2020年01月20日

ふるさと再訪~いろりの里・大平宿その2

 前回の記事から2か月余りも過ぎてしまいました。
 昨年の夏の、家族旅行の話を細々と綴っておりましたが、年を明けてもいまだ旅の二日目。
 新鮮味は全く薄れ、季節感も何もありはしない話題となりましたが、まあ、マイペースで行きましょう。

大平街道
 「大平越とて嶮難の山路、往来も稀にして主従山の崖道ひとつ踏みはづさば、遥かの谷底へ転げ落つべく、所々道の崩(く)へ落ちたる所ありて難渋いふばかりなし。飯田より大平峠へ三里といへども道を行くにはかどらず。やうやう峠へ来るは七つ時なればこの先の道も覚束なくいまだ泊りには早けれども大平に宿を求めて泊まる」

 「定本 信州の街道」(郷土出版社 1991年7月刊)からの孫引きで恐縮ですが、上は江戸時代文政年間に出版された「滑稽旅賀羅寿(こっけいたびがらす)」のなかの一文。
 弥次さん喜多さんの道中記、「東海道中膝栗毛」の作者・十返舎一九(1765~1831年)が、越後や信濃を旅したときの見聞記―とのことです。

 大平街道(現・県道8号線)は、かつて伊那街道(三州街道とも)の飯田宿と中山道の妻籠宿とを、可能な限り最短の距離で結んだ道です。
 総距離約40㎞―
 人馬の通う江戸時代と、車の走行も可能な現在とでは、道幅や舗装状況は異なり、道筋も若干違っているかと思われますが、陽射しも届かぬ鬱蒼とした樹木林や、踏み外せばどこまで転げ落ちるか分らぬほど深い山あい―といった景観は、往時のまま。

信州伊奈郡之絵図.jpg

※飯田市美術博物館蔵「信州伊奈郡之絵図」(部分)
 正保年間(1644~1647年)、飯田藩主脇坂安元により作成され、幕府に提出された絵図の副本。絵を横切る太い筋が天竜川。赤い筋が街道を表しており、左下あたりに大平街道が描かれています。
昔は伊那が伊奈とも表記されていたようです。

 人の足で、これを1日で走破するのは厳しいので、中間に宿場町が作られました。これが今回の目的地、大平宿です。
 大平宿は東の飯田峠と西の大平峠に挟まれた小盆地にあります。

 伊那谷方面から上ると、街道の起点(飯田市街の知久町あたり)から飯田峠(標高1,235m、大平宿2㎞手前の最高地点)まで、距離にして約16㎞に過ぎませんが、標高差は約740mあります。(1㎞あたりの平均高低差46m)
 木曽谷方面から上ると、妻籠宿から大平峠(標高1,358m、大平宿3㎞手前の最高地点)まで、距離にして約18㎞、標高差は約950mとなります。(1㎞あたりの平均高低差53m)
 東海道随一の難所といわれた、箱根八里越えに匹敵する険しさです。
 いずれの側から上るにしても、ふたつの峠を越えなければ反対側に抜けられません。昔の人の苦労と危険はたいへんなものだったでしょう。

 それでもこの街道は必要だった―伊那谷と木曽谷とを往来するのに、旧来の道筋を辿るよりはるかに楽だったからです。

 伊那谷と木曽谷は、険峻な峰の連なる木曽山脈(中央アルプス)に隔てられています。
 伊那谷の人びとは、伊那街道を北上し塩尻あたりで中山道に出て、それを今度は南下して木曽谷に入る―木曽谷の人びとはその逆コースを辿らなければ伊那谷に出ることができませんでした。

 あるいは伊那谷から京や大坂方面に行く場合、遠州街道なり伊那街道なりを伝って太平洋側に下り、東海道に合流することになりますが、随分と遠回りな道のりです。
 木曽谷に出さえすれば、畿内に直結する中山道があるのに―です。

 そうした不便さから、おも に江戸中期以降に整備されたのが、権兵衛街道(権兵衛峠を経由して、伊那街道伊那部宿と中山道宮越(みやのこし)宿を結ぶ)であり、この大平街道でした。

 天文2年(1533年)に京都醍醐寺の者が仏事のため飯田に至った、という記録が残されていて、このときどうやら大平街道の道筋を歩いたようです。
 その後も、武田信玄が関所を置いたとか、道筋を記した絵図が作られたとかの記録があり、そこそこの往来はあったと思われます。
 ただし江戸時代の初期に至っても、「鹿道」とか「犬道」と呼ばれる未整備な山道に過ぎず、街道と呼ばれるのは、ときの飯田城主・脇坂安吉が領内の百姓を動員して改修させた、明暦元年(1655年)以降のこと―
 助郷(街道や宿場の整備、人足や馬の確保などを目的に、領主が近隣の村落に課した夫役のこと)も始まり、街道の往来が増えるに連れ、改修工事もたびたびおこなわれて、公街道としての機能を増した―とあります。
 
 この大平街道は何に利用されていたか―おもに伊那谷側の視点で見てみると。
続きを読む
posted by Pendako at 23:51| Comment(0) | 郷土・ふるさと | 更新情報をチェックする
タグクラウド