2020年06月02日

ふるさと再訪~私の下條物語

 大平宿に2泊3日した中日、麓に降りて下條村のほうへ出かけました。
 木曽谷側に下って、妻籠あたりを散策するという選択肢もあったのですが、しばらくご無沙汰していた村の様子を見ておきたかったのです。

 朝ゆっくりの出発、大平街道を下って飯田市街地の手前から県道・国道いくつか乗り継ぐこと約1時間、下條温泉郷に出ます。
 日帰り温泉「コスモスの湯」で、まずは露天風呂に浸かりました。
コスモスの湯.jpg

 高台にある施設なので、眺望は抜群です。眼下に天竜川と伊那谷、彼方には南アルプスの峰々―
 以前、何回か来たことがあるのですが、たいていは夜だったので、今回初めて碧天下の景色を楽しめました。
 
 お風呂のあとは併設のお食事処で昼食。ウリは五平餅と蕎麦なので、両方を組み合わせた定食を注文しました。
 やはり胡桃味噌のタレはうまい。

 ここから国道151号線を南下すること約10分、谷間に懸る大橋を渡ると、陽皐(ひさわ)という交差点に差しかかります。
 そのあたりが、かつてこの地を支配していた豪族・下条氏の居城、吉岡城があった場所です。
 次の写真は、交差点を右(西側)に折れ、さらに北側に分岐する道から写したもの。
 右奥の森が、吉岡城の本郭のあったところです。
吉岡城址.jpg

 祖父母の家は、その分岐から150mほど下ったところにありました。建物自体は今も残っています。
 誰も住まなくなった後も、父が年に何回も訪れ、古家の手入れや修繕などしていたのですが、亡くなる2、3年前、僅かばかりの田畑とともに地元の知り合いに譲ったようです。

 どういうわけか、上の写真の手前あたりの土地だけは残したようで、いまは私の名義になっています。
 50年ほど前までは桑畑でした。近所の子どもたちと、鬼ごっこやチャンバラごっこした場所でもあります。そうした思い出だけは残っているのですが・・・

 母が説明するに、父が子どものころ、ここから宝物が出てくる夢を見たからだそうで。
 まこと夢のある話ではありますが、日当りの悪い傾斜地で、資産価値皆無なのでほったらかし―
 ただ、ここで梅の栽培をしてもらっている方がいて、毎年「年貢」を納めてくれるので、「地主」としてその様子を今回確認してきました。

 吉岡城址とは反対方向を向くと、次の写真のような景色。木立に隠れているのが父の生家―祖父母の家だったところです。今の持ち主が、物置や作業場に使用しているようです。
 このあたり初夏の夕べには、ホタルの群舞が見られました。団扇で軽くはたくと数匹のホタルが落ちます。それを何十匹と虫かごに入れ、寝床で不思議な光の点滅を眺めながら、眠りについたものです。
 現在はどうなのでしょう。
下條村陽皐.jpg
 
 中央奥の、こんもりとした山。
 この山の上に、大山田神社という式内社(しきないしゃ)があります。

 式内社とは、延喜式内社の略です。
 「延喜式」は平安時代中期に編纂された、律令の施行細則です。そこには、当時全国にあった神社一覧もまとめられています。
 この「延喜式神名帳」に記載のあった神社2,861社を、式内社と呼ぶのです。
 したがって現存する式内社は、創建から少なくとも1,100年近くは存続する、由緒ある神社ということになります。(ただし、神名帳記載の式内社と、現在式内社とされる神社の、継続性・同一性を証明するのは難しいので、ほとんどが「式内社と比定される」という表現が使われるようですが)

 大山田神社は、信濃国にあった式内社46社(内、伊那郡に2社)のうちのひとつです。実際の創建は、奈良末期か平安初期と推定されるそうですが、これも確かな証拠があるわけではありません。
 また最初の鎮座地は別にあり、ある時代にこの地へ引っ越してきた、ともいわれています。

 私はこの境内の雰囲気が好きで、下條に来るたび、幼いころは祖母に連れられて、年長になるとひとり散歩がてら、この神社を訪れたものです。
 下の鳥居をくぐり、鬱蒼とした森の中、160段ほどの石段を上ります。杉の木立の合間から、武者姿の亡霊が彷徨いでてきそうな気配が、なきにしもあらず。
 上りきってまず目に入るのが、杉の大木。樹齢800年を超えるそうです。
大山田神社.jpg

 ※大山田神社の大杉と社殿(Wikipediaのフリー画像を拝借)

 大杉と引き比べ、ミニチュアのようにこじんまりとした覆屋があり、中に三つの社殿が並んでいます。
 中央本殿の祭神は大国主命、左右の相殿の祭神は、応神天皇と源為朝。
 大国主命は出雲系神話の神様で、「国土創生」と「国譲り」の主人公。応神天皇は第15代天皇で、祭神としては「八幡様」として広く親しまれています。どちらも全国区の神様。

 よくわからないのが源為朝です。
 源頼朝・義経兄弟の叔父にあたる平安末期の武将―その事跡や伝説を知れば、祭神として祀られる資格は十分に有する人物でしょう。実際、ゆかりある地のいくつかに、為朝神社があるようです。
 でも、この下條村とはどんな関係が?

 ここに下条氏が関わってくるのですが、説明すると長くなりそうです。別の機会に詳しく書いてみましょう。(ちょっとミステリアスな部分もあるので、その謎解きを鋭意妄想中)

 ほかにもこの近辺には、龍嶽寺とか南の沢とか、馴染みの場所がたくさんあるのですが、省略。
 実は下條村まで来たものの、古家のあたりをうろうろしただけで、いずれの場所も訪れることがなかったのです。
 子どもたちに古家の佇まいと、村の雰囲気だけでも感じてもらえれば、目的達成です。懐旧に耽るのは、いずれひとりでゆっくり来たときに―というわけで、来た道を少し戻ったところのスーパーマーケットで食料を買い足し、大平宿へと向かいました。
 ここで馬刺しを調達できたので、夜はこれを肴に地酒をおいしくいただきました。この日の夕はやや雲が流れていたものの、満天の星がきれいでした。

 翌朝もゆっくり起きて朝食、宿のうちそとを清掃して、11時ごろ帰途につきました。
 りんごの里に立ち寄り、宿の鍵の返却です。妹夫婦たちとはそこで別れ、私たちは中央高速道で横浜へ。
 しばらく信州ともお別れです。

 いやあ、昨年の8月の、たかだか3泊4日の家族旅行、足掛け10ヶ月かけてようやく終えることができました。

 なお、下條村に関しては、以前の記事でもたびたび取り上げています。ほかの話題に絡めて、思い出話を綴るものです。興味ある方はどうぞ。

 あるプロレタリア文学者との不思議な縁

 叔母の語ってくれた「怖い話」

 『江戸川乱歩全集』第3巻より「孤島の鬼」「蜘蛛男」:乱歩と挿絵画家~その8

 120字の読み物世界No.21~ふるさと文学館その4 みやじましげる「現代譯 下条物語」

 次回から、しばらく中断していた江戸川乱歩のほうに戻ってみましょう。
 
ラベル:伊那谷 信州
posted by Pendako at 20:43| Comment(0) | 郷土・ふるさと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
タグクラウド