2019年08月31日

120字の読み物世界No.19~ふるさと文学館その2 山田風太郎「黄金密使」

 著者:山田風太郎
 「山田風太郎少年小説コレクション1 夜光珠の怪盗」(日下三蔵・編 論創社 2012年6月初版第1刷)より

終戦間際、台湾から空輸され、南信州の山中に放擲された金塊を狙って、凶盗魔猿団が暗躍する!その在り処を知る父親から密命を受け、娘の朋子は勇躍、信州飯田を発って一路東京へ―。襲い来る危機又危機!!彼女の窮地を救うは勇敢な露天商の少年、そして彼の飼う白い伝書鳩―
山田風太郎少年小説コレクション1.jpg

 昨年のいま時分、「山田風太郎の飯田時代~「戦中派不戦日記」より」という記事を、このブログで何回かに亘って掲載しました。
 山田風太郎と飯田市との関わりについては、その記事を参照いただくことにして―
 その後、この小説家に飯田を舞台にした作品があったかどうか気になったので、手持ちの著書をパラパラ捲ったところ、何篇か確認することができました。
 それらを順次、このコーナーで取り上げることにします。

 まずは年少者向けの冒険ミステリ「黄金密使」。

 初出は文京出版の児童雑誌『少年少女譚海』 昭和25年9~11月号。(『新青年』や『文藝倶楽部』の発行元として有名な博文館にも、同じ誌名の児童雑誌がありましたが、それとは別もの)

 終戦間際、日本軍機が台湾から相当量の金塊を本土に空輸し、飯田市近辺の山中に落とすが、その直後に敵のB29に撃墜されてしまう―
 その黄金の在り処を巡る物語です。

 飯田市郊外、旧日本軍の元少将とその娘・朋子が静かに暮らす家に、怪しげな中国人(中華民国のほう)が訪ねるところから始まります。
 金塊は、中共軍に押された国民政府軍が、捲土重来を期す資金となるはずのもの。その在り処を知るのは、この元少将しかいない。
 彼は訪ねてきた男を、金塊が帰属すべき中華民国政府の使者として迎え入れますが、不審な点もある。
 どうもその使者は、日本人が成り済ました偽物らしい・・・

 そんな導入部から、父親に金塊の在り処を託された朋子の決死の行動を追いかけて、波乱万丈の物語が展開されます。

 単なる宝探しの話か―とあなどることなかれ。
 怪盗団の暗躍あり、殺人事件の謎あり、人間消失の不思議あり、意外な被害者・意外な犯人の妙あり―と探偵小説的なギミックをてんこ盛りにした中篇小説です。
「黄金密使」挿絵(沢田重隆).jpg

※ヒロインの貴志朋子さん(「黄金密使」より 挿絵:沢田重隆)

 舞台は、飯田~渋谷道玄坂~大平(おおだいら)街道と、振り子のように移ります。
 ですが、とくに飯田や大平街道の風物が描き込まれているわけではなく、戦時中、金塊がこの近辺に隠されたというのも、作者の完全な創作です。
 あえてこの南信州の地を舞台に選ぶ必然性はあまり感じられません。どこが舞台であっても成立する話です。

 ただ一か所、朋子が賊の手に落ち、大平街道の山の中腹にある穴に閉じ込められた場面で、こんな描写があります。

・・・いまではその穴はあたりいちめん草におおわれときたまゆきかう旅人もほとんど気づきませんが、これはあの終戦の直前、その頃飯田市にそかいしていた数百人の大学生たちが、万一この信州が本土さいごの決戦場となったばあいのために、必死にほりぬいた原始的な防空壕のあとなのでした。



 この「数百人の大学生たち」というのが、終戦の年、飯田に疎開していた、東京医科専門学校の学生(そのなかに山田誠也青年もいました)をなぞらえているのは間違いないでしょう。

 また「戦中派不戦日記」昭和20年6月25日の記述では、東京から飯田へ向かう途中、山田青年は乗換駅の辰野で異様な集団に目を止め、

・・・四、五十人の男が駅前に整列していた。しゃべっているのは支那語である。どうやら支那兵の捕虜のようだ。・・・日本語で号令をかけされられて・・・どこかへ行進していった・・・
 本土決戦に備え、信州の山岳地帯に大々的に要塞線が構築中であるという。彼らはその工事に使役されているのではあるまいか。

と記しています。

 筋立てが荒唐無稽なだけに、こうした実際の見聞で潤色しながら、ある種のリアリティを出そうとしたのかも知れません。

 なお雑誌初出時の挿絵画家・沢田重隆は、あかね書房『少年少女世界推理文学全集』のブックデザインを手がけた方。以前の記事(『少年少女世界推理文学全集』再説~全集のあらまし⑦ ブックデザイン~監修)で少しだけ言及しましたので、併せてどうぞ。


posted by Pendako at 10:33| Comment(0) | 120字の読み物世界 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
タグクラウド