2019年04月22日

小林少年の謎:乱歩と挿絵画家~番外篇その2

 「乱歩と挿絵画家」では、私の中学時代に愛読した講談社版『江戸川乱歩全集』(昭和44~45年刊 全15巻)の各巻に付された挿絵について、駄文を綴っています。

 順番から行くと全集第5巻所収「吸血鬼」の、古沢岩美描くところの挿絵を取り上げ、簡単なコメントを添えるべきところなのですが、前回は少し趣向を変え「魔術師」と「吸血鬼」―この2作品に纏わるある疑問について、私なりに考察を試みた顛末を記しました。

 そもそもその疑問と云うのが私の誤読にもとづくものでしたので、考察そのものが無意味だった―という結論に至ったわけですが。

 怪我の功名というか瓢箪から駒というか、そんな文章を捻くり回しているうち、今度は「吸血鬼」で明智探偵の助手として初登場する小林少年について、何かしら釈然としない不可解な点がいくつもあることに気づいたのです。しかもそれらを突き詰めていくと、とんでもない仮説が浮上するという・・・

 まあ、これも牽強付会の説と一笑に付されるのがオチかも知れませんが、面白そうなのでしばらくこの話題を続けていきたいと思います。
 
 さて「吸血鬼」は、昭和5年(1930年)9月から翌年3月まで『報知新聞夕刊』に連載された長篇で、明智探偵事務所のトリオ―すなわち名探偵明智小五郎と、探偵助手の文代さん、同じく小林少年の三人―が揃い踏みした、初めての作品です。

創元推理文庫版「吸血鬼」.jpg

※こちらは創元推理文庫版「吸血鬼」( 1993年12月初版)
 連載当時の挿絵を全点収録していて楽しい作りになっています。

 明智小五郎は、大正14年(1925年)の「D坂の殺人事件」で初登場以来、「吸血鬼」発表までにおよそ十指に余る難事件の数々を解決、華々しい活躍を見せてきました。
 これらの作品では、成り行きで助手的な役割をする登場人物はいたかも知れませんが、正規の助手はいませんでした。

 ところが明智探偵は、「魔術師」の頃から住居兼用の事務所を構え本格的な探偵業を始めると、次の「吸血鬼」では助手まで抱えるようになるのです。それも、いちどきにふたりも―

 その助手のひとり、文代さんに関して言えば―
 前回の記事(あだしごと~「魔術師」と「吸血鬼」をめぐって)で触れましたが、彼女は「魔術師」事件に関わる主要人物であり、その結末に至ってその生立ちや来歴も明らかにされ、探偵助手になった理由や経緯も詳しく説明されています。

魔術師(岩田専太郎挿絵)02.jpg

※明智探偵と文代さん、初のご対面(挿絵:岩田専太郎 「魔術師」より)

 それと引き比べ、よく判らないのが小林少年です。

 「吸血鬼」では奇怪な事件に巻きこまれた依頼人が、お茶の水の開化アパートに明智探偵を訪ねる場面が出てきます。
 ここが名探偵の住居兼事務所、というわけです。

三谷がドアを叩くと、十五六歳の、林檎の様な頬をした、詰襟服の少年が取次に出た。名探偵の小さいお弟子である

 これ以降、作中で小林少年はみごとな活躍を見せるのですが、彼自身の素性が詳しく言及されることはありません。
 唐突感が否めないのです。

 その後の作品でも、小林少年は頻繁に顔を出し、少年探偵団シリーズでは、主役級の扱いで活躍します。

小林少年(「怪人二十面相」より 画:小林秀恒).jpg

※少年探偵団結成時の小林少年(挿絵:小林秀恒 「怪人二十面相」より)


 これらの作品で、彼の素性などについて断片的に語られることはあります。例えば、下の名前は芳雄、とか、どうも両親はどこかに健在らしい、とか・・・
 それでも、そうした情報をすべてつなぎ合せても、全体像が見えてきません。
 謎の多い人物のままなのです。

 乱歩作品を濫読していた頃は、筋を追っかけるのに忙しくて気にも留めなかった小林少年の存在が、あとから全体を見渡しながら考えると、釈然としない、とても不思議なことに思えてきたのです。

 もっとも、順不同でこれらの作品を読み漁る読者にとっては、彼の存在は既定の事実、お約束の設定として映るだけなので、ことさら説明は不要―ということなのでしょうが。

 それにしても「吸血鬼」は、初登場作品です。
 彼の素性なり境遇、あるいはその登場の背景なり経緯が、この作品だけにでも、もう少し詳しく語られてもよさそうなものです。
 同じ探偵助手の文代さんと比べ、実にアンバランスな扱いです。
 
 小林少年は―
 どんな素性で、どんな事情を抱えた少年なのか?
 明智探偵とは、どんな間柄なのか?
 どんな経緯で探偵助手になったのか?
 親はどんな人物なのか、住まいはどこなのか、学校へは通っているのか、助手としての報酬は貰っているのか?
 作者にとって、どんな役割を期待され、造形された人物なのか?
 まず大人向けの作品から登場したのはなぜなのか?

 冒頭に記したとおり、「魔術師」や「吸血鬼」について駄文を綴りながらそんなことを考えていると、忽然とある仮説が浮かんでまいりました。

 実に馬鹿げた仮説なのですが、場つなぎに少し掘り下げてみても面白そうだ。そんな気にもなりました。
 ですから恥を忍んで、ここに提示したいと思います。
 それは―

 文代さんと小林少年は同一人物である。

 ―という仮説。
 そんなアホな、と言われそう―いや間違いなく言われているに違いないですが。

 次回から、この仮説の検証を行いたいと思います。
 期待せずに待たれよ、です。

(次回に続く)
posted by Pendako at 09:53| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
タグクラウド