2019年02月12日

120字の映画館No.15~大林宣彦その1 「転校生」

 監督:大林宣彦
 出演:尾美としのり、小林聡美、佐藤允、樹木希林、宍戸錠、入江若葉
 製作:日本テレビ/ATG 1982年
 原作: 山中恒「おれがあいつであいつがおれで」

寺の石段を転げ落ち、男の子と女の子の、心と体が入れ替わる!あるものが無い、無いものがある!!望まぬ体、見知らぬ境遇に、動転し悲嘆するふたりながら、なぜかお互い愛おしさを募らせる不思議。「さよならオレ」「さよならワタシ」で句読点を打つ、遠い夏の日の映像詩。


転校生.jpg


 大林監督作品では、ファンの圧倒的支持を得る尾道三部作の、記念すべき第1作。(続く2作は「時をかける少女」と「さびしんぼう」)
 ただし初めから意図された三部作ではなく、後から便宜的にそう括られただけでのようです。

 尾道は大林監督の生まれ故郷で、いずれの作品もノスタルジックな詩情に溢れていること、監督の少年時代の心象風景を映し出していることなど、通底する要素は多々ありますが、一貫したテーマや構想に沿って作られたものではありません。

 今でもこれらのロケ地を尋ねて、尾道詣する人が後を絶たないとか。

 尾道といえば、小津安二郎監督「東京物語」(松竹1953年)の舞台にもなっているので、私ものんびりロケ地巡礼の旅に出るような機会があれば、候補地のひとつに加えたいですね。
 
 「転校生」は、人格入れ替わりをテーマにした作品です。

 人格入れ替わりテーマとは、
 人物Aの体に人物Bの心が宿り、入れ違いに人物Bの体には人物Aの心が宿る―という架空の現象を扱った物語です。

 立場の異なるふたりの人物の入れ替わり―親と子、乱暴者と軟弱者、年寄りと若者、追う者と追われる者・・・
 その立場に大きなギャップがあればあるほど、面白い展開が望めます。(その意味で最もシンプルで、最大の効果を発揮するのは、男女の入れ替わりというパターン)

 いまでは小説やマンガで、この人格入れ替わりテーマはありふれたものになっています。
 また洋の東西を問わず、映画やテレビドラマでも頻繁に取り上げられているようです。
 最近では大ヒット映画「君の名は。」が、記憶に新しいところでしょう。
 もはや特異なテーマというより、ひとつのジャンルを形成している感があります。

 ですが「転校生」の公開は1982年、原作の「おれがあいつであいつがおれで」の発表が1979年です。
 当時はこうした題材の作品は、他にほとんど見当たらなかった気がします。
 入れ替わりではなく、ある人格が他者の肉体に棲みついたり、乗っ取ったりする話、あるいは複数の人格がひとつの肉体に同居するといった話は、それまでのSFや怪奇小説でお馴染みでしたが。(山田風太郎の忍法帖にもありました)

 かろうじて妹が購読していた、『りぼん』か『週刊マーガレット』で連載の、弓月光のマンガがそれっぽかったような気がします。
 どんなシチュエーションだったかよく覚えていませんが、主人公が女性の体になったのをいいことに、女風呂に堂々と入るといった、スケベ心満開のコメディだったような・・・
 ちょっと調べてみたら「ボクの初体験」という作品が、どうもそれらしい。
 1975年~翌年に『週刊マーガレット』連載、とありました。

 それと私は未見ですが、兄と妹が入れ替わる児童小説「あべこべ玉」(湘南書房1948年 のちに「あべこべ物語」と改題)というのがあって、これが人格(とくに男女の)入れ替わりテーマの嚆矢―になるらしいです。
 著者はサトウハチロー。
 ちょっと読んでみたい気がします。

 さて映画「転校生」は、同級生の中学生男女が入れ替わるパターン。(原作では小学生の男の子と女の子)

 これを初めて観たのは1984年頃、池袋の映画館でした。(テアトル池袋だったか?)
 併映が「ハウスHOUSE」「ねらわれた学園」「瞳の中の殺人者」の4本立て。オールナイト上映の、大林宣彦特集でのことでした。

 それまで大林監督の映画作品は観たことがなかったのですが、たまたまテレビの2時間ドラマ「麗猫伝説」を観たところ、外連味たっぷりの映像テクニックに加え、昔の怪談映画へのオマージュに満ちた楽しい作品だったことに好感して、この監督さんの映画のほうもまとめて観てみよう―という気になったらしい。
 
 よほど私の体調が悪かったんでしょう、正直なところ併映の3本は辛かったですね。
 華麗な映像テクニックも上っ面を飾るだけのもので、唐突に挿入されるギャグも滑りまくり、何よりもドラマ部分が支離滅裂で、失笑するばかり・・・
 3本観終わる頃には、いささかうんざりしていたような気がします。

 ところが最後の上映作「転校生」が、とんだ拾いものでした。

 モノクロ画面で始まる冒頭部分から、石段を転げ落ちるシーンを経て、カラー画面に転換していくあたりですでに「この映画は傑作だ」と、私は確信しました。

 その確信のとおり、終盤でまたモノクロ画面に転換して迎えるラストシーンでは、至福感に満ちた涙を流したことでございます、不覚にも。

 その後何回も観直しましたが、そのたびに全篇通じて、ある種の陶酔感に身を任せながら観終わることになります。
 私の心情に、よほど波長の合った映画なのでしょう。
 
 いまでもどこかで「アンダンテ・カンタービレ」や「タイスの瞑想曲」などが流れてくると、「転校生」のいくつかのシーンが浮かんできて、ちょっと甘酸っぱい気分になりますね。
posted by Pendako at 10:35| Comment(0) | 120字の映画館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
タグクラウド