2019年10月28日

追悼:吾妻ひでおに花束を

コレクション壁紙02.jpg

 マンガ家の吾妻ひでおが亡くなりました。

 何を隠そう、私は「ふたりと5人」以来の愛読者です。
 正確に言えば、「ふたりと5人」の中の、主人公とそのドッペルゲンガーとを巡る不条理なギャグが連鎖的に炸裂する、たった一篇のエピソードに仰天し、「この作者、ただ者ではないな」と思ったのがきっかけ。

 学生時代、映画を観た帰りにいつも立ち寄る喫茶店に、『週刊少年チャンピオン』が置いてあり、そこで読んだものと記憶します。
 このマンガ誌では当時、手塚治虫「ブラック・ジャック」、山上たつひこ「がきデカ」、水島新司「ドカベン」、古賀新一「エコエコアザラク」、石森章太郎「番長惑星」といった作品が連載されていました。
 「ふたりと5人」はお色気ギャグマンガという括りでしたが、それら錚々たる作品の引き立て役―大多数の読者にとってはあまり目立たない、そんな存在だったと思います。

 「やけくそ天使」が『プレイコミック』に連載されているのに気づいたのはいつだったか・・・でも、最初に読んだエピソードは覚えています。
 正月、ヒロインの家に金づるになりそうなイケメンのボーイフレンドが訪ねてくると、彼女は着物姿で懸命に「ぶりっ子」して気を引こうとするのですが、折にふれ生来のインラン体質が露呈してしまい、ついにはボーイフレンドがゲシュタルト崩壊を引き起こす―という話。(記憶だけを頼りに書いているので、少し違っているかも知れませんが)

 友だちの下宿や町の食堂で『プレイコミック』を見つけると、「やけくそ天使」だけを探して読むようになりました。
やけくそ天使00.jpg

 ヒロインの名は阿素湖素子―「あそこそこ」と読みます。
 女性が感極まったときに発する言葉に因んでいると思われますが、のちに新井素子との対談で、作者が「もとこ」ではなく「そこ」と読ませることに恐縮していたっけ。
 ふざけているのは名前だけじゃない。インランで自堕落で欲望のおもむくままに行動する女。
 「ふと思い立って」看護師や小学校の教師になりすまし、入院患者やいたいけな小学生を毒牙にかけようとする・・・
 破天荒な艶笑譚―では表現がおとなしすぎますね。
 社会常識や倫理観が完全に無力化された「阿素湖ワールド」を、適確に捉える惹句が、いまのところ見当たりません。

 私と同じ下宿にSF好きの後輩がいて、同じ趣味の私とウマが合ったのですが、彼の購読するSF専門誌『奇想天外』の別冊で読んだのが吾妻ひでおの歴史的大傑作。
 「不条理日記」は衝撃的でした。

 数多のSF作品をネタにしたパロディです。
 彼の代表作としてあまりにも有名なので詳細は省きますが、作者本人が日々遭遇する不条理を、日記形式で描いたもの―
 もちろんマンガ的にデフォルメした本人の、架空の日常での日記です。
 そのギャグのセンスが私の感性とみごとに共振し、文字どおり抱腹絶倒させられたものです。

 この「不条理日記」が(一部の)マンガファンと(大多数の)SFファンの、圧倒的な支持を受けたのに出版社が気をよくしたのか、ほどなくして奇想天外社から、続々と作品集が発刊されました。

 特に私が感涙しながら大笑いして読み耽ったのは、 「パラレル狂室」(1979年)、「不条理日記」(1979年)、「メチル・メタフィジーク」(1980年)、「贋作ひでお八犬伝」(1980年)の4冊。
 ここに散りばめられたアイデアとギャグの水準の高さは、尋常ならざるものがあります。

 『奇想天外』臨時増刊として「吾妻ひでお大全集」(1981年)が刊行されたのも、画期的でした。
 ひとりのマンガ家だけの、旧作・新作、インタビュー、主要作品レビュー、対談などにまるまる一冊あてることは、当時としては破格の扱いだったと思います。

 デビュー以来書き継いできた少年マンガ誌や少女マンガ誌への連載は、この頃までにほとんど終了していました。
 発表舞台は、青年コミック誌やマンガマニア向けの雑誌、『奇想天外』や『SFマガジン』といったSF専門誌に限られるようになりましたが、一定の読者層(私を含む)が定着し、彼をカリスマ的に祀り上げるような動きもあったようです。

 人気実力ともに、この数年間が全盛期だったと思われますが、この時期に吾妻ひでおは、実に意外な動きを見せます。

 ひとつは、本屋の店頭には置けないようなエロ雑誌(いわゆる自販機本)に、作品を発表すること。

 もうひとつは、仲間と同人誌を作り、これをコミケ(コミックマーケット=今に続く、世界最大のマンガ同人誌即売会)の即売に出したこと。

 これらの媒体に発表した作品は、「不条理日記」の続篇なども含まれるのですが、大半はお笑い色を極力排した、美少女が主人公の「純文学シリーズ」なのです。(これらはロリコンマンガと呼ばれましたが、性愛的にロリコンを描くのではなく、少女の聖性といったものをテーマにしたものなので、誤解なきよう。まあ、エロいですが)

 編集者の注文や、社会規範の制約を免れたところで、思いの丈を吐き出そうとしたのかも知れません。
 あるいはギャグマンガ家の宿命―ギャグやアイデアをひねり出す「産みの苦しみ」から逃れたかったのかも知れません。
 のちに「ときめきアリス」などの作品集にまとめられていますが、実に陰鬱な、しかし透明感のある筆致で描かれた作品群です。

 可愛い絵柄で、きわどいエロを描出する作品は、さらにディープな吾妻マニアを産みだしたそうです。

 こうした一連の流れで、吾妻ひでおを評し、様々な呼称が生まれました。
 「SFマンガのニューウェーブ」
 「不条理マンガの創始者」
 「ロリコン・ブームの火付け役」
 これらを総合して「おたく文化の祖」等々。

 「純文学シリーズ」の美少女キャラをギャグマンガに転生させたような、「スクラップ学園」や「ななこSOS」といった連載も、快調でしたが・・・

 私は吾妻作品の掲載誌をすべて購読する―というほどのマニアではなく、作品集にまとめられたものを本屋で見かければ入手する、といった程度のファンでしたのでリアルタイムに気づいたわけではありませんが、この頃すでに吾妻ひでおは、重度のアルコール依存症(加えてうつ病も)に陥っていたようです。
 単行本になった「ななこSOS」全5冊を順繰りに読むとわかりますが、あとのほうになると明らかに描画が乱れるようになります。

ななこSOS.jpg

 人物も背景も、なんだかふやけて締まりのない絵柄に変貌し、ギャグも自虐的なものが増え、作者の私生活を露悪的に晒すようになります。
 不条理の具象化だった「ぬとぬとした」不気味な生物がやたら登場するようになり、これはもはやギャグを狙ったのではなく、作者の心のうちに澱んだものをそのまま描いている―そんな気分にもさせられます。
ときめきアリス01.jpg

 1985年に双葉社から刊行された『Hideo Collection』全7巻で全盛期の作品を再読して、「やはり吾妻ひでおは天才だった」と認識したものの、以降に出た単行本は手にすることもなくなりました。
 そして吾妻ひでおそのものが、マンガを描かなくなり、いつしか表舞台から姿を消したようでした。

 それから―
 20年の時を経た2005年。

 新聞で、吾妻ひでおが日本漫画家協会賞大賞、文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、手塚治虫文化賞マンガ大賞をトリプル受賞した、との記事を読んでびっくりしました。 
 受賞作品は「失踪日記」―その日のうちに書店に駆け込んだものです。(平台に山積みになった吾妻作品を見たのは、初めてです)

 彼の作品中、現在最も人口に膾炙している作品でしょうから、内容に関しては詳細省略―作者自身の二度の失踪と、ホームレス体験を淡々と描いたノンフィクション・マンガです。
 悲惨な話なのに面白い、深刻なテーマなのに軽妙、描画に若干のぎこちなさがあるもののとても丁寧な仕上げ、そして随所に散りばめられたほのぼのギャグと絶妙の間合い・・・
 彼が絶筆していた空白期間の真相にも驚愕しましたが、これをマンガにして発表する勇気というか大胆不敵さにも脱帽いたしました。
 極限的な生活のなかで得た工夫や知見も織り込まれ、これからホームレス体験してみようという人にとっては、恰好の入門書でもあります。

 これを機に私は、旧作の文庫版や新装版も次々と入手して、読み返すようになりました。
 かつてのように、夢中で読み耽ることはなくなりましたが、やはり面白い。しかも大部分忘れていたので、とても新鮮。

 引き続き執筆中、と噂のあった「失踪日記」の続篇(「失踪日記2 アル中病棟」)がでたのが2013年。
 アルコール依存症に苦しむ患者とその家族にとっては、啓蒙書ともなるマンガです。
 
 そうなるとこの路線で次の新作も期待できるか・・・と思っていたのですが、入って来た情報は「がん告知」でした。(医者が患者にするそれではなく、患者が読者にする告知)

 そして―
 「失踪日記」がイタリアのマンガ賞であるGran Guinigi賞を受賞したとの報に、(おそらくは)吾妻ファンのあいだでどよめきが起こったであろう、その矢先―

 2019年10月13日に永眠されました。死因は食道がん、69歳でした。
 訃報が流れたのは21日で、私はNHKのニュースでそれを知りました。

 翌日、近くに用事があったついでに神保町を回ってみましたが、この訃報に大きく反応した新刊書店はほとんどありませんでした。
 かろうじて書泉グランデで、追悼文とともに特設コーナーが設けられていた程度。
 置いてあるのは「不条理日記」や「スクラップ学園」など、ごく最近復刊ドットコムから新装版が刊行された数点のみ。(ほかは絶版か?)
 「そんなものかな」と思いながら、小雨そぼ降る神保町界隈を、二時間ほどぶらぶらしてから帰りました。
 
 亡くなられたのは大変残念ですが、幸い私の手元には数十冊の吾妻作品が残っています。
 折にふれて読み返しながら、感謝のときを迎えてみたいと思います。
 
 私にとってかけがえのないギャグマンガ家―吾妻ひでおさんのご冥福を、こころよりお祈りいたします。

吾妻ひでお(本名:日出夫)
 1950年 北海道十勝郡浦幌町に生れる
 1968年 高校卒業後上京し印刷会社に就職するもすぐに退職、マンガ家・板井れんたろうのアシスタントとなる
 1969年 『まんが王』附録にデビュー作「リングサイド・クレイジー」発表
 1970年 『まんが王』で初の連載「二日酔いダンディー」
 1972年 『週刊少年チャンピオン』に「ふたりと5人」連載開始
      以降、少年・少女マンガ誌、青年コミック誌、マニア向けマンガ誌などに単発・連載マンガを多数発表
 1979年 「不条理日記」が日本SF大会で星雲賞(コミック部門)受賞 
     自販機本や同人誌への作品発表が始まる
 1980年 この年から約5年間が全盛期。単行本や選集を多数刊行、「オリンポスのポロン」や「ななこSOS」がテレビアニメ化
 1985年 この頃から低迷期、沈滞期に入り、やがて沈黙
 1989年 一度目の失踪
 1992年 二度目の失踪、失踪中にガス配管工として働き、社内報に変名で4コマ・マンガを発表
 2005年 「失踪日記」出版、数々の賞を受賞
 2019年 10月13日、都内の病院で死去、69歳 

 吾妻ひでおに花束を 合掌
posted by Pendako at 21:39| Comment(0) | 読書遍歴 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
タグクラウド