2019年07月08日

消えた文代さん:乱歩と挿絵画家~番外篇その7

(承前)

 前回の記事で、

  文代さんと小林少年は同一人物である。

との仮説を立てることにより、「小林少年の謎」が解けるだけでなく、ほかにも散見される「不自然な点、不可解な事象」を理解することができると述べました。
 そのうちのいくつかは、すでにこれまでの記事である程度言及してもいるのですが、重複厭わず総まとめ的に説明してみます。

 「不自然な点、不可解な事象」を列挙し、上の仮説にしたがえばそれぞれがどのように理解できるかを記述します。

a) 明智探偵の変心
 「魔術師」(『講談倶楽部』昭和5年1月~12月)の冒頭、明智探偵は骨休み休暇で逗留するS湖畔の温泉宿で、玉村妙子と懇意となり、やがて相互に思いを寄せ始めます。
 ところが玉村家の事件に関わるうち、明智の心は彼女から離れ、厭うようにまでなります。(入れ替わるようにして、文代さんが明智の心を捉えはじめます)
 このあたりの心理的な綾が、作品の中で十分に描ききれていません。なぜ明智が彼女を厭うようになるのか理由が分らず、読んでいるうちは明智の身勝手さばかりが目立つような展開になるのです。

⇒もしこれが当初の構想(明智探偵が思いを寄せる対象が玉村進一少年であり奥村芳雄少年である、という設定)に基づいて執筆されていたなら、もう少し納得のいく展開になったでしょう。
 進一少年を可愛がりながら、次に出会った芳雄少年をも可愛がる―物語の終盤までそんな関係性で進んでも問題ありません。(かえって進一少年の正体が暴かれたときの意外性は、より効果的なものになるでしょう)
 なぜなら、年少者二人に、同時に目を掛けることは、ことさら倫理に反したことではないからです。
 ところが実際には進一少年は妙子に、芳雄少年は文代に取って代えて執筆されています。
 明智探偵が、初めに出会った妙子に思いを寄せ、次に出会った文代にもまた等しく思いを寄せる―というわけにはいきません。名探偵が二股かけた恋愛をすることなど、許されないのです。
 明智探偵が文代と出会ってからは、妙子への思いが醒めていき、やがて厭うようになる―そんな過程を描かざるを得ませんでした。
 構想の改変は急な思い付きでした。したがって、その過程の描写は拙速なものになってしまい、不自然さが目立つことになった・・・そう推測します。


b) 影の薄い進一少年
 「魔術師」には、妙子が弟のように可愛がる、進一という孤児の少年が登場します。
 あえて登場させたからには、物語の本筋に何らか関与してきそうな設定ですが、表舞台では目立った言動もなく、印象の薄い没個性的な少年です。
 終盤になって事件に関わる重大人物であることが判明しますが、それを納得せしめるだけの周到な伏線がないように思われます。
 「ああ、そういうことだったのか」という納得感よりも、「え?そんなのあり?」という強引さが際立つ設定になっています。

続きを読む
posted by Pendako at 11:22| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする
タグクラウド