2016年11月05日

『幻影城』その9~NO.7(1975年7月増刊号)江戸川乱歩の世界

(思い出したように、このブログを綴っていきます。以前連続して投稿していましたが、昭和50年代前半に刊行されていた探偵小説専門誌『幻影城』の各号を、順にレビューしていたその続きです。) 

 『幻影城』NO.7(1975年7月増刊)は丸々1冊「江戸川乱歩の世界」でした。

 表紙は乱歩壮年期の好々爺然としたモノクロのポートレイト。これだけを観たら、その作品世界のオドロオドロしさは微塵も感じさせません。

幻影城197507増刊.jpg

 
 うら表紙には本書の執筆陣70数名の名前と、西洋の城を描いた一枚の絵。

 暗く垂れ込めた雲を背景に、湖畔の高台に貼り付くようにして、いくつもの尖塔を擁した石造りの城塞が陰鬱に佇む、どこかスコットランドか東欧の、荒涼然とした風景画です。

幻影城(画).jpg


 この絵は洋画家・中尾進により、乱歩の評論集『幻影城』のタイトルに因んで制作されたもので、池袋・乱歩邸の書斎だか居間だかに飾られていた―というふうな記事を読んだ覚えがあるのですが、いまそのソースの確認ができません。

 ともあれ、ここに描かれた城は私の感覚からすると、ちょっと幻影城のイメージとかけ離れている気がします。
 乱歩の世界は、陰鬱とも荒涼ともセピアトーンとも異質で、むしろ艶やかな色彩に満ち溢れているような気がするのです。

 幻影城と言うと、私には何となく日本の城郭が思い浮かばれます。

 石垣を連ねた曲輪越しに望む、幾層にも甍を重ねた瀟洒な天守閣。その最上層から遠眼鏡で、城下の様子を窺う殿さまが乱歩。そんなイメージが思い浮かばれます。

 それはさておき、この増刊号は次のようなセクションで構成されています。

続きを読む

2016年01月28日

『幻影城』その8~NO.6(1975年7月号) 横溝正史バラェティ

 『幻影城』NO.6(1975年7月号)の特集は「横溝正史バラエティ」です。

 では、まずは表紙から。

幻影城197507.jpg


 この特集は「バラエティ」の名のとおり、横溝正史の戦前戦後の多彩な執筆活動を紹介するものです。

  幻想風の、いわゆる変格探偵小説「風見鶏の下で」(昭和12年『モダン日本』初出)

  捕物小説の第1作目で、不知火甚左捕物双紙シリーズの第一話「からくり御殿」(昭和12年『講談雑誌』初出)

  探偵小説が発表できなくなった戦時下に執筆されたSF「二千六百万年後」(昭和16年『新青年』初出)

  金田一耕助登場、本格ミステリの「毒の矢」(昭和30年『オール読物』初出)

以上4編が掲載されています。

 どちらかというと作品発掘を主眼としているため、それぞれのジャンルを代表する作品とは言い難いと思われますが、いずれも愉しく読んだ覚えがあります。

 特集として物足りないのは、作家論なり作品論なりの論考がひとつもなかったからでしょう。
 横溝正史の作品世界を概観できる入門編的解説でもあれば、私ももっと早く、横溝ワールドにはまり込んでいたかもしれません。(予定されていた「横溝正史論」が、執筆者急病により掲載が見送られた旨のことわりが添えられています。)

幻影城197507Index.jpg


 この当時の私は、横溝正史に関しては、ほんの初心者でした。
 以前の記事で書きましたが、『幻影城』創刊号で「かひやぐら物語」を読んで興味を抱き、『女王蜂』『三つ首塔』『びっくり箱殺人事件』『不死蝶』といった順で読み始めていましたが・・・
 
 まだ『獄門島』『八つ墓村』『本陣殺人事件』には到達していませんでした。

 横溝正史についてはいろいろ書きたいことがあるのですが、稿をあらためたいと思います。
続きを読む

2016年01月24日

『幻影城』その7~NO.5(1975年6月号)『ぷろふいる』傑作選

 『幻影城』NO.5(1975年6月号)の特集は「『ぷろふいる』傑作選」です。

 『ぷろふいる』は昭和8年5月に京都のぷろふいる社から創刊され、昭和12年4月号に廃刊になった、同人誌と営業誌の中間のような探偵小説誌で、当時の探偵小説の発表舞台としては『新青年』に次いで寿命が長く、純粋だった・・・というようなことを、この特集で知りました。

幻影城197506.jpg


 この特集で紹介されている作品は
  光石介太郎「空中心中の顛末」金来成「探偵小説家の殺人」蒼井雄「狂燥曲殺人事件」木々高太郎「就眠儀式」大阪圭吉「闖入者」の5篇。

 この雑誌は新人発掘にも注力したようですが、ここを踏み台に登場してきた作家で、探偵小説史にその名を刻む、というレベルに達し得た人は数えるほどだった、というのが一般的な評価のようです。
 
 中島河太郎さんが『ぷろふいる』の創刊から廃刊までの歴史を手際よくまとめています。

 その終盤の文中に「・・・第五巻第四号をもって、満四年の歴史を閉じた。・・・」と記しながら、その解説のタイトルが「「ぷろふいる」五年史」。

  どこに一年が消えたのか?

という、謎の残る解説文であることはさておいて、その中で「本誌によって登場した人々」40人余りの名前が挙げられています。

 そのうち、現在の私がかろうじて名をとどめている作家というと、九鬼澹西尾正蒼井雄光石介太郎金来成中村美与ぐらいです。
 波多野狂夢とか、左頭弦馬とか、山城雨之介とか、秋田不泣とか、いかにもといった名前が並んでいますが、いまだに未知の作家です。(風太郎忍法帖に登場する忍者みたいですな)

 とはいえ、蒼井雄は上の「狂燥曲殺人事件」がデビュー作であり、後の書下し長編「船富家の惨劇」(春秋社 昭和11年)は戦前における「論理的な推理小説」の一大収穫となりました。
 これと並ぶ長編「瀬戸内海の惨劇」『ぷろふいる』に連載されているので、「蒼井雄を産んで育てた」というだけでも、歴史的な意義はあったかと思います。

 愉しいのは、巻頭5ページに亘って、『ぷろふいる』創刊号から廃刊号までの表紙がカラーで紹介されていることです。

「ぷろふいる」表紙誌上展.jpg


 ちょっと気合の入れ方が違うぞ、という印象です。
続きを読む

2016年01月19日

『幻影城』その6~鮎川哲也の「幻の作家を求めて」

 前回の記事(『幻影城』その5~NO.4(1975年5月号)幻想小説と香山滋追悼)で、取り上げようと思いながら書けなかったことを、ここで補足します。

 新しい連載企画として「幻の作家を求めて」がスタートしました。

 埋もれた(というより消息すら絶ったような)探偵小説家の作品を取り上げ、現役作家・鮎川哲也が作者本人もしくは遺族を訪問して、執筆当時の思い出話などを聞き取った尋訪記「幻の作家を求めて」を併載するという、実に『幻影城』らしい企画です。

 「幻の作家を求めて」はインタビューの内容が中心ですが、作家の消息を追って当人に辿り着くまでの苦労話や、同行した島崎編集長との掛け合い、訪ねて行った土地の風情などを交えた前振りの文章があるのですが、そこがまた面白い読み物になっています。

 第1回は「幻の作家を求めて・1 ファンタジーの細工師」のタイトルで、地味井平造を取り上げています。

 地味井平造という変わった筆名の由来を、鮎川哲也があれこれ推理する場面をマクラに振り、「地味井」の由来は直感的に推測するのですが、「平造」については謎、として・・・
 当人とのインタビューでその謎が氷解するのですが、この尋訪記自体が良質なミステリーのような楽しさに満ちていました。

 その後も、名探偵・鮎川哲也氏が、尋訪する作家のペンネームについてあれこれ推理する場面が何度も出てきます。(鮎川哲也はかように「言葉」にこだわる作家なのですが、このテーマについては別の機会に譲ります。)

 文章のそこかしこに、鮎川哲也の人柄が滲み出ていました。消えて行った作家への哀惜、探偵小説への深い愛情などが、そこはかとないユーモアや心温まるようなエピソードと相まって、私のような探偵小説好きには堪らない連載となりました。

 この連載で、私は鮎川哲也という作家に興味を抱きました。
 次から次へ、長篇・短編を問わず、手に入る限りの鮎川作品を読み始めるようになったのは、この頃からのことでした。
 
 ともかくこの企画は、毎回楽しみでした。

 以降、大阪圭吉水上呂理瀬下耽本田緒生西尾正・・・と、その代表作の掲載と併せ連載されます。
 『幻影城』の休刊(昭和54年7月)後も、発表舞台を『問題小説』『EQ』『創元推理』などに移しながら、この尋訪記は60篇近く残されることになりました。

 これらは 単行本『幻の探偵作家を求めて』(晶文社 昭和60年10月)、 『こんな探偵小説が読みたい』(晶文社 平成4年9月)にまとめられていますが、ここに収録されていないものも26編ほどあるようです。
 
 どこかですべての回を網羅した「完本」を出してくれないものか、と切に望みます。

2016年01月18日

『幻影城』その5~NO.4(1975年5月号) 幻想小説と香山滋追悼

 『幻影城』第4号(1975年5月号)の巻頭特集は「幻想小説」でした。

 
幻影城197505.jpg


 この号のこの特集で、初めて新作書下しの作品が掲載されます。
 氷川瓏「陽炎の家」がそれです。
 
 以前の記事にも書きましたが、『幻影城』創刊の目的は、①探偵小説の埋もれた名作②探偵小説の評論・研究③新しい方向性の推理小説、を読者に提供すること、とありました。

 私の興味は①と②にあり、③については若干否定的でした。
 「新しい方向性の推理小説」がそうそう出現するはずもなく、ただの新作にすぎないのであれば他にいくらでも発表舞台はあるのだから、わざわざ『幻影城』に載せる必然性もない、というような思いだったかと思います。

 「陽炎の家」は、主に昭和20年代に幾つかの作品を発表し、30年代以降は沈黙してしまった氷川瓏という作家が久々に筆を執った作品で、文学的香気漂う好編だったと思います。

 ここでは作品の発掘ではなく、作家(の才能)を再発掘した結果としての新作掲載だったのでしょう。
 つまりこれは③ではなく①や②の方針に属するもの、ということになります。こういうのもありかな、と納得した覚えがあります。

 ミステリ史上に残る『幻影城』の足跡のひとつとして、《幻影城》新人賞もしくは有望新人紹介という形で、多くの新人作家・評論家を輩出したということが挙げられると思います。

 泡坂妻夫田中文雄田中芳樹連城三紀彦栗本薫友成純一竹本健治 等々が『幻影城』でデビューしました。
 その後の華々しい活躍をご存知の方も多いでしょう。

 ですが戦前・戦後、往年の『新青年』(博文館)や『宝石』(岩谷書店~宝石社)といった探偵小説誌を舞台に執筆活動したものの、その後いつしか埋もれ消えて行った作家たちの、新作がこの『幻影城』で読めたということにも、もう少し注目してよいと思います。
続きを読む
タグクラウド