2018年11月29日

120字の読み物世界No.10~ウィリアム・アイリッシュその2 「暁の死線」

 著者:ウィリアム・アイリッシュ 訳者:稲葉明雄
 原題:Deadline at Dawn(米国1944年) 
 創元推理文庫「暁の死線」(東京創元社 1969年4月初版)より

大都会に夢ついえた、踊り子と青年と―偶然にも同じ故郷の男女が出逢った深夜、時計の針は時を刻み出す。青年の殺人の嫌疑を拭うべく、非情の街に真犯人を追うふたり。孤独と挫折から逃れるために、手をたずさえて懐かしい故郷へ帰るために―タイムリミットは夜明けの6時。

暁の死線(創元推理文庫).jpg


 アイリッシュの最高傑作といえば、「幻の女」ということで落ち着くのでしょうが、私にとってはこの「暁の死線」も忘れがたい作品です。
 小学生のときにあかね書房『少年少女世界推理文学全集』でアイリッシュ(ウールリッチ)を知り、中学にあがってから市役所の図書室で短篇集「死の第三ラウンド」を読んだきり、近所の本屋を廻ってもこの作家のものは見つからず、そうなると「もっと読みたい」といった渇望は、ますます募って・・・というイミングで刊行された本です。
 どの書店のどの棚の何段目あたりで、この文庫本の背が燦然と輝いていた―というような光景が、それを手にしたときの興奮とともに甦ってきます。

 さっそくその夜にページを繙いた―そう記憶しています。
 作中で主人公のふたり―ブリッキーとクィンがダンスホールで出会ったのが深夜の12時50分。そこからふたりが偶然にも同じ町の出身ということが分って、うち解けはじめるのが1時15分。よんどころない事情で盗みを働いてきたことを、クインからうち明けられたブリッキーが、その罪を帳消しにすることを提案して、ふたりで盗んだ金を戻しに行くのが1時40分。そんなふたりの前に死体が転がっていたのが2時25分・・・
 と、各章の頭に掲げられた時計の文字盤で、タイムリミットの早朝6時まであとどれくらい―と残り時間を計りながら読み進める趣向です。

 私は寝床に入って読み始めました。たぶん、夜の10時ごろのこと(土曜の夜の、夜更かし読書は習慣になっていました)。
 途中で、読む進める時間と作中の時間とがシンクロしてきて、物語の経過にハラハラ、読む立場として「夜明け前までには読み終えねばやばい」とハラハラ―(まあ、さすがに読み終えたのは深夜2時か3時ごろだと思いますけど)
 かように二重のデッドラインに向かって、実にサスペンスフルな夜を過ごした、という楽しい思い出があります。

 そうした私的な、懐かしい思い出話はさておいても、これは古き良き時代のサスペンス小説の傑作として、後世に残ってほしい作品ですね。
posted by Pendako at 10:56| Comment(0) | 120字の読み物世界 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
タグクラウド