2019年01月26日

「めんたいぴりり」ば見んしゃい!~富田靖子さんのことなど

 久しぶりに映画館に足を運びました。

 観たのは江口カン監督の「めんたいぴりり」(『めんたいぴりり』製作委員会 2019年)
 昭和三十年代の博多を舞台にした、ホームコメディです。
めんたいぴりり ポスター.jpg


 平日の午前中だったので観客はまばらでしたが、私と同年代のおじさんおばさんが多かったですね。

 実は私、つい先日までこの映画のことも、この映画のもとになったテレビドラマの存在も知りませんでした。

 たまたま数日前の夕方、家人が「富田靖子が出ているよ~」と呼ぶので、ちょっと苦笑いしながら居間を覗くと、テレビでこの映画の紹介をやっていたのです。

 苦笑いしたのは、かつて私が富田靖子という女優さんに惚れ込んでいたのを、家人が覚えていたことです。
 もう30年以上昔のことで、私自身もすっかり忘れていた話だったからです。

 「さびしんぼう」(アミューズ/東宝1985年)という、タイトルからして気恥ずかしい、大林宣彦監督の映画がきっかけでした。

 このノスタルジックな初恋物語で、ピアノを弾くちょっと翳りのある美少女と、ピエロの扮装で周囲に騒動を巻き起こす変てこな少女―
 この二役を演じた、富田靖子というまだ十代半ばの名女優に、すっかり惚れ込んでしまったのです。

 もとから恋愛ものとか女性アイドルものといった類の映画は、まったく興味なく過ごしてきたのですが、たまたまこの「さびしんぼう」に遭遇し、主演女優の写真集やらCDを買い集めるまでになったのは、不思議というほかありません。

 若気の至りで、と照れ隠しの言い訳も見苦しい、私がすでに30歳になろうかという頃のことです。
 職場でバイトしていた女子高生からは、「ロリコンか」とケイベツされるし。

 富田靖子さんそのものの魅力も大きかったでしょうが、おそらくこの映画の、男性観客の「内なる少年」を呼び覚ますある仕掛けが、大きく作用したものと思われます。
 のちに何かの酒席で、私より年配の人から同様の話を聞いて、意気投合した覚えがあります。(その辺の話は、別の機会に)

 寝た子を起こす―とはこのことで。
 テレビ画面に映る富田靖子さんの、かつての面影をそっくり湛えた現在の姿を拝見し、これならば当時のイメージを損なうことなく、この新作映画を観ることができると確信しました。
 ちょっとワクワクしながら上映スケジュールを確認した次第です。

 「めんたいぴりり」は、明太子の老舗ふくやの創業者夫婦をモデルにした物語です。

 始めは2013年、福岡のテレビ西日本により制作され、朝の連続ドラマ形式で放映された、地方限定のテレビドラマだったそうです。
 福岡での異例のヒットを受けて、徐々に放送エリアを拡大しながら、2015年には続編の「めんたいぴりり2」が制作され、さらに舞台化もされて、今回の映画となったとのこと。

 テレビドラマ、舞台劇、映画と、ふくや創業者川原俊夫をモデルにした主人公海野俊之を演じたのは、博多華丸。
 妻千代子を演じたのが富田靖子(舞台版のみ酒井美紀)。
 脇を固める役者も、テレビドラマから引き続いて出演している方が多いようですが、正直なところ最近の芸能事情に疎い私には、何人かを除いて、ほとんど見知らぬ顔ばかりです。

 この夫婦、日本人ながら生まれも育ちも韓国・釜山―
 戦後日本に引き揚げて居着いた博多が、このドラマの舞台になります。

 ここで細々と食料品店を営みながら、釜山で食べた明卵漬(ミョンランジョ)の味忘れがたく、その味を博多で再現しようと明太子造りに奮闘、やがて爆発的な人気を博す―という主筋に、様々なエピソードを絡ませた、笑いあり涙ありの人情喜劇であります。

続きを読む
posted by Pendako at 21:44| Comment(0) | 自己紹介・身辺雑記 | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

『幻影城の時代』の時代の思い出など

 地方都市での大学生活では叶わなかった欲求を満たすべく、上京した当日からその習慣は始まりました。

 休日のたびに神保町の古書街で絶版ミステリや映画関連書籍などを探索し、その足を伸ばして秋葉原で輸入物のCDやレーザーディスクを買い漁る・・・

 早稲田の古書街をひと巡りした後に、新宿や池袋の名画座をはしごする・・・

 古書店ガイドを手に中央線や西武池袋線などを辿りながら、通の間では有名な古本屋さんを訪ねる・・・

 そんな生活を送っったのは、20代後半から40歳前後までの約15年間のことです。仕事が忙しくなり、家庭もある程度充実してくると、次第にそうした街歩きから遠ざかりました。

 今住んでいる街には中規模の新刊書店しかなく、気の利いた古書店も近くにありません。自然と本の蒐集はネットに頼るようになりました。

 そんなあるとき、私の勤める会社で大変な出来事(まあ、今でいうと○○家具のお家騒動みたいなもんですが・・・)が起こり、その収拾をはかるため管理部門の役員・社員が、連日深夜まで対応に追われる事態に陥りました。

 会社の存続さえも危ぶまれる事態とあって逃げるわけにもいかず、私自身そんなスリリングな状況に関わることに面白さも感じながら、滅私奉公の日々がしばらく続きました。
 必死に読んだのは、会社法や労基法に関する本でした。

 当然ながら趣味の本を、集めたり読んだりする暇などありませんでした。

 この頃のことです。
 夕刻近く、御茶ノ水まで行く社用がありました。
 その用事が終われば会社に戻る予定だったのですが、思いのほかことが早く済んだので、ちょっと回り道してもOKと、神保町まで下って行ったのです。

 久しぶりの古書街でした。
 靖国通りの裏手、すずらん通りで、以前にはなかった古本屋さんに気がつきました。
 何気なくその中に入っていったところ・・・

 見なれた表紙、見なれた題字、だけどちょっと違う本が私の目に飛び込んできたのです。

 それがこれ、『幻影城の時代』です。

幻影城の時代「資料編」.jpg


 そしてこれも。

幻影城の時代「回顧編」.jpg


知っている人は知っているでしょうが、実はこれ一冊の本なんです。

 続きを読む
posted by Pendako at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介・身辺雑記 | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

予約しそこなった!! 『幻影城 終刊号』

 40年も昔の記憶を頼りに、探偵小説専門誌『幻影城』について、つらつら書き綴っているのですが、そんな最中に・・・
 なんと『幻影城 終刊号』が刊行されるというニュースが飛び込んでまいりました。

 いや、向こうから飛び込んできてくれたなら問題なかったのですが、実際はブログ記事準備のためGoogle検索しているときにひっかかった情報なのです。

 盛林堂書房さんのTwitterで

「「幻影城」終刊号は予定予約部数に達しましたので予約を終了しました。以降はメール、電話でも予約は一切受付できませんのでご了承ください。店頭での販売分は確保しておりますので発売までお待ちください。販売開始しましたら告知いたします。通販については店頭販売開始後様子を見て再開の予定です。」

との文言を見つけたので、慌ててその前後の状況を調べたのです。

 詳しい経緯を書いても仕方ないので省きますが、
  1.『幻影城 終刊号』2月下旬発刊の告知
  2.盛林堂にて1/17から予約を受け付ける旨の告知
  3.その翌日(1/18)に予約予定冊数に達したため、受付終了の告知
 といったような流れがあったにも関わらず、それらの情報を私は見事にスル―。

 ブログで『幻影城』を取り上げ、うすらぼやけた記憶を掘り起こす作業にかまけているあいだに、最新の重要事に気付くタイミングを逃してあたふた・・・ 
 己の不明を恥じるばかりです。
 
 ただし都内の書店で店頭販売すること、通販での取り扱いも発刊日以降に再開することを知り、まずは一安心。

 今のところ店頭販売は、
  盛林堂書房/三省堂書店神保町本店/ジュンク堂書店池袋本店/MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店/ブックファースト新宿店/古書いろどり/ギャラリーオキュルス
 で取り扱う予定とのこと。

 発行部数が如何ほどのものか知りませんが、早々に売り切れる可能性もあるので、発売日に合わせ神保町にでも出かけてみるか、と考えております。

 「探偵小説専門誌幻影城と日本の探偵作家たち」というサイト(http://www.ac.auone-net.jp/~jino/geneijyo/)で詳しい内容を知ることができます。
 
 特集として、泡坂妻夫田中文雄栗本薫連城三紀彦二上洋一の各氏が取り上げられます。
 『幻影城』を舞台に小説や評論で活躍され、ここ何年かのあいだに鬼籍に入られた方々ですね。
 その親族の方が思い出話などを添えられるようです。

 新作の小説、エッセイ、評論の書き手として、島崎博田中芳樹竹本健治友成純一権田萬治紀田順一郎渡辺東などの各氏が名を連ねます。『幻影城』を語るうえで外すことのできない顔ぶれです。

 表紙イラスト/山野辺進、デザイン/池田拓のコンビも嬉しい限りです。

 当時の編集長/島崎博さん、今回は編集協力という立場のようですが、『幻影城』はある意味、島崎氏の個人マガジンのような性格もあり、こうした側面を楽しんでいた私としては、どの程度顔を出してくれるのかちょっと心配です。(顔見世程度では不満)
 何はともあれ、今から期待し、楽しみにしています。

 『幻影城』関連では、以前も同じような経験をした覚えがあります。

 2006年(平成18年)、突如として『幻影城の時代』という、装幀・造本がかつての『幻影城』そのものの本が発刊されました。
 このときも私は事前に気付くことができず、発刊直後の、品切れ状態となった時点で気がついたのです。

 次回はこの話を少しばかり。 
posted by Pendako at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介・身辺雑記 | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

最近見た釈然としない夢 

 前回予告した『幻影城』『BOOKMAN』の紹介ですが、多少準備が必要なので、その間の繋ぎにあれこれ書いていこうと思います。

 実は2ヶ月ほど前、私のパソコンに偽セキュリティソフトとかいうやつがインストールされてしまい、使用不可の状態のままになってます。もちろんその駆除のため、あちこちに問い合わせして幾つかの方法を試したのですが、どれも効き目なし。まったくお手上げです。まあ、無頓着にいかがわしい海外サイトを閲覧した自分も悪いんですけどね。皆さんもお気をつけください。
 以降、もう一台のパソコンを使いながらしのいできましたが、なにぶん旧式でストレスが溜まる一方です。早く何とかしなければ。
 町のパソコン修理屋さんに相談してみようと思ってますが、どこかウィルス駆除に強いところありませんかね。

 で別の話題になりますが、若い頃、夢日記のようなものをつけていた時期がありました。
 当時はフロイトユングにはまっており、自分の夢を自己流に分析するつもりだったのでしょう。

 その分析作業で何がわかったかというと、「そのときの気分や状況によって夢は如何様にも解釈できる」と悟っただけで、夢に決定的な意味づけを行うことはできませんでした。
 フロイト夢判断にしてもユング夢分析にしても、それぞれヒステリーの研究、分裂病の研究といった本職の立場に縛られることなく、夢の解釈を行うことはできなかったと思われます。
 同じひとつの夢に、フロイトユングとでは、まったく異なる意味を見出すことになるでしょう。

 ただ夢日記(=夢の客体化)を続けていると、頻繁に夢を記憶するようになる、それらの夢の記憶が鮮明に残るようになる、ある程度自己の意思で夢の内容をコントロールできるようになる、といったことは自分の中にも起こったようです。

 最近ヘンな夢を見たので、ここに記録しておきます。
続きを読む
posted by Pendako at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介・身辺雑記 | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

すっかり忘れてました、一年ぶりの投稿です

 いや~、久々の更新です。

 自分でもブログやってたことなんて、いつしか忘れてしまっていましたよ。
 最近あることを調べようと検索してたところ、見覚えのあるブログタイトルが引っかかりまして、
「ありゃ、これは私が一念発起して立ち上げたブログではないか」と、ついつい読み返してしまった次第です。

 この一年、身辺でいろいろなことがあり、暢気な文章を書き連ねている場合でもなかったのですが、私自身の息抜きの場もどこかに欲しいなとも考え始めた今日この頃、とりあえずお金のかからないレクレーションとしてこのブログを再開したいと思います。

 再開にあたって、特に当初のコンセプトを変えるつもりはありませんが、自分の蔵書やら読書体験に限定してしまうと、話題も広がらずネタもすぐに尽きてしまうでしょうから、適度に破目を外して行こうかなとも考えてますので、興味ある方は時々訪問してみてください。

 当面はどんな内容の記事にしていこうかあれこれ考えたのですが、私が所持していて創刊号から終刊号まで全冊揃っている雑誌、
 探偵小説専門誌『幻影城』(増刊・別冊含め全69冊)
や、
 本の探検マガジン『BOOKMAN』(全30冊)
について言及していきたいと思います。

 いずれも対象読者を限定してしまうようなマイナー系の雑誌で、全冊を通読した方はそう多くないでしょうし、その存在すら知らないという方がほとんどかと思います。

 初めてこれらの誌名を知った人に対して、かつて私を夢中にさせたこんな雑誌があったんだよ、ぐらいに紹介していくつもりです。ですからあまりマニアックな内容にはならないでしょうし、途中で飽きたら脱線することもあるでしょうが、まあ気長にお付合いください。続きを読む
posted by Pendako at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介・身辺雑記 | 更新情報をチェックする
タグクラウド