2019年10月28日

追悼:吾妻ひでおに花束を

コレクション壁紙02.jpg

 マンガ家の吾妻ひでおが亡くなりました。

 何を隠そう、私は「ふたりと5人」以来の愛読者です。
 正確に言えば、「ふたりと5人」の中の、主人公とそのドッペルゲンガーとを巡る不条理なギャグが連鎖的に炸裂する、たった一篇のエピソードに仰天し、「この作者、ただ者ではないな」と思ったのがきっかけ。

 学生時代、映画を観た帰りにいつも立ち寄る喫茶店に、『週刊少年チャンピオン』が置いてあり、そこで読んだものと記憶します。
 このマンガ誌では当時、手塚治虫「ブラック・ジャック」、山上たつひこ「がきデカ」、水島新司「ドカベン」、古賀新一「エコエコアザラク」、石森章太郎「番長惑星」といった作品が連載されていました。
 「ふたりと5人」はお色気ギャグマンガという括りでしたが、それら錚々たる作品の引き立て役―大多数の読者にとってはあまり目立たない、そんな存在だったと思います。

 「やけくそ天使」が『プレイコミック』に連載されているのに気づいたのはいつだったか・・・でも、最初に読んだエピソードは覚えています。
 正月、ヒロインの家に金づるになりそうなイケメンのボーイフレンドが訪ねてくると、彼女は着物姿で懸命に「ぶりっ子」して気を引こうとするのですが、折にふれ生来のインラン体質が露呈してしまい、ついにはボーイフレンドがゲシュタルト崩壊を引き起こす―という話。(記憶だけを頼りに書いているので、少し違っているかも知れませんが)

 友だちの下宿や町の食堂で『プレイコミック』を見つけると、「やけくそ天使」だけを探して読むようになりました。
やけくそ天使00.jpg

 ヒロインの名は阿素湖素子―「あそこそこ」と読みます。
 女性が感極まったときに発する言葉に因んでいると思われますが、のちに新井素子との対談で、作者が「もとこ」ではなく「そこ」と読ませることに恐縮していたっけ。
 ふざけているのは名前だけじゃない。インランで自堕落で欲望のおもむくままに行動する女。
 「ふと思い立って」看護師や小学校の教師になりすまし、入院患者やいたいけな小学生を毒牙にかけようとする・・・
 破天荒な艶笑譚―では表現がおとなしすぎますね。
 社会常識や倫理観が完全に無力化された「阿素湖ワールド」を、適確に捉える惹句が、いまのところ見当たりません。

 私と同じ下宿にSF好きの後輩がいて、同じ趣味の私とウマが合ったのですが、彼の購読するSF専門誌『奇想天外』の別冊で読んだのが吾妻ひでおの歴史的大傑作。
 「不条理日記」は衝撃的でした。

 数多のSF作品をネタにしたパロディです。
 彼の代表作としてあまりにも有名なので詳細は省きますが、作者本人が日々遭遇する不条理を、日記形式で描いたもの―
 もちろんマンガ的にデフォルメした本人の、架空の日常での日記です。
 そのギャグのセンスが私の感性とみごとに共振し、文字どおり抱腹絶倒させられたものです。

 この「不条理日記」が(一部の)マンガファンと(大多数の)SFファンの、圧倒的な支持を受けたのに出版社が気をよくしたのか、ほどなくして奇想天外社から、続々と作品集が発刊されました。

 特に私が感涙しながら大笑いして読み耽ったのは、 「パラレル狂室」(1979年)、「不条理日記」(1979年)、「メチル・メタフィジーク」(1980年)、「贋作ひでお八犬伝」(1980年)の4冊。
 ここに散りばめられたアイデアとギャグの水準の高さは、尋常ならざるものがあります。

 『奇想天外』臨時増刊として「吾妻ひでお大全集」(1981年)が刊行されたのも、画期的でした。
 ひとりのマンガ家だけの、旧作・新作、インタビュー、主要作品レビュー、対談などにまるまる一冊あてることは、当時としては破格の扱いだったと思います。

 デビュー以来書き継いできた少年マンガ誌や少女マンガ誌への連載は、この頃までにほとんど終了していました。
 発表舞台は、青年コミック誌やマンガマニア向けの雑誌、『奇想天外』や『SFマガジン』といったSF専門誌に限られるようになりましたが、一定の読者層(私を含む)が定着し、彼をカリスマ的に祀り上げるような動きもあったようです。

 人気実力ともに、この数年間が全盛期だったと思われますが、この時期に吾妻ひでおは、実に意外な動きを見せます。

 ひとつは、本屋の店頭には置けないようなエロ雑誌(いわゆる自販機本)に、作品を発表すること。

 もうひとつは、仲間と同人誌を作り、これをコミケ(コミックマーケット=今に続く、世界最大のマンガ同人誌即売会)の即売に出したこと。

 これらの媒体に発表した作品は、「不条理日記」の続篇なども含まれるのですが、大半はお笑い色を極力排した、美少女が主人公の「純文学シリーズ」なのです。(これらはロリコンマンガと呼ばれましたが、性愛的にロリコンを描くのではなく、少女の聖性といったものをテーマにしたものなので、誤解なきよう。まあ、エロいですが)

 編集者の注文や、社会規範の制約を免れたところで、思いの丈を吐き出そうとしたのかも知れません。
 あるいはギャグマンガ家の宿命―ギャグやアイデアをひねり出す「産みの苦しみ」から逃れたかったのかも知れません。
 のちに「ときめきアリス」などの作品集にまとめられていますが、実に陰鬱な、しかし透明感のある筆致で描かれた作品群です。

 可愛い絵柄で、きわどいエロを描出する作品は、さらにディープな吾妻マニアを産みだしたそうです。

 こうした一連の流れで、吾妻ひでおを評し、様々な呼称が生まれました。
 「SFマンガのニューウェーブ」
 「不条理マンガの創始者」
 「ロリコン・ブームの火付け役」
 これらを総合して「おたく文化の祖」等々。

 「純文学シリーズ」の美少女キャラをギャグマンガに転生させたような、「スクラップ学園」や「ななこSOS」といった連載も、快調でしたが・・・
続きを読む
posted by Pendako at 21:39| Comment(0) | 読書遍歴 | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

N先生のこと(続き)~一冊の手帳から

(承前)
 N先生に因んだ思い出話の続きです。

 同じ年の夏休み、私の所属する山岳部が陸上部の合宿に相乗りする形で、北アルプス縦走に参加したことがあります。

 山岳部・陸上部合わせて生徒30名近くに、両部の顧問や体育科の教師など6~7名が随行する、ちょっと大がかりな山行でした。

 その教師陣のなかに、なぜかしらN先生も加わっていたのです。

 山岳部の顧問という立場だったと思いますが、私たちはそれまで部活でN先生に接したことは一度もなかったので、「へえ~?」と思っただけでした。
 あるいは山登りの好きなN先生が志願して、表向き臨時顧問のような肩書で参加したのかもしれません。

初夏の常念岳.jpg

 
※安曇野から望む初夏の常念山脈(提供:photo AC)


 燕岳(つばくろだけ)~大天井岳(おてんしょうだけ)~常念岳~蝶ヶ岳の、北アルプスとしては比較的易しい常念山脈縦走コースです。

 北アルプスに10座ほどある標高3,000m超級の峰は、この縦走路に含まれず、2,922mの大天井岳が最高峰。

 登山口の中房温泉(標高1,400m)から、燕岳(2,716m)までの、高低差1,300m、約5㎞の登りがとにかくきつかった覚えがありますが、主稜線にでてからは極端な起伏は少なく、並走する槍穂高連峰の、すばらしいパノラマ展望を堪能する余裕は多少あったかと思います。
 這松帯のなかで、思いがけず雷鳥親子に遭遇することもできました。

 教師や陸上部員は山小屋利用の軽装備。
 山岳部員は当然ながら露営生活なので、テントや寝袋、食料や調理用具など一式担いだ重装備。

 歩行ペースに差がでますので、山岳部組はいつも早めの出発、遅めの到着。
 休憩などの時間配分は、自分たちにまかされていました。

続きを読む
posted by Pendako at 16:26| Comment(0) | 読書遍歴 | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

N先生のこと~一冊の文庫本から

 実家の物置を整理していると、思わぬものが出てきます。
 たいていはクズ同然のガラクタだったりするのですが、ガラクタなりに存在感をアピールしてくるものもありまして・・・

 古いダンボールの靴箱があって、開けてみると確かに見覚えのある文庫本や新書が10冊あまりでてきました。
 いずれも私が、高校時代に読んだものです。

 そのタイトルの一部を記すと―

「砂の上の植物群」「痴人の愛」「真夜中のマリア」「キャンディ」「グループ」「イマージュ」・・・

高校時代の禁書.jpg

※高校時代の禁書


 当時のことを思い出し、顔がほてる思いでした。
 内容はあえて伏せますが、大学進学で下宿生活が始まるときに、親に見つかったらヤバいと思われる本だけ箱に詰め、自室に隠しておいた覚えが、うっすらと甦ったのです。
 おそらく、結局は見つかってしまったらしいのですが・・・

 その中にあった一冊の文庫本をめぐる話。

 高校二年のころのできごとです。

 物理担当の教師がN先生でした。
 ちょっと見に昭和の脇役俳優・村上冬樹さん(東宝特撮映画でお馴染み)を思わせる風貌で、高校教師というより大学の教授然とした温厚な紳士―そんな印象が残っています。

 当初私は、この先生に特別な親しみを覚えていたわけではないのですが、ある日の授業を境に、認識ががらりと変わりました。
 なにかしら、私と同属の人種―とでもいうような親近感を覚えたのです。
 
 梅雨が明け期末テストも終わって、気分はすでに夏休み・・・たぶんそんな時期だったと思います。
 教室内のうわついた雰囲気のなかで、その授業は始まりました。

 ところがN先生は一度も教科書を開くことなく、生徒たちにこう切り出しました。

続きを読む
posted by Pendako at 21:12| Comment(0) | 読書遍歴 | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

シャーロック・ホームズが私を大人の読書に導いた=その5

 ホームズ・シリーズの蔵書のご紹介、続きです。
 これらは、新刊書店でごく普通に手に入るものなので、あえて私が紹介するまでもないのですが。

《光文社文庫 新訳シャーロック・ホームズ全集》 ※訳者は日暮雅通
  「シャーロック・ホームズの冒険」 (2006年1月初版)
  「シャーロック・ホームズの回想」 (2006年4月初版)
  「緋色の研究」 (2006年7月初版)
  「シャーロック・ホームズの生還」 (2006年10月初版)
  「四つの署名」 (2007年1月初版)
  「シャーロック・ホームズ最後の挨拶」 (2007年4月初版)
  「バスカヴィル家の犬」 (2007年7月初版)
  「シャーロック・ホームズの事件簿」 (2007年10月初版)
  「恐怖の谷」 (2008年1月初版)

 光文社文庫はここ10数年ほど、古参のミステリ通をうならせるような企画が目白押しでした。

 「江戸川乱歩全集」全30巻しかり、「山田風太郎ミステリー傑作選」全10巻しかり、ミステリー文学資料館・編の「幻の探偵雑誌シリーズ」「蘇る推理雑誌シリーズ」などもしかりで、この新世紀初のホームズ全集も詳細な注釈や訳者(シャーロキアンの第一人者)による解説、著名人のエセーまで添えられて、懇切丁寧な造本で好感が持てます。
 シドニー・パジェットら当時の挿絵が復刻されており、視覚的にもホームズの世界に浸れるような仕掛けになっています。

続きを読む
posted by Pendako at 09:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 読書遍歴 | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

シャーロック・ホームズが私を大人の読書に導いた=その4

 創元推理文庫版を買い集めているうちに知ったのですが、当時は著作権の関係で特定の出版社からしか「事件簿」が出せない状況が続いており、この文庫では「事件簿」は読めないということでした。
(著作権の制約が消滅した1991年に、深町眞理子・訳でようやく「事件簿」も仲間入りしましたが。)

 私は「事件簿」のないホームズなんてと悲観しましたが、妙案を思いつきました。

 私は新潮文庫版の「シャーロック・ホームズの事件簿」「シャーロック・ホームズの叡智」の2冊を買ってきました。
 そして「事件簿」の裏表紙を本体から切り離しました。
 「叡智」は背表紙を縦に分断して、元来「事件簿」に収録されているはずの2篇とその後ろに繋がる裏表紙のみを切り離しました。
そして裏表紙の欠けた「事件簿」に「叡智」から切り離した部分を合体させたのです。接着は背表紙のつなぎ目と内側のつなぎ目とをセロテープで止めただけの、美観上好ましからざる体のものでしたが、ともかく一冊の中に12篇が収まった「事件簿」が出来上がりました。
 そしておもむろにこの未読の作品集を紐解いたのです。

 創元推理文庫版8冊のとなりに、しばらくはこの私の合成版「事件簿」が居心地悪そうに寄り添っていました。
 なんせ背表紙のセロテープを貼った部分がしだいに黒ずんでくるんですよね。今ならもう少しマシな製本をするでしょうが、中学生の知恵ではそれが限界でした。

 時代は下って、現在私の書棚には《創元推理文庫・阿部知二訳版+新潮文庫・延原謙訳合成版「事件簿」》の他に、次の訳本が並んでいます。

続きを読む
posted by Pendako at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書遍歴 | 更新情報をチェックする
タグクラウド