2019年04月29日

120字の読み物世界No.16~児童文学その3「続・太平物語」

 著者:福世武次 絵:佐藤広喜
 日本の子ども文庫8「続・太平物語」(講学館 1963年5月 初版)より

はやくエラクなろう、エラクなって父母や妹たちに楽させてやろう!進学の道を自ら絶ち、家族と別れて町へ出た太平。行くあても仕事口もなく、世間の風は冷たいが・・・持ち前の根性を発揮し、知恵を振り絞って歩む日々。誰もが声援を送りたくなる、少年太平の奮闘記。

続・太平物語.jpg


 今年1月に、「太平物語」を取り上げた折、懐かしさも手伝って、これを半世紀ぶり(笑)に読み返してみました。

 驚いたのはどの話も冒頭を読み始めるや、結末までの流れがすっかり甦ってきたことです。
 どこでどんな共感を抱いたか、当時の自分の心情までもが髣髴としてきました。
 年寄りは昨日の夕食の献立は忘れても、昔のことはよく覚えていると言いますが、私もその境地に差しかかったようです。

 これが面白かったので、その勢いで「続・太平物語」も手に取りました。
 
 前作は主人公・太平の四、五歳ごろから小学校を卒業する前後までの、様々なエピソードを連作風にまとめたものでしたが、続篇ではその後の約三年間の出来事を、長篇風に描いた作品です。

 前作「太平物語」の最後にある「雪の朝」という話―

 小学校の担任教師の尽力で、太平は小田原にある私立学校入学の道が開けるのですが、実はその教師が内緒で、相当な学費を援助するつもりであることを知った太平は進学を断念し、家を離れ自活しながら夜学に通おうという、悲壮な決意を固めます。

 旅立ちの朝、雪の降り積もった峠で、見送りの父と静かな別れを交わすところで「雪の朝」は終わります。

 その太平が浜松駅に着き、改札を出ていきなり、
 「どこか火事か人殺しでもあったみたいに、みんな目を光らせ、顔をこわばらせ、ものもいわずに、すれちがっていく」
 そんな人ごみにびっくりしながら、気後れすまいと心を引き締めるところから、「続・太平物語」は始まります。

 浜松は彼の住む村(おそらく現在の静岡県榛原(はいばら)郡吉田町あたり)から、そんなに離れた町ではありません。
 当時の交通事情からすれば、徒歩と鉄道利用とで、ちょっとした小旅行にはなったでしょうが、直線距離で60㎞ほどのところです。

 かつて東海道の宿場町として栄えた浜松市は、この物語の時代(昭和初期)になると、人口20万人前後を擁する地方の大都市になっていました。
 この近辺の町村に住む人々にとっては、東京にも勝る商工業の中心地、といったおもむきだったのでしょう。

 運よくというべきか、その日のうちに太平は、山のような荷を積んだ大八車を引く「はなたれ小僧」を手伝ったのをきっかけに、ある乾物屋に住み込みで働くようになります。

 「仕事は朝五時半から(夜中の)十二時まで。
  食事は三度。おやつ、休けい時間なし。
  一年中無休。
  月給、一円五十銭。
  これが太平のたいぐうだった」

 現代の感覚からすればこの労働条件は、想像を絶する劣悪ぶりです。
 ある指標によれば、月給一円五十銭を現在の貨幣価値に直すと二千数百円―実働30日間ですから、日給に換算すれば百円にもならない。
 「父母や妹たちに楽させてやりたい」などと言うのは夢のまた夢です。

 しばらくそこで頑張ったものの、主人の勘気に触れる出来事があり(太平が悪いわけではない)、乾物屋を飛び出して以降、情に厚い人たちとの出会いなどもあって、歯医者の書生まがいのことをしたり、夜学に通うようになったりして、次第に稼ぐことの難しさ、面白さを会得していくさまが描かれます。
 ときには前作にあったような、年少時のエピソードを織り交ぜながら物語は進みます。

 前作から成長した分、小学校時代の破天荒ぶりはすっかり鳴りを潜めているのが残念ですが、雇い主からきつい仕打ちを受けたり、良かれと思ったことが裏目に出たり、とんでもない誤解や失敗を繰り返しながら、「はやくエラクなろう」の一心で奮闘する太平の姿に、目頭が熱くなることもしばしばです。

 そのうち太平は、人にこき使われることに不合理を感ずるようになって、自分でお茶の行商の真似事を始めることになります。
 お茶の仕入は母方の親戚を頼ろうと、夜通し自転車を漕いでその家を訪ねるのですが、まだ夜明け前で寝静まっています。
 夜が明けるまでどこかで待とうと、彼の頭に浮かんだのが、すぐ近くにあるあばら家―3年前に出たきり一度も戻らなかった太平の我が家です。

 何をやってもうまくいかない―そんな気恥ずかしさから、家族には会わずこっそり様子だけ窺うつもりで立ち寄るのですが、いきなり母親に見つかって・・・
 我が子との邂逅に、うれしさのあまり取り乱す母の姿―

 久しぶりの家族との再会、そしてすぐに訪れるであろう再びの別れ―そんな場面で、この「続・太平物語」は終わります。

 太平は何も成し遂げておらず、将来への明るい展望が開けたわけでもなく、まだまだ苦難の道が続くことを思わせる幕切れです。

 私は最初にこれを読み終わったとき、おそらく次回作でこそ、何か心躍るような展開が待っているのだろうと期待しました。
 太平の健気な奮闘ぶりが実を結んで、父母や妹たちと、心の底から笑い合えるような日々が訪れるに違いない・・・

 しかし、その後の太平に出会う機会は、ついぞ訪れませんでした。

 出版されたのは正・続2冊きりだったのは確かのようです。
そもそも作者・福世武次に、その後の太平を書き繋ぐ構想があったかどうか―それを知る手がかりもありません。
 もしかしたら「続・太平物語」に引き続き、雑誌『日本の子ども』に連載されたものの、何らかの事情で書籍化されなかった、という可能性もないではないですが・・・(もしそうならば、ぜひ読んでみたいと思います)
 
 年少時に読んだときの好印象があるため、客観的にこの作品を評価するのは難しいですが、波乱万丈の立志伝という訳でもなく、深い感動で心揺さぶる教養小説という訳でもなく、どちらかというと片田舎の少年の、平凡な成長記―そんな範疇に納まる物語だと思います。
 これを読んだからと言って、生き方や人生を変えてしまうほどの力はないかも知れません。

 ですが、この太平が生きた時代、あるいはこの物語が書かれた時代は、大多数の日本人が貧しかった時代です。
 そして誰もが、せめて親兄弟が楽できるような暮らしを掴みたいと、日々奮闘した時代です。
 そんな時代のありさまを、太平と云う少年の目芽を通して、実に生き生きと活写しているとは思います。

 ごく私的な感想を述べさせてもらうなら、私の少年時代にこの本にめぐりあえたことは、おそらく現在の私の性格や信念を形成する上で、いくばくかの役割を果たしたのではないかしらんと、今になって思えるようになりました。
  
 ともあれ、太平と一緒に泣いたり笑ったり・・・数十年を隔てた当時と同じ気持ちで読み進めることができたのは、近年ではちょっと驚きの読書体験でした。
ラベル:福世武次
posted by Pendako at 21:38| Comment(0) | 120字の読み物世界 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
タグクラウド