2019年10月28日

追悼:吾妻ひでおに花束を

コレクション壁紙02.jpg

 マンガ家の吾妻ひでおが亡くなりました。

 何を隠そう、私は「ふたりと5人」以来の愛読者です。
 正確に言えば、「ふたりと5人」の中の、主人公とそのドッペルゲンガーとを巡る不条理なギャグが連鎖的に炸裂する、たった一篇のエピソードに仰天し、「この作者、ただ者ではないな」と思ったのがきっかけ。

 学生時代、映画を観た帰りにいつも立ち寄る喫茶店に、『週刊少年チャンピオン』が置いてあり、そこで読んだものと記憶します。
 このマンガ誌では当時、手塚治虫「ブラック・ジャック」、山上たつひこ「がきデカ」、水島新司「ドカベン」、古賀新一「エコエコアザラク」、石森章太郎「番長惑星」といった作品が連載されていました。
 「ふたりと5人」はお色気ギャグマンガという括りでしたが、それら錚々たる作品の引き立て役―大多数の読者にとってはあまり目立たない、そんな存在だったと思います。

 「やけくそ天使」が『プレイコミック』に連載されているのに気づいたのはいつだったか・・・でも、最初に読んだエピソードは覚えています。
 正月、ヒロインの家に金づるになりそうなイケメンのボーイフレンドが訪ねてくると、彼女は着物姿で懸命に「ぶりっ子」して気を引こうとするのですが、折にふれ生来のインラン体質が露呈してしまい、ついにはボーイフレンドがゲシュタルト崩壊を引き起こす―という話。(記憶だけを頼りに書いているので、少し違っているかも知れませんが)

 友だちの下宿や町の食堂で『プレイコミック』を見つけると、「やけくそ天使」だけを探して読むようになりました。
やけくそ天使00.jpg

 ヒロインの名は阿素湖素子―「あそこそこ」と読みます。
 女性が感極まったときに発する言葉に因んでいると思われますが、のちに新井素子との対談で、作者が「もとこ」ではなく「そこ」と読ませることに恐縮していたっけ。
 ふざけているのは名前だけじゃない。インランで自堕落で欲望のおもむくままに行動する女。
 「ふと思い立って」看護師や小学校の教師になりすまし、入院患者やいたいけな小学生を毒牙にかけようとする・・・
 破天荒な艶笑譚―では表現がおとなしすぎますね。
 社会常識や倫理観が完全に無力化された「阿素湖ワールド」を、適確に捉える惹句が、いまのところ見当たりません。

 私と同じ下宿にSF好きの後輩がいて、同じ趣味の私とウマが合ったのですが、彼の購読するSF専門誌『奇想天外』の別冊で読んだのが吾妻ひでおの歴史的大傑作。
 「不条理日記」は衝撃的でした。

 数多のSF作品をネタにしたパロディです。
 彼の代表作としてあまりにも有名なので詳細は省きますが、作者本人が日々遭遇する不条理を、日記形式で描いたもの―
 もちろんマンガ的にデフォルメした本人の、架空の日常での日記です。
 そのギャグのセンスが私の感性とみごとに共振し、文字どおり抱腹絶倒させられたものです。

 この「不条理日記」が(一部の)マンガファンと(大多数の)SFファンの、圧倒的な支持を受けたのに出版社が気をよくしたのか、ほどなくして奇想天外社から、続々と作品集が発刊されました。

 特に私が感涙しながら大笑いして読み耽ったのは、 「パラレル狂室」(1979年)、「不条理日記」(1979年)、「メチル・メタフィジーク」(1980年)、「贋作ひでお八犬伝」(1980年)の4冊。
 ここに散りばめられたアイデアとギャグの水準の高さは、尋常ならざるものがあります。

 『奇想天外』臨時増刊として「吾妻ひでお大全集」(1981年)が刊行されたのも、画期的でした。
 ひとりのマンガ家だけの、旧作・新作、インタビュー、主要作品レビュー、対談などにまるまる一冊あてることは、当時としては破格の扱いだったと思います。

 デビュー以来書き継いできた少年マンガ誌や少女マンガ誌への連載は、この頃までにほとんど終了していました。
 発表舞台は、青年コミック誌やマンガマニア向けの雑誌、『奇想天外』や『SFマガジン』といったSF専門誌に限られるようになりましたが、一定の読者層(私を含む)が定着し、彼をカリスマ的に祀り上げるような動きもあったようです。

 人気実力ともに、この数年間が全盛期だったと思われますが、この時期に吾妻ひでおは、実に意外な動きを見せます。

 ひとつは、本屋の店頭には置けないようなエロ雑誌(いわゆる自販機本)に、作品を発表すること。

 もうひとつは、仲間と同人誌を作り、これをコミケ(コミックマーケット=今に続く、世界最大のマンガ同人誌即売会)の即売に出したこと。

 これらの媒体に発表した作品は、「不条理日記」の続篇なども含まれるのですが、大半はお笑い色を極力排した、美少女が主人公の「純文学シリーズ」なのです。(これらはロリコンマンガと呼ばれましたが、性愛的にロリコンを描くのではなく、少女の聖性といったものをテーマにしたものなので、誤解なきよう。まあ、エロいですが)

 編集者の注文や、社会規範の制約を免れたところで、思いの丈を吐き出そうとしたのかも知れません。
 あるいはギャグマンガ家の宿命―ギャグやアイデアをひねり出す「産みの苦しみ」から逃れたかったのかも知れません。
 のちに「ときめきアリス」などの作品集にまとめられていますが、実に陰鬱な、しかし透明感のある筆致で描かれた作品群です。

 可愛い絵柄で、きわどいエロを描出する作品は、さらにディープな吾妻マニアを産みだしたそうです。

 こうした一連の流れで、吾妻ひでおを評し、様々な呼称が生まれました。
 「SFマンガのニューウェーブ」
 「不条理マンガの創始者」
 「ロリコン・ブームの火付け役」
 これらを総合して「おたく文化の祖」等々。

 「純文学シリーズ」の美少女キャラをギャグマンガに転生させたような、「スクラップ学園」や「ななこSOS」といった連載も、快調でしたが・・・
続きを読む
posted by Pendako at 21:39| Comment(0) | 読書遍歴 | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

ふるさと再訪~河岸段丘の町・飯田その3

飯田ゆかりの文人たち
IMG_3052.jpg

 これも宿のすぐ近くにある、日夏耿之介記念館(写真中央)と、柳田國男館(写真左)。これらの右手のほうには、飯田市美術博物館もあります。
 残念ながら今回は、いずれも中を覗けませんでした。

 日夏耿之介(1890年~1971年)は、飯田市出身の文学者。神秘主義的な象徴派詩人であり、大正期の幻想文学興隆に寄与した英文学者―とくれば、私の嗜好に引っかかる作品があるはずですが・・・
 飯田出身というのは早くから知っていて、同郷のよしみとばかりに、父親の持っていた日本文学全集で、その作品に当たってみたことがあります。
 しかし中学生の読解力では、その高尚で韜晦的な雅文体には、とても歯が立ちませんでした。
 そんな苦い思い出があります。

 柳田國男(1875年~1962年)は、言わずと知れた日本民俗学の創始者にして開拓者です。
 現・兵庫県神崎郡福崎町に、松岡家の六男として生まれましたが、二十代半ばに旧・飯田藩士であった柳田直平の養嗣子となって柳田姓となり、その後に柳田家の娘を妻に迎えたことから、飯田との関わりができたようです。
 私はそんなに柳田國男の著作を読んでいるわけではありませんが、「海上の道」や「遠野物語」などは、いつか読み返してみたいですね。

 飯田市美術博物館は、明治時代に活躍した飯田出身の日本画家・菱田春草(1874年~1911年)の作品を多く収蔵しています。
 もともとこの敷地は飯田長姫高校(現・飯田OIDE長姫高校)があった所で、私の親戚には幾人もこの学校の卒業生がいます。小さい頃、この高校の文化祭に連れていかれ、温かいぜんざいを食べたことなど、うっすらと覚えています。
菱田春草「菊慈童」.jpg

 上は、中国・周の時代の故事で、菊の霊力により不老不死を得た童子を画題にした、菱田春草25歳のときの作品「菊慈童」(飯田市立美術博物館蔵)。
 輪郭線を用いない「朦朧体」の典型―とのこと。
 
 飯田出身の有名人といえば、江戸時代中期の儒学者・太宰春台(1680年~1747年)もいますね。父親が飯田藩士でした。長野県歌「信濃の国」の歌詞に登場します。
 江戸時代前期に起こった経世論―政治とはつまるところ経世済民(世を経め、民を済う=よをおさめ、たみをすくう)のことだ、という思想―を深め、経世済民をつづめた「経済」の語を創出した人です。(春台の説く「経済」は、economyの訳語にあてられた「経済」よりも、政治学や社会学などに及ぶ広範な概念のようです)

飯田城の遺構
 市街地に向けてまっすぐ伸びる表通りを辿りかけ、気まぐれに横道に逸れてみました。
河岸段丘の町.jpg

 いくつもの階段を伝って段丘崖を下ることになりましたが、この急勾配の通路は、上に城郭があった時代の名残でしょうか。

 車道に出たのでそれを伝って上ると、元の表通りに出ます。
 その途中の石垣の上に見えてくるのが樹齢400年、飯田城桜丸御殿址のヒガンザクラ。
夫婦桜.jpg
 
 ヒガンザクラとありますが、実はエドヒガンと枝垂桜とが合体して、一本の樹木に見えるのだそうです。「夫婦桜」という直截な呼び名が付いています。

 同じ敷地内にあるのが、飯田城の数少ない遺構のひとつ、桜丸御門―通称赤門です。
IMG_3080.jpg

 道筋からはやや奥まった、合同庁舎と市立図書館に挟まれた位置に建っているので、表通りをそのまま歩いていれば、見過ごしたかも知れません。
 建築当時と同じ場所に遺されているとのこと。

追手町小学校
 桜丸御門の、表通りを挟んだ向かい側に目をやると―
飯田市立追手町小学校.jpg

 明治5年(1872年)、旧・飯田藩の文武所を改修して開校されたのが現・飯田市立追手町小学校。
 昭和4年に落成した鉄筋コンクリート建ての校舎(写真上左右)と、昭和6年に落成した講堂兼体操場(写真右下)は、現在も使用中ですが、いずれも登録有形文化財となっているとのこと。(このときは補修工事中で、特徴のある丸みを帯びた外観は見られませんでした)

 小学校の百葉箱の標識に、標高488mとあります。思ったよりも高地にあるわけではないなと、少し意外でした。

 ちなみに日本でいちばん標高の高い市(市役所のある地点)は、同じ長野県の茅野市で、801mとのこと。八ヶ岳の麓です。
 茅野には今年の正月に立ち寄る機会があり、そのとき知った豆知識。
 蓼科にスキーに行ったついででしたが、諏訪大社に初詣し、尖石縄文考古館で「縄文のビーナス」と「仮面の女神」を見てきました。

 ついでながら翌日向かうことになる大平宿の標高は1,150m。

posted by Pendako at 23:52| Comment(0) | 郷土・ふるさと | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

ふるさと再訪~河岸段丘の町・飯田その2

環状交差点
 大宮諏訪神社前で県道を右に折れ、並木通りを南下していると、思いがけず環状交差点(ラウンドアバウト)に出くわしました。
 ドーナツ状の交差点で、ここからいく筋もの道が放射状に伸びています。交差点に進入した車は右回りに徐行しながら、任意の方向に抜け出す仕組みで、信号機がありません。

 あとで調べてみると、全国でまだ90ヶ所ほどしか設置されていないそうで、珍しいと言えば珍しい。
 飯田にはこの吾妻町環状交差点から300m西側にもうひとつ、東和町環状交差点があるようです。

 Googleマップ 飯田市の環状交差点

 私の住む横浜にも、まだ二、三か所しかないはず。
 先日久しぶりにそのあたりを歩いていて気づいたのですが、ひとつは新横浜の横浜アリーナ裏手にあります。いつの間にできたのか?
 飯田では写真を撮る間もなかったので、代替として新横浜の画像を貼りつけておきます。
環状交差点(新横浜).jpg

 飯田市のホームページを覗くと、市では将来的な普及を前提に、環状交差点の有用性を検証する「社会実験」に取り組んでいるようです。

宿からの展望
 そこから7、8分で宿に到着。この頃には上空がどんより曇って、いまにも降り出しそうな気配でした。

 宿はちょうど旧市内の三角形の、天竜川方向の突端にあって、部屋からは段丘崖の下に広がる景色を、まさしく睥睨するかのように眺められました。
 江戸時代には、ここに飯田城―別名長姫(おさひめ)城が築かれていました。殿さまはこの城から、文字通り城下の様子に睨みを利かせていたのでしょう。

 部屋を案内してくれた仲居さんが、窓外の景色を説明してくれました。曇っていたのでよく分らなかったですが・・・
 リニア中央新幹線の駅ができるのはあのへん―と指差してくれたのは、北東方向の段丘崖の麓。
 飯田線の伊那上郷駅と元善光寺駅の中間あたりで、2027年の開通までにはそこに飯田線の新駅ができて、新幹線駅と連絡するのだとか。
 地元の期待は、だいぶ大きいようです。

 伊那上郷の名前が出たついでに、おもしろい話をしてくれました。
 飯田線は、おおむね天竜川の流れと並行して伊那谷を縦貫しているのですが、伊那上郷~桜町~飯田~切石~鼎~下山村といった区間だけは流域を離れ、西の山側にせり出すように大きく迂回しています。
 仲居さんの持ちネタなのか、流暢に語ってくれたのはこんな話。

 あるとき、下山村駅でどうしても乗らなければならない下り列車に乗り遅れた人がいて、大いに焦ったものの、その人は意を決して駈け出すや、そこから伊那上郷駅までの最短距離の道を走り抜け、さきほど乗車する予定だった列車に乗り込んだ・・・
 列車を追い越して先回りしたわけです。
 その後、この試みにチャレンジする人が何人も出ているとか。
 
 ほんまかいな?

 ―と、そのときは思いましたが、後でGoogle Mapで調べてみたら下山村駅から伊那上郷駅までの列車所要時間は15分、徒歩ならば最短距離の道(2.1㎞)を25分と出ました。
 若い人ならば、この道のりを15分以内で駈け抜けるのは、楽勝でしょうね。

河岸段丘の町・飯田.jpg

※旧市内から見下ろす景色(飯田市に併合前は、上郷村、松尾村だったあたり)

 上の写真は、上段の旧市内から眺めた、下段の段丘面に広がる町並みです。
 その向こうはさらに低くなり、天竜川の河床は隠れて見えません。
 ついでに言うと、霞がかった遠方の景色は、一番手前が対岸の段丘、その奥に伊那山地、いちばん奥が赤石山脈。
 伊那山地と赤石山脈の間には、世界有数の大断層、中央構造線が走っています。

 部屋でゆっくりくつろぐ家族を尻目に、私はひとり付近の散策に出かけました。

長姫神社
 宿の敷地に隣接して、小さな神社があります。廃藩置県により飯田藩が廃され、飯田城が取り壊された跡地に創建された長姫神社です。飯田藩ゆかりの堀家三代の当主を祀っているとのこと。
長姫神社.jpg

※この写真は翌日の朝に撮ったもの。どんなに小さな神社でも、それぞれに謂れがあるものです。

 鳥居の脇にある手水鉢には、地下から湧き出た(汲み上げた)温泉が注がれています。少しぬるめの浄水です。
 隣が源泉を有する温泉旅館なので、そこからのお裾分けかも知れません。

posted by Pendako at 21:38| Comment(0) | 郷土・ふるさと | 更新情報をチェックする

2019年10月23日

ふるさと再訪~河岸段丘の町・飯田その1

 この夏、家族を引き連れて、南信州を訪れました。
 観光というより私にとってのふるさとを、一度子どもたちに見せておきたいと思ったからです。

 訪問地は長野県飯田市、その西方の山中にある旧・大平宿、そして飯田市に隣接する下條村。
2019南信州.jpg

 飯田は私が生まれ幼少期を過ごした町です。母親の生家もあります。
 下條は父親の生家があった村で、ここで私は成年となる頃まで、恒例のように夏冬の休暇を過ごしたものです。
 大平宿は今回初めて訪れたのですが、昭和45年(1970年)に廃村となって以降も、江戸時代から続いた宿場町の佇まいが保存され、実際にその古民家に寝泊まりしながら、遠い昔の山村の暮らしぶりが体験できる、稀有な場所なのです。

河岸段丘の町
 飯田市は、昭和12年(1937年)に下伊那郡の飯田町と上飯田町とが合併して市制が施行されました。
 このときの行政区域は、天竜川西岸の河岸段丘の上に限られていました。その後近隣の町村を次々と合併して、現在の広大な行政区になったわけです。
 地元ではその市制発足時の旧市内を、「丘の上」とも呼ぶそうです。この文章の中で、私が単に「飯田」と記す場合は、おおよそ「丘の上」を指します。

 それはともかくまず、河岸段丘とは―

 ①氷河期など河川の流水量が少ない(勢いがない)時代に、その流域の谷は、土砂の堆積が進んで平坦な地形となる。
 ②地殻変動でそのあたりの土地全体が隆起する。
 ③間氷期など河川の流水量が多い(勢いがある)時代になると、河川が河床を侵蝕して谷ができる。

 この①~③の過程が繰り返されることにより、河川の両岸に階段状の―水平に広がる段丘面と、壁のように切れ落ちる段丘崖が、幾段も形成された―地形となります。
 もちろん数十万年~数百万年の歳月をかけての営み・・・たいへん大雑把な説明ですが。

 実際にはその河川に、両岸から幾筋もの支流が段丘を通貫して流れ込む、いわゆる「田切」地形も複合するので、俯瞰すると段丘面の縁は、随所に切れ込みが入っているように見えます。
 漢字の「非」の形ですね。

 長野県南部の伊那谷は、諏訪湖から発した天竜川による堆積・侵蝕、その東西に並走する赤石山脈(南アルプス)や木曽山脈(中央アルプス)の造山運動(隆起)などで、大規模な河岸段丘が発達した地域です。
 そのため伊那谷は、伊那平とも伊那盆地とも呼ばれるように、北部の辰野から、伊那、駒ヶ根、飯田あたりまで、飯田線の車窓から眺める景色は思いのほか広々としていて、谷というイメージとは少しかけ離れています。
 同じ信州でも木曽山脈の西側、木曽川に沿って数十㎞に亘りV字谷を連ねる木曽谷とは、まったく趣の異なる景観です。

 段差はあっても平坦な地形、水も豊富で肥沃な土壌です。人が住みつくのに好適な土地だったのでしょう。
 伊那谷では、旧石器・縄文・弥生・古墳の各時代の遺跡がまんべんなく発掘されており、先史時代から現在に至るまで、人々の暮らしが連綿と続いてきたことを窺わせます。

 伊那谷を縦貫する三州街道(伊那街道)は、三河国の足助宿(現・豊田市)と信濃国の塩尻宿(現・塩尻市)とを繋ぐ道ですが、これに遠州街道や秋葉街道など、遠い海べりの地から伸びてきた道が交錯します。
 三州街道の宿場町であり、江戸時代は飯田藩の城下町でもあった飯田は、これらの交通の要地として栄えたそうです。

 ちなみにこれらの街道は、塩の道(塩や海産物を内陸に運ぶのに使われた道)と呼ばれます。三州街道の終点、塩尻の地名の由来は・・・
もうお分かりでしょう。

 飯田の町並みは、天竜川の支流である松川と、松川の支流である野底川の、ふたつの河川で三角形に区切られた段丘面に拓けています。
 私が小さい頃に住み、たくさんの懐かしい思い出が残るのは、もっぱらこの三角形の旧市内でのことです。

 昨年の夏に、所用で飯田を訪れたときは、この旧市内の西寄り、JR飯田線の飯田駅に近い元町~今宮町~高羽町といったあたりを歩きました。

 今回は旧市内東寄りの一帯、庁舎や公共施設の集まる追手町、商店や飲食店の並ぶ銀座通り、リンゴ並木で有名な並木通り―そんなあたりを歩いてみました。

 あれからもう2か月以上たちましたが、印象深い旅でしたので、このブログに書き留めてみたいと思います。(例によって、いろんな話題で道草喰いながら、ぐだぐだと進めます)

五平餅
 8月某日―
 私たち一家の車が、中央道の飯田ICを降りたのは午後1時。
 横浜の自宅を出発したのが朝の7時ですから、6時間かかりました。お盆の時期だし途中何ヶ所か渋滞に巻き込まれるだろうから、と見込んだ所要時間を1時間ほどオーバー。
「1時間で済んで良かった」と安堵したのは、飯田に着いたらまず、従兄弟の家(私の母親の生家)でお昼をご馳走になる手筈だったからです。
 
 横浜も暑かったけれど、飯田も暑かった。
 その暑いさなか、迷わぬようにと県道の脇で、従兄弟が我々を待っていてくれました。

 昼食にいただいたのは五平餅に、心づくしの手料理―

続きを読む
posted by Pendako at 21:25| Comment(0) | 郷土・ふるさと | 更新情報をチェックする
タグクラウド