2019年01月26日

「めんたいぴりり」ば見んしゃい!~富田靖子さんのことなど

 久しぶりに映画館に足を運びました。

 観たのは江口カン監督の「めんたいぴりり」(『めんたいぴりり』製作委員会 2019年)
 昭和三十年代の博多を舞台にした、ホームコメディです。
めんたいぴりり ポスター.jpg


 平日の午前中だったので観客はまばらでしたが、私と同年代のおじさんおばさんが多かったですね。

 実は私、つい先日までこの映画のことも、この映画のもとになったテレビドラマの存在も知りませんでした。

 たまたま数日前の夕方、家人が「富田靖子が出ているよ~」と呼ぶので、ちょっと苦笑いしながら居間を覗くと、テレビでこの映画の紹介をやっていたのです。

 苦笑いしたのは、かつて私が富田靖子という女優さんに惚れ込んでいたのを、家人が覚えていたことです。
 もう30年以上昔のことで、私自身もすっかり忘れていた話だったからです。

 「さびしんぼう」(アミューズ/東宝1985年)という、タイトルからして気恥ずかしい、大林宣彦監督の映画がきっかけでした。

 このノスタルジックな初恋物語で、ピアノを弾くちょっと翳りのある美少女と、ピエロの扮装で周囲に騒動を巻き起こす変てこな少女―
 この二役を演じた、富田靖子というまだ十代半ばの名女優に、すっかり惚れ込んでしまったのです。

 もとから恋愛ものとか女性アイドルものといった類の映画は、まったく興味なく過ごしてきたのですが、たまたまこの「さびしんぼう」に遭遇し、主演女優の写真集やらCDを買い集めるまでになったのは、不思議というほかありません。

 若気の至りで、と照れ隠しの言い訳も見苦しい、私がすでに30歳になろうかという頃のことです。
 職場でバイトしていた女子高生からは、「ロリコンか」とケイベツされるし。

 富田靖子さんそのものの魅力も大きかったでしょうが、おそらくこの映画の、男性観客の「内なる少年」を呼び覚ますある仕掛けが、大きく作用したものと思われます。
 のちに何かの酒席で、私より年配の人から同様の話を聞いて、意気投合した覚えがあります。(その辺の話は、別の機会に)

 寝た子を起こす―とはこのことで。
 テレビ画面に映る富田靖子さんの、かつての面影をそっくり湛えた現在の姿を拝見し、これならば当時のイメージを損なうことなく、この新作映画を観ることができると確信しました。
 ちょっとワクワクしながら上映スケジュールを確認した次第です。

 「めんたいぴりり」は、明太子の老舗ふくやの創業者夫婦をモデルにした物語です。

 始めは2013年、福岡のテレビ西日本により制作され、朝の連続ドラマ形式で放映された、地方限定のテレビドラマだったそうです。
 福岡での異例のヒットを受けて、徐々に放送エリアを拡大しながら、2015年には続編の「めんたいぴりり2」が制作され、さらに舞台化もされて、今回の映画となったとのこと。

 テレビドラマ、舞台劇、映画と、ふくや創業者川原俊夫をモデルにした主人公海野俊之を演じたのは、博多華丸。
 妻千代子を演じたのが富田靖子(舞台版のみ酒井美紀)。
 脇を固める役者も、テレビドラマから引き続いて出演している方が多いようですが、正直なところ最近の芸能事情に疎い私には、何人かを除いて、ほとんど見知らぬ顔ばかりです。

 この夫婦、日本人ながら生まれも育ちも韓国・釜山―
 戦後日本に引き揚げて居着いた博多が、このドラマの舞台になります。

 ここで細々と食料品店を営みながら、釜山で食べた明卵漬(ミョンランジョ)の味忘れがたく、その味を博多で再現しようと明太子造りに奮闘、やがて爆発的な人気を博す―という主筋に、様々なエピソードを絡ませた、笑いあり涙ありの人情喜劇であります。

 時代といい舞台といい、博多版「三丁目の夕日」といったところですが、この作品では戦争の影といったものが真正面から描かれ、単に古き良き時代を懐かしむだけの映画にはなっていません。

 例えば空襲で親を亡くし、社会の最底辺で暮らす少女をめぐるエピソードは、私も小学校のときに同じような境遇の同級生がいたりしたので、心を揺さぶられる思いがしました。
 この少女を演じた豊嶋花という子役が、実にうまい!

 博多華丸の目をひん剥いた演技や、相方・大吉の摩訶不思議なスケトウダラぶり、屋台でクダを巻く小学校教師役の吉本実優、飄々と人を丸め込む元人形職人役のでんでん・・・など、福岡出身の芸達者たちが地元の方言全開で、実に心地好さげに演技しています。

 ついでに言えば、監督の江口カン、脚本の東憲司も福岡出身という、徹底したローカリズム。

 つまりそもそもは、福岡という地元の、地元民による地元民のためのドラマでした。
 ですがそのアットホームな楽しさは、非地元民の私にも十分伝わる普遍性を持っていた、ということでしょう。

 福岡が地元といえば、やはり富田靖子さん。

 デビュー作「アイコ十六歳」では、少し窮屈げに名古屋弁を操っていましたが、この「めんたいぴりり」での博多弁の啖呵は、狭いセットを突き破るほどのド迫力。

 「さびしんぼう」の、はにかみながら演じたドタバタ劇とはうって変わって、「神さま仏さま稲尾さま」と、西鉄ライオンズの稲尾投手に入れあげる、練達のコメディエンヌぶりは、完全に吉本新喜劇のノリ。

 「BU・SU」では、鬱屈した心が弾けたのはラストの一瞬だけでしたが、ここでは全篇に亘って、なんと広々と伸びやかに弾け飛んでいることか。

 あ、ついでに言えば、「アイコ十六歳」ではホウキを振り上げて、男子生徒を追いかけ回すだけでしたが、こちらではホウキを振り上げて、亭主の頭をぶちのめしています。
 福岡に帰ると、自制心まで弾けるかのようです。

 それにしても三十有余年の芸歴です。
 貫禄も顔の皺も、それなりについてきたはずです(実際ついています)が、あの頃とちっとも変らぬ瑞々しさ、溌剌さにびっくりすると同時に―やはり、安心いたしました。

 「さびしんぼう」にちょっと戻って―
 先に富田さんはこの映画で、二役を演じたと書きましたが、劇中で実はもう二役、合計四役を演じています。
 そのうちのひとつが、ピアノの美少女が歳を重ねた(らしい-異説あり)女性の役で、ちょうど現在の富田さんぐらいの年齢に相当すると思われます。
 その老け役メイクの顔よりも、「めんたいぴりり」の生の素顔のほうが、遥かに若々しく見えるという現象に安心した―という訳です。

 この女優さん、これからも応援してあげよう、という気にさせられました。
 オタクまがいの入れ込み方はできないでしょうが・・・

 ともあれ、観終わって幸せな気分のまま、いつまでも余韻に浸っていたい―そんな映画でした。
 人にも掛け値なしにお奨めできます。
 「めんたいぴりり」ば見んしゃい!―です。

 ついでに、このスタッフ、キャストで映画版「めんたいぴりり2」を、ぜひ実現させてもらいたいものです。(劇中で、それらしいことを匂わせていたので期待です)

 以下、蛇足です。

 映画には、博多祇園山笠の中洲流のシーンが出てきます。

 私は三年ほど前に博多を訪れた際、櫛田神社近辺を散策しました。

櫛田神社01.jpg

※劇中にも櫛田神社はよく登場します。


 ここに飾り山笠の常設展示がありました。

櫛田神社02.jpg

※山笠の山車


 これを見て、山形の花笠祭りみたいなもんかいな、と思ったのですが・・・

 神社にお参りしてから、近くの「博多町家」ふるさと館に立ち寄って、そこの説明員のおじさんから博多のお祭りなど、年間行事について詳しく聞くことが出来ました。

「博多町家」ふるさと館01.jpg

※「博多町家」ふるさと館


 それでも山笠について具体的なイメージが掴めなかったのですが、映画を観てようやく合点がいきました。 
 男の血の煮え滾る、豪壮な祭りです。

 こんど博多を訪れるときは、この祭りの時期、七月がいいですね。
 明太子の体験型ミュージアム「ハクハク」にも行ってみよう。
posted by Pendako at 21:44| Comment(0) | 自己紹介・身辺雑記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
タグクラウド