2020年05月14日

120字の読み物世界No.23~ふるさと文学館その5 吉川英治「恋山彦」(その2)

(承前)
江戸時代に描かれた風越山・虚空蔵山.jpg

※江戸時代に描かれた絵図。手前が虚空蔵山(こくぞうさん)、後ろは風越山(かざこしやま)



 「恋山彦」のあらすじ、中段は―
 信州・伊那山中での、平氏の末裔・伊那一族と飯田藩との、武力と知謀を尽くした攻防が描かれます。

 市橋釆女と藍田喬助は、お品の居所を中仙道上松宿に探り当てるが、その姿はすでにない。お品は伊那山中の虚空蔵山に隠れ籠もり、三弦の真髄を極める修業にあった。
 ふたりは執拗に追い求め、土地の者も畏れる「山神」の神域に踏み込む。だがふたりが目にしたのは、武士の一団が血塗れとなって退却する、凄惨な光景だった。
 飯田藩主の若殿・堀鶴之丞と、その家臣たちだった。柳沢吉保より檜材上納の命を受け、その検見にと神域に踏み込み、何者かに襲われたのだ。
 「山彦」を狙うふたり、檜材を狙う鶴之丞、いずれもその背後には柳沢吉保がいる。両者は手を結ぶ。
 飯田藩の人海戦術で、ついにお品は捕えられ、「山彦」は釆女の手に落ちた。さらに鶴之丞は「山神」討伐のため手筈を整え、近くの部落に駐屯した。
 折しもその部落では、若い娘を「山神」に捧げる、年に一度の儀式が行われる。邪な思惑から釆女は、白羽の矢の立った娘とお品とをすり替える。
 人身御供となったお品の前に現れたのは「山神」ならぬ、身の丈六尺、怪力無双の大男・伊那小源太だった。
 お品は「一心不退転」の短刀で抵抗するも、小源太に軽々と担ぎ上げられ、神域の奥へ連れ去られる。
 小源太は、壇ノ浦に滅んだ平氏一門の生き残り、伊那一族の末裔だった。一族は後鳥羽院の勅文により、彼らの所領とお墨付きを下された虚空蔵山中に逃げ延びて、時代の変遷とは無縁の仙境の地で、数百年暮らしてきた。
 その平家村が、新たな花嫁を迎え入れたのだ。
 「一心不退転」の短剣が、平家ゆかりの鎧貫刀(よろいどおし)と分り、なおさらお品は小源太の嫁に相応しく思われる。
 お品は怯え慄くも、野性と優雅を兼ね備えた小源太に、しだいに魅かれていくのだった。
 だが祝言の日、鉄砲隊擁する飯田藩の軍勢が攻め寄せる。
 近代兵器勝つか、地の利を生かした平家軍勝つか・・・大攻防戦の末、平家軍の知略が優った。飯田勢は壊滅し、鶴之丞は囚われた。
 やがて平家村に江戸幕府の使者が来る。携えた文書には「虚空蔵山一帯は未来永劫平家村の所領とする代わりに、鶴之丞を解放し、御勅文を差し出し、村の代表が将軍に拝謁せよ」とある。
 一族は熟議を重ね、これを承諾した。小源太は御勅文を懐に、江戸を知るお品を伴に、鶴之丞の先導で江戸に発つ―

 読む側はこれには、柳沢吉保の謀略が絡んでいると知らされているため、ハラハラしながら次なる舞台、江戸へと導かれます。

 さて後段は―
 江戸城や江戸市中での、憤怒を滾らせた超人、伊那小源太の大暴れぶりが描かれます。

 小源太は旅舎にお品を残し、ひとり江戸城に登城する。柳沢吉保ほか諸侯の居並ぶなか、後鳥羽院の勅文を将軍綱吉に差し出す。あとは虚空蔵山一帯を伊那一族の所領とする、お墨付の下賜を待つばかり。
 だが待ちに待たされて、揚げ句に小源太に向けられたのは、嘲弄と無数の槍の穂先だった。
 このとき初めて、たぶらかされたことを知る。
 小源太の憤怒は江戸城を揺るがす。刀や槍、矢や銃弾をものともせず、城侍たちをなぎ倒す。本丸を縦横に踏み荒らし、巨木巨石を投げ散らす凄まじさ。
 だが彼の思いはお品に及び、堅固の囲みを破って大江戸の闇に消える。
 お品の身は、飯田藩の上屋敷にあった。小源太を案じ、また鶴之丞が自分に懸想するのを厭い、お品もまた監視を欺き町に消える。
 その屋敷を小源太が襲う。鶴之丞を討ち、お品と御勅文を取り返すために―
 それが叶わぬと見るや、屋敷のあらゆる調度造作を踏み潰し、粉砕する。屋敷は惨憺とひしがれた。
 やがて小源太は消息を絶ち、人の噂も途絶えた頃―
 柳沢吉保の贅を尽くした下屋敷、六義園が完成し、近々に権勢と巨富を誇示する前代未聞のお披露目―豪商や各界の名匠名人らを集めた宴遊が催される。
 招かれたなかに、俳諧師宝井其角がいる。其角は、旧友の遺児お品を草庵に匿っている。
 上方歌舞伎の役者、坂田藤十郎も宴遊に招かれるが、江戸に下る道中、彼を災厄から救った男こそ、伊那の小源太。ふたりは江戸に同道する。
 宴遊の当日、六義園には大勢が集まり、様々な趣向の催しが繰り広げられる。其角藤十郎の手引きでお品もいる、小源太もいる。だが、人渦の中にお互いを見いだせないもどかしさ。
 日が暮れ、人々が待つのは名器「山彦」の演奏―だがその名弦が盗まれた。
 「山彦」はお品の手にある。お品は逃げる、釆女と喬助が追う。
 釆女の体が座布団のように飛び、あたりは地獄の闇と化す。恐怖と驚愕の声が闇から上がる。小源太が、死にもの狂いに暴れ出したのだ。
 騒動に乗じてお品は逃げた。だが逃げおおせる寸前に、其角と藤十郎に「山彦」を託すと、お品は修羅の中に舞い戻った。小源太会いたさに―
 小源太は吉保の奸物ぶりを、冷ややかに嘲弄する。
 手槍が放たれ、太刀が振るわれ、無数の寄せ手が小源太を追いつめる。
 小源太は吉保の寵妾おさめを小脇に抱え、六義園で最も高い嘯雲閣を上り始めた。
 虚空蔵山の香りがする。小源太は知った。六義園の築材はすべて、祖先の霊地を侵して伐り出した檜なのだ。
 畳が木の葉のように舞う。柱が傾ぎ、床が波打ち、寄せ手は雪崩のように転げ落ちる。嘯雲閣は跡形もなく崩れんばかり。
 小源太は咆える。
 「わが山霊も照覧あれ。浮華軽薄な都会の奴輩、幕府に巣食う佞人小臣どもを、片っぱしから踏みつぶし、平家村の大祖父に土産話とせん」
 寄せ手の逸る心で、嘯雲閣に火が放たれる。炎に包まれた楼閣からおさめが落ちてくる、小源太が飛び降りる。
 小源太の剛刀は鶴之丞を、喬助を、釆女を両断した。さらにまわりには、死骸が山を成す。
 残るは吉保の首ひとつ―
 そこへお品が駆けつける。小源太は砕けるほどにお品を抱擁し、お品は女と生まれた甲斐を知る。
 だがそのとき、鉄砲の音が耳を衝いて・・・

 そしていよいよ最終章となるのですが、ここだけは具体的な内容を伏せておきましょう。哀切極まりない幕切れ―とだけ。
 ですが一縷の望みもないわけではない。その奇跡を信じるか信じないかは、読み手に委ねられる・・・心憎い終わり方です。

 山田風太郎「風来忍法帖」の結末と同様な感慨を覚えながら、読了しました。

 今回はあらすじを書くのに汲々として、肝心の「キング・コング」との関連性や、「ふるさと文学館」に取り上げた所以などに触れずじまい。次回にまとめて記します。

(次回に続く)
posted by Pendako at 23:15| Comment(0) | 120字の読み物世界 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
タグクラウド