2019年11月12日

ふるさと再訪~いろりの里・大平宿その1

飯田市立動物園
 旅の二日目―

 早朝、宿の露天風呂に浸かって、南アルプスの眺望を満喫。
 天気が良かったので塩見岳、赤石岳、聖岳を繋ぐ山並みが、黄金色の空を背景に、くっきりと見えました。

 宿を出て、まず立ち寄ったのは飯田市立動物園―
 特に予定していなかったのですが、動物園好きの妻が目ざとく見つけ入ることに。
飯田市立動物園.jpg

 小さい頃に何度も訪れた場所です。
 当時はそれなりの賑わいがあったような気がしますが、数十年の時を経たこの日は、家族連れやカップルが数えるほどしかおらず、少し寂しい雰囲気でした。(開園早々の時間帯だったからかも)

 ニホンカモシカやハクビシンやライチョウ(ただしノルウェー産とのこと)といった信州らしい動物もいますので、これらにヤマネとかモモンガなどを加えて、山国の動物園といった特色をもっと押し出せば面白いのですが。(無理な話ですが、オコジョがいればなおのこと)

 ここにも動物慰霊碑がありました。70年近い歴史があるそうなので、ここに祀られた動物の数はいかほどか。

 飼育員の若い娘さんが、猛禽類の檻の中で、健気にモップを振るっていました。

伊賀良荘
 この日向かう大平宿では、私の妹夫婦二組と高校時代の友人が合流―私たち一家と合わせ、総勢11名が集い、二泊する予定でした。午前中はその分の食料の買出しです。

 中央高速道飯田ICの出口あたりにりんごの里という、JAみなみ信州の農産物直売所があります。
 そこに今回の大平宿宿泊体験プログラムを運営している、南信州観光公社も入っているので、まずはそこに立ち寄り、宿の鍵と、火焚き用の薪を受けとります。
 「生ごみは必ず持ち帰ってください」と念を押されました。「熊が出る」からだそうです。
 直売所では安くて新鮮な野菜と果物を調達。早生リンゴや珍しいキノコ類、そして―田舎の夏休みとくれば―スイカ、なども贖い、店を出ると思わず吉田拓郎の「夏休み」を口ずさんで、娘から「なんだそりゃ」という顔をされます。

 高速道路をくぐってすぐのところに、キラヤ伊賀良店というスーパーマーケットがあるので、ここでは肉類やおやつ、地酒などを購入。お目当ての馬刺しは予約販売のみ、ということで入手できず。

 そんなこんなで昼どきです。
 昼食はすでに手配済み―キラヤの裏手が宅地になっていて、そこに父方の叔母夫婦が住んでいるので、お邪魔することになっていました。
 ここで妹夫婦ひと組と合流。

 やはり五平餅での歓待でした。ほかにもちらしずしやサンドイッチなどが、食べきれないほど卓に並び、残ったものは差し入れとして宿に持参することに。
 おまけに「囲炉裏で焼くとうまいから」と、釣り好きの知人から分けてもらったという、十数尾のアユやアマゴを持たせてくれました。これらは伊那谷産でしょう。
 実は妹夫婦もアマゴをたくさん持って来ていたのですが、おそらくこれらは奥三河産。
 食べ比べも一興です。

 ここで寄り道、伊賀良(いがら)という地名ですが―

 飯田市のうちでも「丘の上」から松川を挟んだ南西側の一角をいい、市に併合される前は伊賀良村といいました。

 旅に出かけるちょっと前に、宮本常一「私の日本地図1 天竜川に沿って」(同友館 1967年2月初版)という本を読んだのですが、こんなことが書いてありましたので、少しだけ紹介を。
私の日本地図~天竜川に沿って.jpg

 伊賀良村も含め、それ以南の三河との国ざかいあたりまでの町村一帯は、平安・鎌倉の時代までさかのぼると、伊賀良荘(いがらのしょう)という、広大な荘園だったといいます。
 平安後期、京都の尊勝寺―白河天皇の建てた寺―が領家(領主)となり、承久の乱(1221年)の後に後堀河天皇の御領となったそうです。
 ところが山深い荘園の南半分は長いこと未開発のままで、14世紀の中頃から落人らが、山中のそこかしこに集落をなしたとあります。

 「飯田線の電車の窓から見あげる断崖の上の緩傾斜に畑をひらいて三戸、五戸の家のあるのは、大てい古い落人の村である。戦にやぶれて、平野地方からこの山中にまでのがれて来て、広い世間の人びととの交りを絶ち、静かに世をおくろうとした人たちの住みついたところである」と著者は記します。

 私も飯田線でこのあたりを通るたび、上の文中にあるような光景を見つけては不思議に思ったものですが、やはりね、という感じ。

 日本各地に落人伝説は残りますが、この地には「熊谷家伝記」という、かなり確かな文書が残されていて、落人村のありさまを詳しく知ることができるのだそうです。
 JR飯田線中井侍駅に近い、坂部という土地の郷主であった熊谷家の、代々の主が記録したものです。

 ちなみに初代の熊谷貞直は、新田義貞―挙兵して鎌倉幕府を倒すも、足利尊氏と対立して敗れた武将―の子であったとされます。

 この「熊谷家伝記」に倣ったものか、近隣の福島という地には「福島伝来記」、市原には「田辺年代記」、向方(むなかた)には「村松由来記」と・・・多くの文書が、それぞれの郷主の家に伝えられているそうです。
 それらの内容が、実に興味深いのですが、長くなりそうなので今回は端折りましょう。

 さて、昼食を終え、いよいよ大平宿に向け出発です。
posted by Pendako at 20:53| Comment(0) | 郷土・ふるさと | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
タグクラウド