2018年04月30日

『江戸川乱歩全集』第3巻より「孤島の鬼」「蜘蛛男」:乱歩と挿絵画家~その8

「孤島の鬼」
 昭和4年(1929年)1月〜昭和5年2月、『朝日』(博文館)に連載された長篇。

 私事から入って恐縮ですが…

 遠い昔、高一か高二の夏休み―
 田舎の祖母の家で、何日間か過ごしたことがあります。

 田舎といってものどかな田園風景が広がっているわけではありません。南信州の奥深い山あいの、尾根筋や裾に集落が点在する山村です。

 祖母の家も傾斜地にあったため、山側から見ると緩やかな勾配の屋根を載せた平屋建て、谷側から仰ぐといかつい砦のような二階建てに見えるという、古い民家でした。

 二階建てに見える―というのは、
 一階住居階の床下の空間(側面から見ると傾斜する地盤と、その斜面から水平に張り出した住居階の床下面と、住居階のヘリを支える支柱とに囲まれた、直角三角形の隙間)に、谷側に面を向けた納戸や蚕室を作りつけた構造になっていたからです。
 ちなみに蚕室というのは、この地方でいう「おかいこさま」を飼育する部屋のこと。

 高地にある山村とはいえ、夏の日中は暑いものです。
 私は逗留中、この床下の蚕室(その頃は畳敷きの物置部屋になっていました)で涼をとることがしばしばありました。

 その日も、薄暗くひんやりとした蚕室に籠もって、作りつけの棚に雑然と並んだ古い什器などの検分でもしていたのでしょう。

 どんなきっかけか、ふと、部屋の隅に寄せてあった腐りかけの木箱に目が留まり、何気なくふたを開けると…
なかに古い雑誌やら本やらが詰まっているのを発見したのです。

「おっ」と思いながら(いや、「わっ」と思いながらだったかな…黴で粉をふいたようになっていましたんで)、その中身を見定めていると、奥から出てきたのが比較的きれいな状態の一冊の文庫本。

 江戸川乱歩の「孤島の鬼」でした。

 現在の文庫本よりひとまわり大きいサイズ、奥付の出版年が戦前、濃いベージュの地に網目文様をあしらった表紙、挿絵入りの本文は総ルビの活字…そんな記憶が残っており、ここから類推すると、

続きを読む
posted by Pendako at 11:01| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

『江戸川乱歩全集』第3巻より「陰獣」「芋虫」:乱歩と挿絵画家~その7

「陰獣」
 昭和3年(1928年)8月〜10月、『新青年』に連載された中篇。

 この作品については、以前の記事(⇒「異稿・「パノラマ島奇譚」と「陰獣」が出来る話」)を併せてお読みいただければ幸いです。

 まず、陰獣という造語に乱歩の才が伺えます。

 彼の自作解説によれば「陰気な獣をつづめた」言葉とのこと。
「おとなしくて陰気だけれど、どこやらに秘密的な怖さ不気味さを持っているけだもの」で、具体的には「真黒な牝猫の如きもの」をイメージしていたようです。

 ところが陰獣という言葉には、ものかげにひそみ人の隙をうかがう狡猾な犯罪者、あるいは、他人の秘めごとを盗み見ることに歓びを見いだす窃視者、を連想させるような語感ゆえに、扇情的な記事を売り物にするジャーナリズムには重宝されたようです。

 乱歩本人がそうした風潮を嘆き、「近頃犯罪実話物なんかに陰獣という言葉がよく使われ、残虐あくなき色情犯罪者を形容する慣わしになっている」が「淫獣と陰獣は別物」だと抗弁しています。

 陰獣のネーミングは他人の創作物にも流用され、異端の作家・橘外男には「陰獣トリステサ」という、文学テーマのタブーを軽々と飛び越えた怪作がありますし、映画にも「十代の陰獣」とか「白夜の陰獣」とか、配給会社が勝手につけた邦題の洋画がありました。(後者の原題は”RASPUTIN THE MAD MONK”。帝政ロシアの皇室をかき回した妖僧ラスプーチンの話で、ドラキュラ映画の名優クリストファー・リーが怪演するハマー・プロ作品。B級ホラー好きも戸惑う迷作でした)

「陰獣」という作品を、題名から受けるイメージだけで読む気が失せてしまう方がいたらもったいない話なので、乱歩になり代わって記しますが―

 本格探偵小説の傑作です。

続きを読む
posted by Pendako at 14:37| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

『江戸川乱歩全集』第3巻より「木馬は廻る」:乱歩と挿絵画家~その6 

講談社版『江戸川乱歩全集』第3巻「孤島の鬼」(1969年6月初版)
 収録作品は次のとおり。(頭に★印のついた作品が永田力の挿絵付きです)

★「木馬は廻る」、★「陰獣」、★「芋虫」、★「孤島の鬼」、★「蜘蛛男」
「乱歩の作品、乱歩さんの思い出」(福永武彦)、「作品解題」(中島河太郎)

 で、本題に入る前に―

 実は、「木馬は廻る」に言及するにあたって、物語の筋をすっかり忘れているのに気づいて読み返したのですが、他にも似たようなものがあったはずだと思い至り、それらも併せて読み返してみました。

 探偵小説家・江戸川乱歩には、ごく平凡な小市民のいじらしい恋愛模様を、スケッチ風に描いた作品がいくつかあります。
「犯罪の謎」を探る、というよりは、「男女間の機微」を探る物語です。

 謎、機知、意外性…といった探偵小説的な要素はあるものの、犯罪とか猟奇とかには無縁の作品群です。

「日記帳」「算盤が恋を語る話」「接吻」「モノグラム」そして「木馬は廻る」などがこれに該当するでしょう。(「毒草」も読んだのですが、これはちょっと異なる傾向の作品)

 これらの作品については、乱歩本人も手すさび程度の出来と位置付けていたと思います。
 なるほど乱歩好きの私が忘却するくらいですから、地味な、息抜き程度の作品ばかり。

 いえ、息抜きではあっても手抜きではありません。いずれも乱歩らしさの滲み出た、愛すべき小品揃いでもありました。

 読者や評者の注目を浴びることなく、今日に至るまで真正面から論評されることもありませんでしたので、せめて私のほうから若干の紹介を―

「日記帳」「算盤が恋を語る話」(大正14年3月 『写真報知』に「恋二題」と題して2篇同時掲載)

 いずれも、女性とまともに口を利くことができないほど内気な男が、ある女性への恋慕を符牒や暗号を使って告白するという、おそろしく婉曲な伝達手段を軸とした物語。

「日記帳」では、恋する喜びも知らないまま亡くなった不憫な弟の日記帳を繙く「私」が、実は弟には密かに思いをよせる女性がおり、これをある方法で告白しようとしていた痕跡に気づいて・・・という話。

続きを読む
posted by Pendako at 16:19| Comment(0) | 江戸川乱歩 | 更新情報をチェックする
タグクラウド