のスーパーエキセントリックシアターの面々が、多数出演するコメディです。

 ここに、富田靖子さんが本人の役で出演した回がありましたが、そこでもアイドル歌手の裏話的な内容になっていました。(どこかに録画ビデオが残っているはず)

 ですから、映画女優としての実力を知らない人が、テレビ番組などで彼女を見かければ、なんとなくアイドル芸能人の、あまたひしめくなかのひとり―そんなふうに映っただけかも知れません。

 同じ裏話でも、彼女のデビュー作「アイコ十六歳」のメイキング映像「グッバイ夏のうさぎ」は、正統派本格女優誕生の瞬間に立ち会うような、秀逸なドキュメンタリーになっていて、私などは本篇よりも、こちらのほうに感銘を受けたくらいです。

 このときのイメージを、もっと深めていくような路線で育てられていれば、彼女の映画女優としてのキャリアは、もう少し違ったものになったと思われます。

 もちろん「さびしんぼう」、「BU・SU」、「あ・うん」、「南京の基督」などは、本格女優の片鱗を十分に窺わせる作品群でしたが、それ以降、これらを凌ぐような代表作はないように思われるのです。(あまり観ていないのでなんとも言えませんし、テレビドラマでの活躍は別の話ですが)

 それだけに、先日映画館で観た「めんたいぴりり」(江口カン監督2019年)で、主演女優としての彼女の、弾けるような力演ぶりをまのあたりにしたときは、うれしく思ったものです。

 そのあたりの話は、以前の記事 「めんたいぴりり」ばみんしゃい!~富田靖子さんのことなど でどうぞ。

 余談ですが、彼女は「さびしんぼう」当時、私が住んでいた家から、徒歩5分ぐらいのところの高校に通っていたそうです。
 残念ながらそうしたオタク情報には恵まれず、望遠カメラ片手にドキドキしながら付近を徘徊した―というようなことはございません。
 最寄駅は同じなので、通勤途中に知らずとすれ違っていたかも知れませんが・・・
 
 さて、次にヒロキ役の尾美としのり―

 映画デビューは、市川崑監督「火の鳥」(東宝・火の鳥プロダクション 1978年)での準主役。
 もちろん手塚治虫「火の鳥~黎明篇」の映画化です。

続きを読む
posted by Pendako at 13:33| Comment(0) | 断想・箸休め | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

追悼: 女優 星由里子さん

 先日、星由里子さんが亡くなりました。

東宝特撮女優大全集より星由里子23.jpg

 
※洋泉社「東宝特撮女優大全集」より

 この女優さんについて、断片的な思い出を綴ります。

 父親に連れられて観に行き、途中からあまりの怖さにまともに目を向けられなかったのが「世界大戦争」(1961年東宝 松林宗恵監督)。

世界大戦争パンフレット.jpg

※「世界大戦争」パンフレットより


 私の幼少時のトラウマ映画です。

「きれいな人だな~」と、この映画でそこだけは見とれた、主人公(宝田明)の恋人役が星由里子さんでした。
 私にとって初のお目見えです。

 ラスト近く遠洋の船上にある恋人と、無線で最後の交信をするシーンは、子ども心にも忘れることができません。(そんな哀切極まる人生ドラマの余韻に浸る間もなく、世界中の都市のことごとくが核で吹き飛ばされ、映画は「終」の字幕をむかえることになるのですが)

「世界大戦争」と前後して、「モスラ」(1961年東宝 本多猪四郎監督)も観ているのですが、このときカメラマンの役を演じていたのは香川京子さん。

 星由里子さんは、「モスラ対ゴジラ」(1964年東宝 本多猪四郎監督)で、「モスラ」での香川さんの役柄をそのまま引き継いだような、新聞記者(の見習い?)役を演じていました。

続きを読む
posted by Pendako at 11:17| Comment(0) | 断想・箸休め | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

映画の記憶、記憶の映画

 いつもの記事から離れて、今回は映画の話でお茶を濁します。

①夜の大平原。
 満天の星の下、焚火の前に腰を下ろして、火にあぶった骨付き肉にかぶりつく一人のガンマン。
 遠くから獣の鳴き声が聞こえている

②時計台のある高いビル
 その外壁を、窓枠のわずかな出っ張りを頼りによじ登る男
 大きな時計の文字盤に辿りつき、長針に手を懸けると、針はぐんにゃりと折れ曲がり、男の身体は壁面から離れて、宙ぶらりんに

③猛吹雪の中で
 山小屋が風に飛ばされ、雪面を滑り落ちて断崖絶壁のふちへ
 小屋の半分が宙にせり出したところで、あわやの墜落は免れるものの
 崖っぷちを支点に、小屋の中の男たちが繰り広げる、恐ろしくも滑稽なシーソーゲーム

④大きな館の広い居間
 マントルピースの前で、娘たちに本を読み聞かせる母親
 あくびをかみころす娘たち
 何かが起こりそうな気配がただよう

⑤上空に閃光があふれ
 ビル街は一瞬にして砕け散る
 マグマのようにドロドロに溶けた街並みの中に、崩れ落ちてもかろうじて原型をとどめた、国会議事堂の無残な姿

⑥大江戸市中の、真夜中の大捕物
 逃げまわる一人の盗賊と、それを囲んだ数十人の追っ手
 捕り手たちは梯子を捕獲器のようにあやつって、暴れる盗賊のからだを絡め取り、ついには縄でふん縛る
 盗賊は凄まじい形相で、悪態を吐き続ける

⑦シダの巨木の生い茂る森
 対峙する二頭の恐竜、ステゴサウルスとケラトサウルス(?)
 草食竜と肉食竜の、喰うか喰われるかの死闘が始まる
 体のでかい草食竜が有利とみえたが、思わぬ展開
 もう一頭の肉食竜が加勢に現れ…

⑧波止場の倉庫街
 二人のチンピラがナイフを握りしめ、死を賭した果し合い
 倒れたドラム缶から黒いオイルが地に広がり
 すべったりころんだりオイルまみれになりながら、延々と続く死闘

⑨にぎやかな大店の店先で
 前掛けを締めた丁稚たちが
 客や主人相手のボケとツッコミ
 関西弁が速射砲のように飛び交うドタバタ劇

⑩石ころだらけの田舎道
 奥へ奥へと続く道を踏みしめて、交互に繰り出される少年の脚を
 主観でとらえたモノクロ画面に、タイトルが浮かび上がる

⑪大砂漠に聳える古代の神殿
 どんなカラクリか、両側から迫り来る石壁を、両手踏ん張り押し返そうとする男
 顔は苦悶に歪み、額から汗が滴る

 きりがないのでもうやめますが。

 いくつもの映画の記憶の断片が、いまでも私の胸底にこびりついています。

 幼少時、おそらくは三歳ごろから七歳ごろまで、単身赴任で月に一度ほど帰宅する父に連れられて、よく映画館に足を運んだ…と聞かされました。

 私の生まれた田舎町にも、当時は洋画・邦画あわせて3つか4つの映画館がありました。

 映画を観に行った前後の記憶は見事に抜け落ち、映画の筋や配役などもほとんど覚えていないのに、観た映画の断片的なシーンのいくつかは、いつまでも記憶に残りました。

 後年になって、リバイバル上映やテレビ放映、ビデオ・DVD、映画関連の書籍などで、上に挙げたシーンのいくつかは、その実在性を確認することができました。
 もちろん細部やシチュエーションに記憶違いは多々ありましたが、大筋では合っていたと思います。

 ただし、確認できないものの中には、存在しない映画の記憶も混ざっているかも知れません。いつのまにか自分の中で創り上げた「偽りの記憶」。

 上に挙げた記憶の断片の数々について、現在の私からのコメントです。

 ②と③は、映画史上に残る名シーンなのでお分かりの方もいらっしゃると思います。
 ②は「ロイドの要心無用」(米 ハル・ローチ制作1923年)、③は「チャップリンの黄金狂時代」(米 チャールズ・チャップリン監督 1925年)ですね。

 ただし、私が幼少時に観たのはそれぞれ別作品としてではなく、喜劇映画の抱腹絶倒シーンをアンソロジー風にまとめた「喜劇の黄金時代」(仏 ルネ・クレール監修 1959年)か「喜劇の王様たち」(米 ロバート・ヤングソン監修 1961年)だったと思います。

 ④は、たぶん「若草物語」(米 マーヴィン・ルロイ監督 1949年)です。
 父とではなく、母と観に行きました。(後に母から聞いた話。その後、見直す機会はなかったです。)

 退屈で退屈で、死にそうなほど退屈だった…という印象とともに残ったのが、変哲もない母親と娘たちが居間でくつろぐシーン。

 実は私、この映画の途中から、なぜか「火山の噴火」のような大パニックが起こる映画との思いこみが生じ、このシーンで母に「いつ噴火が起こるの?」と尋ねたような記憶もあるのです。

 もうひとつ、四姉妹のひとりが、鼻を高くしたいと、ベッドに入るとき洗濯バサミで鼻をつまんで寝る、といったエピソードもあったような気がしますが、「偽りの記憶」でしょうか?

 ⑤はあらすじを言えるほどではなかったですが、印象に残るシーンは他にもたくさんありました。
 ミサイル発射基地の事故シーンとか、ジェット戦闘機が次々と離陸していくシーンとか、ヒロインが無線交信で、遠洋の船上にいる恋人に最後の通信をするシーンとか。
 上に挙げたのはラストシーンですね。

「世界大戦争」(東宝 松林宗恵・監督 1961年)

 東西冷戦といった背景は当然知らなくて、ただもう怖くて怖くて、途中からまともに観られなかった映画です。
 最近、またちょっと現実味を帯びてきましたね。

 私のトラウマ映画の筆頭は、間違いなく「世界大戦争」です。

モスラ・世界大戦争ポスター.jpg
続きを読む
posted by Pendako at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 断想・箸休め | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

理解しがたい事件から、とりとめもないことを連想してみる

 どうにも理解しがたい事件、というのがあります。

 最近では、電車のつり革盗難事件。
 
 昨年(平成27年)の11月以来、東京メトロや東急電鉄の車内から、つり革の消失が続いているというもの。少なくとも330個(別の報道では400個)以上のつり革が盗難にあっている模様です。

 鉄道マニアの仕業、マニアに売りさばくのが目的の窃盗、単なる愉快犯・・・
 真相についてはさまざまな憶測がなされているようですが、そもそも運行中の車内でつり革を取り外す行為の目撃情報がないというのも不思議です。
 
 おお、これは「六つのナポレオン事件」ではないのか?

 フェチズムの変形か?(美女の口付けたコップを崇めるような) 

 などと思ってみたりしますが、あっと驚くような真相を期待したいものです。

 理解しがたいと言えば、「生まれ変わったら道になりたい」の供述で有名になった「側溝覗き見」事件。

 昨年の8月神戸市で、側溝内に潜んで女性の下着を覗き見しようとした28歳の男が逮捕されたというもの。
 5時間も潜んでいて、如何ほどの成果があったか定かではありませんが、兵庫県警によれば2年前にも同様の手口で逮捕されており、その際に前述の名セリフを吐いたそうです。

 動機は、まぁ理解できないことはないですね。しかし「側溝内に潜んで」というアイデアは、ちょっと常人には思いつかないでしょう。
(もっと凄い場所に潜んで、そこから・・・という山田風太郎「怪談厠鬼」顔負けの事件も過去にはあったようですが、これくらい発想が振り切れていると、かえって理解できるような気がします。)

 狭い側溝に身をひそめ女性を下から仰ぎ見る、という構図に、何かしら底知れぬ情念を感じたりもします。

 その男がのちに残した手記の一部がこれ。
続きを読む
posted by Pendako at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 断想・箸休め | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

NHK大河ドラマ『真田丸』を観た!!

 このブログ、しばらくは探偵小説専門誌『幻影城』に関する記事を中心に進めますが、たまには以下のような余談を挟み込んでいこうと思います。

 先日(1/10)、NHK大河ドラマ『真田丸』の初回にチャンネルを合わせました。

 そもそもテレビはあまり見ない方で、普段はせいぜい夕食の支度をしながら民放のニュース番組を(見るともなしに)流している程度、どうしても見たい番組は録画して、暇なときに見る主義(見ないまま忘れてしまうこともある)なので、私としてはかなり気合の入った視聴でした。
 息子や娘にも前々から煽って、久々に親子でのテレビ鑑賞となりました。

 かなり期待するものがあったのです。

1.まず『真田丸』というタイトル。複雑に絡み合った戦国絵巻を大坂の陣・真田丸の攻防一点に収斂させていく、ドラマの骨格部分が如実に表されていて秀逸。

2.真田幸村ではなく真田信繁としたところの本格的な、しかも胸躍るような歴史ドラマを造るといった意気込み。

3.歴史の表舞台では一瞬の光芒を放っただけの、謎のほうが多い人物を主人公に据えているがゆえの、大胆な歴史解釈の可能性。

 理由としてはそんなところですが、実はわたくしめ信州の生まれで、真田家の上田市とはちょっと離れていますが、同県人として以前から真田一族には興味があったのです。

 ちょっと横道に逸れますが、長野県に「信濃の国」という県歌があります。

 明治の頃に作られた、長野県の地理・地勢、産業、旧跡・名勝、偉人などを、1番から6番までの歌詞に織り込んだ、お国自慢ここに極まれり、みたいな歌です。

 何か催し物があると、その〆には「信濃の国」を一同斉唱して終わる、というような、たぶん他県の人から見ると異様な光景が、かつては県内のあちこちで見かけられたようです。

 私も小学校のとき、運動会とか終業式なんかで、校歌と併せて「信濃の国」を歌った覚えがあります。
 幼い頃、叔母の結婚式でも、集まった両家の親戚一同が(酒の勢いもあって)この歌をがなっていた、なんて記憶もあります。

 この歌の成立には長野県の「南北問題」が絡んでいるようです。

 廃藩置県後の一時期、北部・東部が長野県、中部・南部が筑摩県とに分かれていたことがありました。
 これが合併して今の長野県となったのですが、その際県庁所在地をどこに置くかで双方揉めに揉めて・・・・といった経緯を踏まえての、県民の意思統一を図った歌、という理解でいいのかと思います。

 で、「信濃の国」の、信州が輩出した偉人を挙げる5番の歌詞なのですが、次のとおり。
  続きを読む
ラベル:『幻影城』 信州
posted by Pendako at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 断想・箸休め | 更新情報をチェックする
タグクラウド