2019年05月18日

120字の映画館No.20~ヒッチコックその4 「知りすぎていた男」

 原題:The Man Who Knew Too Much
 監督:アルフレッド・ヒッチコック 製作:アメリカ 1956年
 出演: ジェームズ・ステュアート、ドリス・デイ

モロッコの町で謎の言葉を託されたがために、国際的陰謀に巻き込まれたアメリカ人夫婦。警察に頼るも、息子が誘拐された!ロンドンでは要人暗殺の計画が進む。父親の執念、母親の機転で息子の奪取なるか?計画は阻止できるか?コンサート会場に合図のシンバルは打ち鳴らされた!!

知りすぎていた男・映画ポスター.jpg


 家族そろって楽しめる、ヒッチコック会心の娯楽作品です。ひたすらクライマックスに向かって緊迫感を高めていく、直球ど真ん中のサスペンススリラー。

 イギリス時代の作品「暗殺者の家」(1934年)を語り直したセルフリメイクだけに、押さえるべきツボはより適確に、出演者もスケールも技巧も、より絢爛豪華なものにグレードアップされています。

 この映画では、音楽が重要な役割を果たしています。

 ひとつは、誘拐された息子の居所を探る母親(ドリス・デイ)-かつては有名な歌手だったという設定―が、某国の大使館に招かれるところ。

 彼女は、どうやらこのなかに息子が拉致されているらしい、と睨んでいます。
 そこで彼女は歌―有名な「ケ・セラ・セラ」-を披露するのですが、居並ぶ人々がニコニコと聞き惚れるのを尻目に、次第に声量を上げ、館内の隅々まで響き渡るような声で歌い上げていくのです。
 奥まった部屋に閉じ込められていた息子が、懐かしい母親の歌声に気づいて・・・という場面。


 この、ドリス・デイのために用意された「ケ・セラ・セラ」は、世界的な大ヒットとなり、アカデミー賞の歌曲賞も受賞しました。

 もうひとつは陰謀団が、コンサート会場で要人暗殺を決行しようとするシークエンス。

 演目の交響楽の終盤に、ただ一度だけシンバルが打ち鳴らされる個所があるのですが、そのシンバルを合図に、狙撃者の銃が火を放つ―という寸法です。
 陰謀団のアジトでリハーサルが繰り返されるシーンがあるので、映画の観客も事前にその段取りを知っており、演奏が始まるや、いまかいまかとハラハラしながら音を追いかけることになります。
 それを煽るように、カメラは音符の跳び跳ねる譜面を大写しにし、やがてシンバル奏者の姿を捉えます。彼がピクリと動くと、「ついにか」と観客もピクリとする―そんな演出。
 しかしその瞬間に鳴り響いたのは、またしても母親の歌声―ではなく、悲鳴!

 このときの楽曲も、この映画のために用意されたもので、ヒッチコックに重用された作曲家、バーナード・ハーマンの「カンタータ~嵐雲」という作品。

 というわけで、一家の父親役ジェームズ・スチュアートを差し置いて、映画の役柄だけでなく、実生活でも歌手として活躍していた母親役のドリス・デイを、徹底的にフィーチャーした作りになっています。

 この映画を私は、有楽町の映画館で初めて観て、その後あちこちで繰り返し鑑賞しました。なぜかヒッチコック作品の初見は、日比谷か有楽町でと決めていたようです。

 しばらくのあいだ門外不出となっていた、ヒッチコックのパラマウント時代の作品が、続々とリバイバル上映された1984年ごろのことです。

 そのドリス・デイ(Doris Day)が先日(2019年5月13日)、97歳で亡くなったとの報がありました。

 まだ存命していたのか、という驚きのほうが先に立ちましたが、次に思い浮かべたのは、先にも記した名曲、「ケ・セラ・セラ」を朗々と歌い上げる、この映画のワンシーンでした。

 子を思う母親の必死さがぐいぐいと胸に染み入り、ヒッチコック映画では珍しく、ウェットな感動をもよおしたものです。

 ドリス・デイといえば、古き良き時代のハリウッド映画を代表するコメディエンヌというイメージですが、実はこれまで私は、彼女の主演映画としては、この「知りすぎていた男」以外に観たことがないような気がします。
知りすぎていた男01.jpg

 この作品での、ユーモアたっぷりの良妻賢母ぶりから、他の作品の役柄も、典型的なアメリカ中流家庭の、健全活発なお嬢さん役や、明朗闊達な奥様役を連想するのですが、どうなのでしょう。

 ミュージカル映画「カラミティ・ジェーン」と、ケーリー・グラントと共演した「ミンクの手ざわり」は、観てみたい気がします。

 歌手としての代表曲では、「ケ・セラ・セラ」の他に、「センチメンタル・ジャーニー」が有名ですね。

 いずれも昭和30年代、日本の歌手(松本伊代に非ず)が盛んにカバーしているのを耳にしたものです。
 オリジナルがドリス・デイだったとは、当時はまったく知りませんでした。

 ともあれ京マチ子さんに続いて、銀幕を彩った懐かしの大スターがまたひとり地上を離れ、シネマ座とでも言うべき星座の一角に、輝きを灯すことになりました。

 謹んでご冥福をお祈りいたします。
posted by Pendako at 22:25| Comment(0) | 120字の映画館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
タグクラウド