2019年03月11日

映画「さびしんぼう」をめぐる、よしなしごと

 先日、大林宣彦監督の映画「さびしんぼう」について、2回に亘りブログ記事を投稿しました。

  120字の映画館No.17~大林宣彦その2 「さびしんぼう」

  120字の映画館No.18~大林宣彦その2 「さびしんぼう」(続き)

 言いたいことはそれでほぼ尽きたのですが、これらをまとめるなかで、端折ったことがらもいくつかあります。

 駄文ながらこのまま埋もれさせるのも忍びない―そんな気がして、今回はそんなよしなしごとを、だらだらと書き留めていきたいと思います。(なお同じ監督の、「転校生」(1982年)に関する言及も含まれます)

  120字の映画館No.15~大林宣彦その1 「転校生」 も併せてどうぞ。

 「さびしんぼう」(1985年)は、監督の自伝的要素を多分に含むと言われる、ノスタルジックな初恋物語です。

 ただこの映画の具体的な腹案を、監督が長年温めてきた末に作品化した―というわけでもないらしく、富田靖子さんの、学校の冬休みに合わせて何か一本撮ろうと、ある意味即席に企画された映画だったそうです。

 ですから、準備期間や別撮りを除いて、彼女自身がロケ地・尾道で、直接撮影に関わったのは2週間足らずのことだったと思われます。
 それにしては、タイプの異なるいくつもの役柄をなんなくこなした、女優としての力量には感心します。

 このとき「アイコ十六歳」のデビューから2年後、ヤスコ十六歳。
 そして完成した映画は、(私的には)歴代ベストテンに連なる名作となりました。

 ちなみに、この年のキネマ旬報の日本映画ベスト・テンでは、「それから」(森田芳光監督)、「乱」(黒澤明監督)、「火まつり」(柳町光男監督)、「台風クラブ」(相米慎二監督)に続く第5位ですが、読者選出日本映画ベスト・テンでは第1位に輝いていますね。
 私は後者を圧倒的に支持します。(一応、上に挙がった映画は、すべて観た上での評価)

 それはともかく、富田靖子さん。

 当時は所属事務所の方針でしょうか、アイドルタレントとして売り込もうとしていたようで、テレビのドラマや歌番組ではそんな立ち位置での出演が多かったですね。

富田靖子.jpg
※秘蔵(笑)の富田靖子コレクションより

 この頃、深夜枠で放映されていた「冗談ストリート」(TBS制作)というテレビドラマがありました。
 三宅裕司主宰のスーパーエキセントリックシアターの面々が、多数出演するコメディです。

 ここに、富田靖子さんが本人の役で出演した回がありましたが、そこでもアイドル歌手の裏話的な内容になっていました。(どこかに録画ビデオが残っているはず)

 ですから、映画女優としての実力を知らない人が、テレビ番組などで彼女を見かければ、なんとなくアイドル芸能人の、あまたひしめくなかのひとり―そんなふうに映っただけかも知れません。

 同じ裏話でも、彼女のデビュー作「アイコ十六歳」のメイキング映像「グッバイ夏のうさぎ」は、正統派本格女優誕生の瞬間に立ち会うような、秀逸なドキュメンタリーになっていて、私などは本篇よりも、こちらのほうに感銘を受けたくらいです。

 このときのイメージを、もっと深めていくような路線で育てられていれば、彼女の映画女優としてのキャリアは、もう少し違ったものになったと思われます。

 もちろん「さびしんぼう」、「BU・SU」、「あ・うん」、「南京の基督」などは、本格女優の片鱗を十分に窺わせる作品群でしたが、それ以降、これらを凌ぐような代表作はないように思われるのです。(あまり観ていないのでなんとも言えませんし、テレビドラマでの活躍は別の話ですが)

 それだけに、先日映画館で観た「めんたいぴりり」(江口カン監督2019年)で、主演女優としての彼女の、弾けるような力演ぶりをまのあたりにしたときは、うれしく思ったものです。

 そのあたりの話は、以前の記事 「めんたいぴりり」ばみんしゃい!~富田靖子さんのことなど でどうぞ。

 余談ですが、彼女は「さびしんぼう」当時、私が住んでいた家から、徒歩5分ぐらいのところの高校に通っていたそうです。
 残念ながらそうしたオタク情報には恵まれず、望遠カメラ片手にドキドキしながら付近を徘徊した―というようなことはございません。
 最寄駅は同じなので、通勤途中に知らずとすれ違っていたかも知れませんが・・・
 
 さて、次にヒロキ役の尾美としのり―

 映画デビューは、市川崑監督「火の鳥」(東宝・火の鳥プロダクション 1978年)での準主役。
 もちろん手塚治虫「火の鳥~黎明篇」の映画化です。

火の鳥チラシ.jpg

※「火の鳥」チラシより
中央付近のちっこいのがナギ役の尾美としのり、十三歳。

 私も期待して観に行ったのですが、制作陣の意気込みが壮大に空回りした、ちょっとトホホな作品でした。

 気の毒なデビューでしたが、その後「転校生」「時をかける少女」「廃市」「さびしんぼう」「姉妹坂」「彼のオートバイ、彼女の島」「野ゆき山ゆき海べゆき」「漂流教室」・・・と、いつしか大林監督作品の顔になっていました。

 いまでも現役バリバリで映画やテレビドラマに活躍しておられますが、やはり私にとってこの方の代表作となるのは、「転校生」と「さびしんぼう」ですね。

 他にもひと癖もふた癖もある俳優・女優陣が、脇を固めています。
 
 藤田弓子(ヒロキの母親)・・・「アイコ十六歳」では、アイコ(富田靖子)の母親役でしたね。子役時代、テレビ映画「まぼろし探偵」に出演されていたそうですが、私は共演の吉永小百合さんのほうしか覚えていません。

 小林稔侍(ヒロキの父親で寺の住職)・・・私には「キャプテン・ウルトラ」のキケロ星人ジョーでお馴染み。サザエのつぼ焼きみたいな扮装がおちゃめでした。「さびしんぼう」では「得体の知れぬ生き物」とヒロキに無視されながらも、いざとなれば人を好きになることの真髄を息子に説く、頼れる父親として登場です。

 浦辺粂子(ヒロキのおばあちゃん)・・・芸歴は長く、大正8年(1919年)に奇術一座に加わったのが最初、というからびっくりです。舞台、映画、テレビ・・・と出演数は数限りなくあります。「さびしんぼう」で、子どものころは「ましらのフキちゃん」と呼ばれていたと自慢するくだりが、妙に印象に残っています。この映画の数年後、1989年、87歳で亡くなりました。

 佐藤允(学校長)・・・「転校生」では一夫(尾美としのり)の父親役。私にとっては「暗黒街」シリーズや「独立愚連隊」シリーズなど、岡本喜八監督作品でお馴染みでした。誰が名づけたか、和製チャールズ・ブロンソンとは言い得て妙です。

 岸部一徳(理科教師)・・・GSの人気バンド、ザ・タイガースのサリーですね。絶頂期のころ、他のメンバーが軒並み人気投票ベストテンに顔を出しているのに彼だけが圏外で、「いいんです、僕に人気がないのは慣れっこです」とぼやくインタビュー記事を読み、気の毒に思ったことがあります。後年、こんな凄みのある役者になろうとは。伊丹十三監督「お葬式」(1984年)で、私は括目しました。
  
 入江若葉(PTA会長)・・・「転校生」での、一美(小林聡美)の母親役が頭に残っていただけに、「さびしんぼう」での怪演ぶりには驚愕しました。
 彼女の母上は、黒澤明監督「椿三十郎」(1962年)で、家老の奥方を演じた入江たか子さん、化け猫女優(!)としても有名でした。私はこの母娘が共演したテレビドラマ「麗猫伝説」で大林宣彦監督に出会ったのです。

 樹木希林(タツ子の高校時代の同窓生おテル)・・・昨年亡くなられた、言わずと知れた名女優ですね。私は悠木千帆時代のテレビドラマ、「七人の孫」あたりからの馴染みです。「さびしんぼう」では、「お正月を写そう」のCMそのまんまの扮装で登場し、大いに笑わせてもらいました。

 小林聡美(おテルの娘ユキミ)・・・「さびしんぼう」では樹木希林のクローンではないかと思わせる似姿での登場でした。やはり忘れられないのは「転校生」での、体を張った男子ぶりでしたね。歩道橋を一気に自転車で駆け上るシーンには、驚嘆しました。

 他にも秋川リサ、根岸季衣、峰岸徹・・・と気になる役者さんが大勢出演しているのですが、きりがないのであとひとりだけ―

 「さびしんぼう」では、百合子が晩御飯のおかずを買うシーンで、魚の露店売りの娘としてちょっとだけ顔を出す、柿崎澄子という女優さん。
 
 「転校生」でも、急にがさつな性格になった一美(ただし心は一夫)を心配して自宅に招いて様子を窺う、病弱な同級生の役で出演していました。

 元は子役として、児童向けの映画やテレビドラマに出演されていたらしいのですが、私はその頃の出演作で観た記憶のあるものはひとつもない・・・はずです。

 「透明ドリちゃん」(1978年)という、魔法少女ものの連続特撮ドラマで、ヒロインを演じていたようですが、当然私は観ていない・・・はずです。

透明ドリちゃん.jpg
 
※最近このようなDVD BOXが発売されたようです。

 ところが「転校生」初見のときに彼女が登場した途端、私は「ああ、この女優さんも出演してるんだ」と嬉しくなった覚えがあるのです。

 富田靖子さんを差し置いてこういうのもなんですが、なんとなく以前から気になっていた子役女優に、久しぶりで出会った―という印象を受けた次第。

 いったい私は、何でこの女優さんを知っていたのだ?

 今となっては、それが謎なのです。

 雑誌の表紙かグラビアで見て気に入っていたんだろうか、林寛子と混同しているんだろうか、出演ドラマは観たけれども当人の印象のみ残って、あとは忘れてしまっただけなのだろうか・・・?

 どうでもいいようなことですが、「転校生」や「さびしんぼう」を観るたびに、気になって仕方がない。

 すでに芸能界は引退されたのでしょうか、最近はお見かけすることがありませんね。

 ―と、役者紹介で終わってしまいましたが最後に、大林監督が映画「さびしんぼう」の中に仕込んだ幾つかの仕掛けについて―

 仕掛けといっても、観客の目を欺いたり、びっくりさせたりするようなトリックのことではありません。
 
 ひとつひとつのシーンやセリフに、映画のテーマに沿って意味を持たせるように仕向ける、演出や工夫のことです。
 例えば―

 映画全篇に亘って、画面が微かにセピア色の色調にくすんでいること。

 ひとりの女優が、ヒロキの憧れの対象である橘百合子と、ヒロキを憧れの対象の代替として好意を寄せるさびしんぼうの、二役を演じていること。

 映画の冒頭でヒロキが望遠レンズで捉えるのは、ピアノを弾く百合子の、右の横顔であること。

 ヒロキがいつも手にしている望遠カメラには、フィルムが入っていないこと。

 ショパンの「別れの曲」が、さまざまな変奏によりBGMで流れるのみならず、さまざまな人物がピアノで演奏する(あるいは、したであろう)こと。

 十六歳の登場人物が多くいること。

 坂の多い尾道の通学路で、女生徒たちの自転車が等間隔に、ヒロキの前を通り過ぎていくこと。

 百合子の家が、渡り船だけで通行できる島にあること。

 別れのシーンで、百合子は着物姿であること。

 ―等々。

 ここではこれらの仕掛けがどのように作用して、どのような効果が生まれているかまでは言及しません。(というかまだ、言及するほど明快な説明がつけられないものもあるので)

 この映画をこれから観る方が、自由に解釈していただければ、と思います。

 かの黒澤明が、この「さびしんぼう」をいたく気に入り、周囲の人々にも観るよう薦めた―という逸話があります。

 全篇、少年視点で描かれた作品です。例えば私の様な60代のオッサンがいま観ても「内なる少年」が目覚め、主人公と一体化して物語に没入してしまう・・・それだけの力のある映画だと思います。
 案外、黒澤明も「内なる少年」を、目覚めさせられたのかも知れません。

 そんな意味から、この映画を支持する人は、圧倒的に男性が多いに違いないと思うのですが、どうでしょう。

posted by Pendako at 13:33| Comment(0) | 断想・箸休め | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
タグクラウド