2020年07月04日

120字の映画館No.24  三船敏郎 その2~「銀嶺の果て」

 監督:谷口千吉
 製作:東宝 1947年
 出演:志村喬、小杉義男、三船敏郎、若山セツ子、河野秋武、高堂國典
銀行を襲った男たちは大金をせしめ、厳冬の雪山に身を隠す。彷徨の末に見つけたのは、雪原に立ち昇る一条の煙!山小屋の住人に暖かく迎えられるも、凶悪の本性は次第に露見する・・・荒れ狂う吹雪、凍てつく寒さ、山頂の夜明けの静謐―荘厳な山のいとなみに、人の尊厳の甦るさまが重なる、山岳ドラマの傑作!!

「銀嶺の果て」(1947年)ポスター.jpg


 この映画で特筆すべきは、のちの日本映画界に多大な貢献を果たす、3人の人物がデビューした、ということでしょう。

 まず監督の谷口千吉。
 1912年東京に生れ、早稲田大学卒業後、1933年PCL(Photo Chemical Laboratory 東宝の前身)に入社。
 助監督時代を経て、初めて手がけた監督作品が、この「銀嶺の果て」です。
 その後「ジャコ萬と鉄」(1949年)、「暁の脱走」(1950年)、「男対男」(1960年)、「大盗賊」(1963年)、「奇巌城の冒険」(1966年)など、東宝のアクション系娯楽作品の傑作をものにしてきました。
 結婚歴は3回あります。最初の妻は、脚本家として数々の名作映画に名を刻む水木洋子。二番目は「銀嶺の果て」にも出演した女優・若山セツ子。最後の、そして生涯の伴侶となったのが、彼の「乱菊物語」(東宝 1958年)に出演した女優・八千草薫。
 ゴシップ的な話題にも事欠かなかったようです。
 ところが創作活動には恬淡としたところがあったのか、1970年代になるとほとんど映画を撮ることはなくなり、半ば忘れられた存在となって、2007年歿、95歳でした。
 昨年(2019年)、八千草薫さんが亡くなったとき、谷口千吉とのおしどり夫婦ぶりが取り上げられ、久しぶりにその名を耳にすることになりました。

 次に音楽の伊福部昭。
 1914年北海道釧路町(現・釧路市)生れ。北海道帝国大学在学中から器楽の作曲を始め、以降、管弦楽、吹奏楽、室内楽、器楽、声楽などで、膨大な作品を残しました。2006年歿、91歳。
 私ぐらいの世代でもっとも馴染み深いのは、映画音楽での旺盛な活躍ぶりでしょう。
 最も有名なのは、「ゴジラ」シリーズになりますかね(♪ドシラ ドシラ ドシラソラシドシラ)。しかし「大魔神」三部作にも携わっています。東宝と大映―双方の特撮映画の、大看板に名を連ねるというのも、凄いことです。
 その彼が、初めて手がけた映画音楽が、やはりこの「銀嶺の果て」なのです。

 そして三船敏郎。デビュー作にして、すでに主役級。
 1920年、中国・青島生れ(両親は日本人)。父は写真館を営み、彼もまた兵役中に写真工手の経験があって、終戦後復員すると、東宝の撮影助手に応募します。ところがなにかの手違いで、俳優の第1期ニューフェイス候補として、採用試験を受けることに―
 面接時の態度がふてぶてしく不合格となるも、当時の看板女優・高峰秀子や新進監督・黒澤明の強引な推挙が功を奏し、一転して合格した―という逸話があります。(三船敏郎のいない「七人の侍」や「用心棒」は想像もつかないので、このとき不合格のままだったら・・・と考えると空恐ろしくなります)
 本人としては役者になるのはまったく不本意で、「銀嶺の果て」にも嫌々ながら出演。
 しかしその後の活躍は・・・

 三船敏郎出演の映画については、これからも幾つか取り上げてみたいと思いますので、そのときに。

 さて、「銀嶺の果て」です。

 脚本は黒澤明。当初のタイトルは「山小屋の三悪人」とあり、のちに彼が監督した傑作時代活劇、「隠し砦の三悪人」(東宝 1958年)を連想させます。
 ふたりの小悪人の物欲につけこみ、報奨をチラつかせながら計略に加担させ、姫と黄金とを護って敵中突破を図る大悪人の活躍を描く、痛快無比の作品です。
「山小屋の三悪人」も、そんなふうな人物設定だったようですが、山の厳しさや人の優しさに、極悪人が本来の人間性を取り戻す―というテーマを際立たせるため、タイトルも人物設定も改変されたそうです。(このときの心残りが、「隠し砦の三悪人」の構想に繋がったとも言えます)

 舞台は雪積もる冬の北アルプス。
 実際に1月から3月の厳冬期、白馬岳周辺(八方尾根、黒菱平)やその山麓(栂池、大町市)、また上高地でも撮影が行われました。(厳冬期―というのを除けば、私もスキーや登山で何度も訪れた、馴染みの場所ばかり)

 冬山の厳しさ恐ろしさを描く映画としては、「八甲田山」(森谷司郎監督 東宝 1977年)がすぐに思い浮かびますが、「銀嶺の果て」の冬山も過酷そのもの。
 ただ雪崩や猛吹雪などと対比させ、処女雪やローゼンモルゲン(薔薇色の朝焼け)といった、冬山ならではの美しさもきちんと描かれており、千変万化の冬山の表情を捉えた、山岳記録映画の趣きさえあります。

 銀行を襲い、山中に逃げ込んだ強盗犯3人のうちひとり(小杉義男)は、銃声が引き起こした雪崩に巻き込まれ、早々に退場。
 残るふたり―首領格の男・野尻(志村喬)と荒みきった若い男・江島(三船敏郎)―は、強奪した大金を背負って山中を彷徨い、精根果てる寸前に見つけたのが、越冬の準備整った山小屋。

 事情を知らず彼らを暖かく迎え入れたのは、山小屋の老主(高堂國典)とその孫娘・春坊(若山セツ子)、そして逗留中の登山客・本田(河野秋武)の3人。

 差し障りなく振る舞っていた強盗犯たちですが、悪天候が続き、小屋に閉じ込められるうち、しだいに苛立ちを募らせる・・・
 ふたりの心境は、その後、対照的な軌跡を描くことになります。
 野尻は、山小屋の住人たちの人情に心和まされ、打ち解けていきます。
 江島はそんなアットホームな雰囲気に決して馴染まず、頑なに傍若無人ぶりを貫きます。

 そんなふたりを対比する象徴的なシーンに、春坊が関わってきます。
 彼女が蓄音機で「ケンタッキーの我が家」を聴いていると、その懐かしい調べに野尻は、昔亡くした子のことを思い出す。
 片や江島は外界との接触を警戒し、春坊が可愛がって飼う伝書鳩をこっそり殺してしまう。
 春坊の悲嘆ぶりに、野尻は心を痛めさえするが、江島はその姿を嘲笑う。

 荒天がおさまり、山小屋の上に広がる雪原を、春坊と本田がスキーで軽快に滑走する―この映画で唯一、心躍るシーンです。
 しかし天候の回復は、凶悪犯の捜索活動も容易にします。あたりには警察隊の姿が、ちらほらと見え始める。

 江島は山小屋を出ることを決断。山の地理に詳しい本田を脅かして、さらに奥地への山越えの道案内に立てます。
 野尻は心なしか渋々と、それに従うのですが・・・

 ザイルに繋がれた3人の男が、雪の斜面を登る。江島が滑落し、あわや諸共の局面に本田が踏ん張り、ほかのふたりを繋ぎ留める。
 そのとき足を負傷した、命の恩人たる本田を捨て置こうとする江島に、ついに野尻が挑みかかる。岩と氷の山頂で繰り広げられる、仲間割れの殺し合い―
 映画終盤の逃亡劇は、実にスリリングで、波乱に富む展開です。

 その対決のあとに、「頑張れぇ~」と声援を送りたくなるような、手に汗握る感動的なシーンが続きます。
 俯瞰で捉えたふたりの男―身動きならない本田を背負い、覚束ない足取りで、ゆっくりゆっくり山を下る野尻。
 気の遠くなるような、辛く険しい道のりの果てには、警察の捕縛が待っている。
 それでも野尻は、山小屋を目指す―

 三船敏郎の、凶暴で冷酷な役柄を貫きとおす鮮烈なデビュー作ではありますが、より印象に残ったのは、ストイックな登山家を演じた河野秋武。
 黒澤明の初期の作品や、映画会社を問わず多くの時代劇や現代劇で、おもに悪役として活躍した脇役俳優ですが、「銀嶺の果て」での善人ぶりは、実に説得力あるものでした。
 
 それと、春坊を演じた若山セツ子さん。
 祖父に窘められたりしたときに、人差し指で自分のおでこをつんと突いて、舌をぺろりとする仕草が何ヶ所かに出てきます。
 演出のひとつにすぎないのでしょうが、天真爛漫な性格を、さりげなく表現していると思います。
 春坊の、人を怖れたり疑うことを知らない無垢さが、凶悪犯の野尻の心に、本来の人間性を芽生えさせるきっかけになります。
 雪ん子(雪山の座敷童みたいな存在)のような役柄を、可憐に演じていました。
 
 以前から気になってはいたのですが、私は10年ほど前に、ようやくこの作品を観ることができました。
 神保町シアターという、古書店巡りのついでに立ち寄るには絶好の立地にある名画館でのこと。(同じ神保町でも、岩波ホールは入ったことないですが)
 毎週のように通った時期もありました。最近はご無沙汰していますね。
posted by Pendako at 13:31| Comment(0) | 120字の映画館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
タグクラウド