2018年12月09日

120字のブラウン管No.2~『ウルトラQ』その2 「バルンガ」

監督:野長瀬三摩地 監修:円谷英二 特技監督:川上景司 制作:円谷プロダクション/TBS
主演:佐原健二・西條康彦・桜井浩子
放映:1966年3月13日

土星探索ロケットが地球に持ち帰ったのは、とんでもなく大喰らいの怪物だった!風船のように宙を漂い、ありとあらゆるエネルギーを吸い取り、とめどなく膨れ上がり・・・すべての攻撃が栄養源となる!!シュールで奇怪でユーモラスな怪獣は、地球を呑み込むまで居座り続けるのか?

バルンガ01.jpg


 私は『ウルトラQ』全エピソードのなかで、とりわけこの「バルンガ」には印象深いものがあります。
 とてもシュールな怪獣で、シュールな展開で、シュールな結末でした。
 物語には、小学生でも理解できるほど、明確なメッセージが込められていました。
 しかしそれ以上に、日常世界(東京のビル群)の上空に悪夢(バルンガ)の浮いているイメージが、混沌とした薄気味悪さを感じさせましたね。

『ウルトラQ』には怪獣が出現して、これを人間が倒す・・・というパターンの話は「宇宙からの贈りもの」、「ペギラが来た!」、「SOS富士山」、「虹の卵」などたくさんあり、怪獣少年の嗜好を大いに満たしてくれました。
「バルンガ」もそのひとつではありますが、怪獣の造形としては異色中の異色でしょう。
 シュークリームのような外観、体表には無数の触手が生え、それがいやらしくモゾモゾ蠢きます。その異様な姿が、東京の上空に浮かんでいるのです。
 また、この怪獣があらゆるエネルギーを食料として無限に成長していくというアイデアも秀逸です。(元ネタがあるのですが、それをばらすのは別の回に)
 従って、砲撃やミサイルで撃ち落とそうとしても、かえって栄養を与えるようなもの・・・と、エネルギーの大量生産、大量消費で成り立つ現代社会への痛烈な風刺にもなっています。
 このバルンガ撃退方法と云うのが、奇策ではありますが如何にも理に適ったもので、壮大なスケールを感じさせるラストになりました。
 ついでに言えば、エンディングに流れるナレーションが不気味な(現代文明の)終末を暗示して、忘れがたい余韻を残すのです。
 要するに「バルンガ」は、怪獣ドラマというより、実に考え抜かれたSFドラマに昇華した傑作だと思います。

 脚本は虎見邦夫で、『ウルトラQ』ではこれ一本しか担当していないようです。この方に関して、手持ちの資料では詳しいことが分りませんでしたが、『ウルトラQ』放映終了後まもなくに、若くして亡くなられたようです。
バルンガ03.jpg
posted by Pendako at 21:45| Comment(0) | 120字のブラウン管 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
タグクラウド