2019年06月11日

120字の昭和史No.02~ダッコちゃんのまがい物

 時代:1960年(昭和35年)ごろ

昭和30年代の流行りもの―ホッピング、フラフープ、地球ゴマ、東京タワーの精密模型・・・そんな都会の流行をよそに、田舎小僧はまだまだ虫捕り、桑の実、川遊び。でもそんな田舎町にも押し寄せたダッコちゃんブーム!何が受けたのかいまだ謎ながら、腕に抱きつかせれば気分は都会っ子。

ダッコちゃん.jpg


 子どもの頃、大人に連れられて映画館へ行くと、たいていは本編上映の合い間にニュース映画がかかって、東京の流行りものが映し出されることがよくありました。

 ホッピングという、細長い軸棒にばねと足載せのついた遊具で、子どもたちが飛び跳ねている姿や、大勢の女学生たちが腰をくねらせながら輪っかを回転させるフラフープの光景など、これらのニュース映画で見たのではなかったのかしら。
 私は近所でこれらの現物を見かけた記憶はないのですが、ホッピングは胃下垂になるとか、フラフープは腸捻転になるとか、そんな噂が私の周りでも流れたことがあり、子どもに買い与えないで済むよう、親たちが予防線を張っていたのかも知れません。
 私はフラフープをてっきり、サーカスの猛獣の輪くぐり芸の輪っかが、こんな使われ方もされるんだと、妙な感心をしたものです。
 でも特にそうした遊びに、羨望を感じたこととかはなかったですね。
 

 竹馬や缶ぽっくりの腕を競い合うほうが面白そうでしたし、石を積み上げ川をせき止めた即席のプールで、素っ裸で泳ぐ爽快感は格別でした。
 桑畑は格好の遊び場で、かくれんぼや鬼ごっこ、桑の枝ではチャンバラごっこ、桑の実が熟せばそれをほおばり、真っ赤になった口の中を見せ合っては笑いころげたものです。

 子どもたちの間で流行したもの―という括りで昭和30年代を降り返ってみると、私の暮らしていた南信州の地方都市においても、はっきりとその流行の片鱗がうかがえたものと云えば、ダッコちゃんしかありません。

 この話題も確かニュース映画で取り上げられていたはず。
 若い女性や子どもたちがこの黒いビニール人形を腕にくっ付けて闊歩する、銀座あたりの風景が映し出されていたような。
 それでも都会という遠い国の話ぐらいに思っていたら、わが町の銀座通り(というのが実際にあるのです)にもちらほらと同じ光景が!
 これには若干心を動かさました。
 「欲しいな~欲しいな~」と妹と共同して母親にねだる頃になると、すでに慢性的な品薄状態だったようです。

 銀座通りにわりと大きなおもちゃ屋さん(というより人形店)があったのですが、ここでも品切れでがっかりした思い出があります。
 ちなみにここは伊賀屋人形店と言いまして、江戸時代から続く老舗です。数年前にここを訪れた時には、もっぱらフィギアやプラモデルを扱う卸問屋みたいな店構えになっていて、数十年前の面影はありませんでした。
 銀座通りもかつての賑わいはすっかり鳴りをひそめており、寂しい思いがしたものです。

 そんなわけで売ってないものはしょうがないと諦めかけたある日、何かのついでに別の通りを歩いていると、駄菓子屋の店頭の軒下に、ダッコちゃんが吊り下げられているのを見つけ、ようやく買ってもらえて兄妹ニコニコ顔・・・

 ところが―

 今から思えば粗悪なまがい物だったのかも知れません。
 腕に抱きつかせても、すぐに空気が漏れぶよぶよになるので、流行の最先端どころじゃなく、みっともないったらありゃしない。
 だいいち目がウィンクしなかったぞ。(ダッコちゃんの別名は、確かウィンキイ)
 空気と一緒に、都会っ子気分もすぐに凋んでしまいました

 本物の方は製造元がタカラビニール工業所、のちにタカラと改称―現在のタカラトミーの前身ですね。
 しかしこのとき、ダッコちゃんの爆発的な売れ行きに気を好くして増産体制を敷いたものの、日本中を席巻したブームは実に短期間で終息したとか。
 この過剰投資が災いして、タカラは一時経営危機を招いたそうですがそれを教訓とし、その後の快進撃を支える基盤が作り上げられたと言います。
 
 最近そのタカラトミーの子会社タカラトミーアーツから、『ザ昭和シリーズ』と銘打って、昭和の懐かし家電のミニチュア玩具が登場しました。
昭和スマアトテレビジョン.jpg
 

 スマホアプリを使用して、ちゃんと映像も映ります。
 画面が乱れて叩くと直る、という演出効果も盛り込まれていて、当時のあるある情景を彷彿とさせてくれます。

 テレビの他にもラジカセ、卓上レコードプレイヤーの三種が発売されており、こういうのに私は弱い。即三点買いしました。(実はまだいずれも未開封)

 ダッコちゃんから、少し脱線しましたが、平成から令和に時代は移っても、このブログでは昭和の時代にこだわって進めていきたいと思います。

posted by Pendako at 10:48| Comment(0) | 120字の昭和史 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
タグクラウド