2019年02月14日

120字の読み物世界No.15~大伴昌司その1 「世界怪物怪獣大全集」

 監修:大伴昌司
 キネマ旬報復刻シリーズ 大伴昌司コレクション「世界怪物怪獣大全集」(キネマ旬報社1996年12月 初版)より


昭和40年代、突如湧き上がった怪獣ブーム―仕掛け人のひとりが、満を持して世に問うた、怪獣百科の決定版!お馴染みのゴジラやガメラばかりか、キングコングを嚆矢とする欧米映画のモンスターも勢ぞろい。天才・大伴昌司の、痒いところに手の届く、超絶の編集ぶり!!

世界怪物怪獣大全集01.jpg


 オリジナルは、昭和42年(1967年)キネマ旬報社から刊行されたビジュアル・ムックです。ここに掲げたのは、その復刻版。

 昭和42年がどんな年だったかというと、東京オリンピック(1964年)後に高度経済成長が一時停滞したものの、大阪万国博覧会(1970年)に向けて再び盛り返し始めた時期だと思います。

 当時の首相は佐藤栄作。
 日本政府のベトナム戦争への加担に反対する、新左翼による羽田事件を皮切りに、学生運動が武装闘争の色合いを強めてきた年でもあります。
 もちろん田舎町の小学生だった私は、そんな不穏な社会情勢などには、とんと疎かったのは言うまでもありません。

 私の記憶に残っているのは、前年のビートルズ来日に引き続き、同じく大英帝国からやって来たツイッギー。
 ミニスカート流行のきっかけになった出来事ですが、やせ細ったツイッギーのミニスカート姿を見ても何の感興も起こらず、こんな魅力の薄い女性に、なぜ世間はかくも大騒ぎするのか不思議―という意味で印象に残った次第。

 のちに彼女が主演した、ケン・ラッセル監督「ボーイフレンド」(英 1971年)を観て、多少魅力の片鱗を感じましたけど。
 なお、森永の「小枝」は、ツイッギー(Twiggy=小枝)にあやかったネーミングだそうです。

 あとグループサウンズの全盛期も、この年ではなかったかしら。
 「ジュリー!」「ショーケン!」と、クラスの女子はワーキャー騒いでいましたが、「愚にもつかない歌ばかり歌いやがって」と、私は馬鹿にしておりました。(そのくせ大学時代のコンパなどでは、酔いに任せてGSメドレーをがなり立てたものです・・・女子に受けるので)

 クラスの男子は、アニメ派と怪獣派に分れていたようですが、私は文学派・・・な訳はなく、前年の『ウルトラQ』に続く『ウルトラマン』や、特撮映画に出てくる怪獣の、名前・体長・体重・特技・武器などを覚えるのに、余念がなかったですね。(東宝-円谷系の怪獣が、体重〇万トンとする設定が妥当かどうか、悩んだものです。鋼鉄の塊りじゃあるまいし)

 そんな怪獣少年たちの情報ソースは、おもにマンガ雑誌。
 月刊誌では「少年画報」や「ぼくら」など、週刊誌では「少年マガジン」「少年サンデー」「少年キング」が、こぞってグラビア特集や読物で怪獣を取り上げていました。
 あと怪獣図鑑の類や怪獣ドラマのソノシートが、いくつも出ていました。
 それらを教室に持ち寄っては、みんなでああだこうだ激論を飛ばしたものです。

 そうした媒体に、やたらと名前の出てくるのが、大伴昌司という人物でした。
 作家でも編集者でも評論家でもないらしい、謎の人物。
 
 同じ町内にS君という、学年がふたつ下の怪獣博士がいて、ふたりでよく怪獣の切り抜き写真の交換などしていたのですが、あるとき彼が一冊の本を携えて遊びに来ました。
 ニコニコしながら見せてくれたその本が、大伴昌司監修の「世界怪物怪獣大全集」。
 中身を覗いて驚嘆しました。

 見たことのない貴重な写真が満載、ページを捲ればお馴染みの特撮映画や特撮テレビの怪獣はもちろん、海外のSF映画などに登場する怪獣や怪物たちの珍しいショットが、次から次へと現れてくるのです。

 それも全篇まるまる一冊、怪獣特集!
 写真も解説も読み物も充実、懇切丁寧な編集ぶりで、編集者の気合のほどを、ひしひしと感じさせる造りでした。

 その概要は目次頁を参照いただき、雰囲気を味わっていただけたらと思います。
世界怪物怪獣大全集02.jpg

 いったいS君はこの本をどこで手に入れたのだろう―と彼に聞くと、誕生日に父親が買ってくれたそうで、「恵まれた家庭だな~」と羨ましく思ったものです。

 その後本屋を回るたびに探したのですが、見つかりません。
 まだ本屋に取り寄せてもらうという知恵もなく、隣町の大型書店にひとりで出かける勇気もありませんでした。

 そうこうして半年以上経ち、信州の従兄弟の家に遊びに行ったときのこと。
 花火を買いに街に繰り出すと、通りすがりにあった小さな本屋の平台に、一冊だけビニール袋に入ったそれが置いてあったのです。
 心臓が跳び出る思いでした。
 はやる気持ちで掴むと、もはや花火はどうでもよく、持ち金のほとんどをつぎ込んで購入していました。

 念願の本を手にして、それこそバイブルのように繰り返し繰り返し繙き、まだ観たことのない怪獣映画の数々を、いつかまのあたりにする日が来るのだろうか―そんなことをいささか懐疑的に夢想したものです。(現在の、ビデオソフトの氾濫する時代など、とうてい予測はつきませんでした)

 付録にB2サイズの「世界怪物怪獣大系統図鑑」(裏面「戦後日本公開主要怪物怪獣映画目録」)が綴じ込まれていて、私はそれを自室の壁にでも貼ろうと、綴じ目近くで切り取ろうとしたもののうまくいかず、ぎざぎざになった切れ目を、半べそかきながらテープで補修した思い出があります。

 大伴昌司その人については、またおいおい記して行こうと思います。
posted by Pendako at 22:39| Comment(0) | 120字の読み物世界 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
タグクラウド